スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと寝た。。。

娘がやっと寝てくれました。

強い眠剤を飲んでいるのに、飲んでからタバコを吸ったり、美容体操?をやったりして動いているので、なかなか寝てくれません。

痩せているのに、もっと痩せたいと「お夕飯はいらない!」という言葉が毎日・・・ご飯はお粥がメインで、消化が良くて、カロリー低めの食事を作っているのに、胃が小さくなってしまったのか少ししか食べてくれません。

栄養状態が悪いからイライラするし、脳に栄養が行かなくてすぐにカッとする様な気がします。

折角作った料理を食べてくれないので、勿体ないからと娘の分まで食べている私は太ってしまいました。

サイズはM~Lの間ぐらいなので、MサイズとLサイズの服を出したままにしてあるので、現在すごい衣装持ちです。

とっかえひっかえ着ればいいのに、お気に入りの服は数枚程度・・・サイズが中途半端なので捨てる事も出来ず、買い足す事もなく、10年以上前に買った服の中にも着れそうな物があり、高価な服はないけれど、普段着れそうな服が多く、「物持ちがいい私」なのです。

どの家も処分するのに一番悩むのは「洋服」ではないかしら?

「痩せたら着よう」と衣装箱に書いて貼っていた時期もありました。

今も仕分けしたら、それが一番多いかもしれません。




今一番欲しいのは「自転車」です。

12年前に全く知らないメーカーの電動自転車をネットで買いました。

その電動自転車はとっても重くて、駅まで行って来るのがやっとのバッテリ-容量しかありません。

片道30分掛かるのです。

高校生の若い子ならギア付きの自転車で15分の距離を、私は重たいペダルを必死に漕いで、膝や腿に圧を感じながら坂道を登って行くのです。

電動自転車なのに、普通の自転車に追い越されながら・・・。

昨日も今日もその重い自転車に乗って、出掛けて来ました。

痰がゴロゴロしたのはそれも原因かも・・・。

最近の軽い電動自転車に買い替えたいけど、先立つものがありません。撃沈!



11時頃、私も娘と同じように眠剤を飲みました。

マイスリー5mg、3~4時間経たないと効かないのですよ。

心療内科では眠剤だけもらうために通院していますが、主治医の先生曰く、「睡眠障害がひどくなっているという事です、10mgに増やしますね」と昨日処方してくれました。

でも、10mgだと翌日残るのです。

出来たら飲みたくないのです。

飲まないと朝まで眠れませんが、そんな日があってもいいかなと思うのです。

ただし、娘が原因で私の睡眠を妨げられるのは別問題です。

最近は娘が私の眠剤を取ったり、捨てたりしなくなったので、時々現実からの「寝逃げ」のように飲む事が出来るようになりました。




「一人でいると不安でたまらない」と娘は言います。

明日の私の病院に一緒に連れてってと頼まれたのですが、バスと電車を乗り継いで、駅から病院まで20分歩くのです。

一緒に連れて行った時期もありましたが、娘の顔色を見ながらは疲れます。




午前中 ご近所の家に難病連から頼まれた国会請願書に署名してもらおうと行って来ました。

久し振りにお邪魔したので、コーヒー3杯も飲み、草餅を焼いてもらったり、昆布のお餅も食べさせてもらったり(富山には売っているそうです)、餡子のお団子を頂いたりとお昼過ぎまでいました。

「うん、いい人だ、いいご家族だ」と感謝しながら、ルンルン気分で帰って来たのに、どよ~ンとした我が家の空気。

人寄りがする家は徳が積まれるっていうではないか・・・我が家も片付けてそうしようよ~。

と思うのに、リビングで長座布団を万年床のようにしてしまい、誰も来れない家に化してしまいました。

寂しいなあ・・・悲しいなあ・・・人恋しいです。




患者会の会長はお喋りで、娘の事を相談したら、ふと気が付けば会長は妹さんに話し、ふと気付いたらイキイキ体操の先生に話し、そこで仲良くなったセレブの奥様にも話し、個人情報などぶっ飛んでしまいました。

他の患者会の会長さんからは、会長の○○さんに話すという事は、あっちこっちに喋られても仕方がないと覚悟する事なんだよと言われました。

分かっていたはずなので、娘のもっと深い部分は話してありません。セーフ!

