スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突然の出来事


夕方、玄関のチャイムが鳴って出てみると、息子が立ってました。

今週は帰れそうだとメールが来ていたので、「お帰り~」と声を掛けたら、お友達と一緒でした。

これからバイトをしていたコンビニの飲み会に行くとかで、その前に立ち寄っただけでした。

髪は肩まで伸び、髭も生やして相変らずの息子です。

小学校時代からのお友達も、久し振りにさくらとスキンシップ・・・さくらは突然、見慣れぬ男性が2人も部屋に入って来たので、尻尾を振るより、状況が把握出来ないようで、ボ~ッとしてました。

反応が超鈍かったです。

しばし立ったまま、固まっていました(笑)。

今夜はそのままアパートに帰ってしまうそうで、「来週の休みには帰れそうだから、大好きなビーフシチューを作っておいて」と言って、飲み会へ行ってしまいました。

娘の事でテンションが下がり気味だったけど、シャキッとしなければいけませんね。

娘が片思いしているY君は、飲んだ勢いで「一緒に住もうか?」と言ったらしく、言った事さえ忘れていたそうです。

それよりも、長かった髪をバッサリ切って、ショートヘアにした事も気付かなかったとか・・・。

心の中でホッとした私です。


















スポンサーサイト

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

気持ちは下降線


娘は昨夜も友達のMちゃんと食事に行き、明け方の5時に帰宅。

Mちゃんはアルバイトから正社員に昇格して、忙しい毎日を送っている。

昨日は久し振りに休みが取れて、娘と2人で食事とカラオケに行ってストレス解消をして来た様子。


そして今日、娘はまた出掛けて行った。

昨夜、Y君からメールが届いたとか・・・ずっと連絡もなく、私はホッとしてたのに。

「話がある」との事。

娘を問い詰めたら「一緒に住もう」と言って来たらしい。

「う~ん、冗談じゃないよ!一緒に住むなら私と縁を切ってから出て行って!」と言い放ってしまった。

現在仕事を探している娘は、一緒に住む気などないと言うけれど、それならわざわざ出向かなくても・・・と私は思う。

私は何で離婚したのか?

元夫がヤクザとの付き合いが切れなかった事も、離婚の原因のひとつだったのに・・・。

子供達に悪影響が及ばないように・・・そんな私の思いは、どこへ行ってしまったんだろう?

Y君は堅気ではない。

娘の元彼も、元々彼もヤクザだった。

その為に私がどんなに思い悩む日々が続いたか・・・手を切るからとお金を騙し取られた事もあった。

私はその度に心身ともに疲れ果ててしまう。

誰にも相談出来なくて、やっぱりひとりで考え