「母親が甘やかしたから」とでも何とでも言えばいい・・・真実は語りません。




本当はね、眠剤を飲んだ後にPCやってはいけないそうです。

薬剤師さんに言われました。

記憶が飛んでしまうからです。

という事で、そろそろ終わりにします。

おやすみなさい。

明日はいい日になりますように。












スポンサーサイト

再びカレーのお話

CIMG3701.jpg

先日 古民家で頂いたスリランカカレーはこんな感じでした。

野菜たっぷり、キュウリが入っていました。

お肉はチキンです。

昨日のカレーは写真がありませんが、マグロの血合いが入っていました。

会長はいつもご飯の大盛りを注文して下さいます。

私はいつもペロッと食べてしまいます。

値段は900円です。

カレーの前に組紐を習いたい方がいたので、私も一緒にやってみました。

CIMG3721.jpg

CIMG3722.jpg

CIMG3723.jpg

古民家の縁側と組紐・・・静かな時間が流れて行きました。

と言いたいのですが、作り方を覚えるのに必死、集中力が切れると順番を間違えてしまいます。

CIMG3725.jpg

そして出来たのが「ハートのストラップ」です。

自分が持っている服の色に合わせました。

CIMG3727.jpg

こちらは私の師匠、会長のご主人の作品の一部です。

組紐の器械を考案した神縄流の家元です。

ちなみにこの日の我が家の夜のメニューもカレーでした。

チキンと夏野菜を入れて作りました。

CIMG3718.jpg

今年のゴーヤ、アップルゴーヤです。

どれぐらいの大きさになるのか分からなかったので、早めに収穫しました。

今日、オリーブオイルで炒めてからサラダに入れて、マヨネーズで和えました。

ゴーヤの苦味が嫌いだった娘も食べる事が出来ました。

アップルゴーヤの苦味は、普通のゴーヤの10分の1とネットに書いてありましたが、苦みがないわけではありません。

今日も雨、しばらく梅雨空が続きそうです。




ちょっと休憩

このところ 暑さのせいか息苦しく感じます。

昨夜は左の胸の脇が痛くて、息が吸えなくなりました。

体の向きを変えるとどうにか痛みが和らぎ、これも老化の一つかなあと思ってしまいました。

先日は娘の心療内科の診察に付き添い、診察室で息苦しくなり、声が出辛くなってしまいました。

診察が終わり、娘に診療費を払うようにお金を渡し、速攻で病院の外へ出ました。

あの重くて暗い病院の待合室の雰囲気が、どうも好きになれない私です。

心療内科の先生が毒を吐く(?)ので、娘が帰宅後に言われた言葉を頭の中でリピートして興奮する事がないように、付き添う私も緊張しているようです。

心も気の張りもちょっと休憩する事にしました。

昨日は患者会の会長から久し振りに連絡がありました。

今秋で患者会が発足5周年を迎えるので、3年間会の役員をやった私を表彰したいとの由・・・今は何も手伝っていないので申し訳ないと恐縮したのですが、気持ち良く10月の総会に参加して欲しいとの事で有難く受ける事にしました。

たかがサルコ、されどサルコ・・・その並びでたかが気管支拡張症、されど気管支拡張症の毎日。

穏やかに淡々と毎日をやり過ごすしかないのです。

CIMG3387.jpg

1羽のヒナ、この子だけがどうしても飛ぶ練習に参加出来ません。

「大丈夫だよ、羽をバタバタさせてごらん、落ちないよ。」

夜になると家族全員勢ぞろいで、狭い巣の中で寝ています。





もうすぐ巣立ち。

CIMG3387.jpg

4羽のヒナ達、今日から飛ぶ練習を始めました。

巣が空っぽになる日が近いような気がします。

CIMG3383.jpg

大きくなる前に2本のオクラを収穫して、美味しく頂きました。

CIMG3385.jpg

白ゴーヤも順調に成長しています。

7月

早いもので時はすでに「7月」。

ツバメの2回目の抱卵の末に孵化したヒナは3匹、毎日チュンチュンと可愛い声を聴かせてくれます。

娘は主治医の先生の「まだ仕事をしてはいけない」という指示に従い、焦る気持ちをやるせない思いに変換し、落ち込んだ日々を過ごしています。

不思議な事に娘が荒れる日は心療内科へ行った日の夜が多いです。

という事は、週に一度は自分で自分の首を絞めるという行為が行われる訳で、それが数日尾を引く時もあります。

心療内科の先生は、患者を診ながら言葉を発するような気がします。

特に先生はお酒を飲まないそうで、お酒を飲む患者はすべ「アル中」と決めつけて、暴言を吐かれるようです。

これはネットの口コミ情報で書いてありました。

睡眠導入剤を飲んでお酒も飲んでしまう娘は確かに悪いのですが、2時間半も待たされた挙句に「あなたにはお酒を飲む資格などない」と言われ、体調が悪くて「思わずどうでもいいという気持ちになりました」と言った母親の私には、「何もかも受け入れて、甘やかし、あなた達二人は地獄に向かって進んでいるとしか思えない!」と言われました。

他の心療内科へ行った事がないので、心療内科の先生とはこういう事を言うものなのかと友達に話すと、誰もが「病院を変えた方がいい」と以前から言われます。

しかしながら、生きて行くという事は、こういう世間の暴言に耐える事も必要、そういう訓練をしているのではないかと思ってしまう時もあるのです。

先月から同じ区内にある、別の心療内科の先生が倒れてしまい、そこの患者さん達が自分に合う医師を探して、どこの心療内科も混雑しているようです。

そのせいか、心の病を抱えた人達は、お互いに各病院の情報を話すようになりました。

「どこの病院へ通っているの?」とか、「優しい先生はどこにいるの?」などの会話がフランクに話せる現象が起きています。

種から蒔いたオクラの苗が成長して来ました。

花が咲くのが楽しみです。


CIMG3363.jpg


プロフィール

Author:さくらかあちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。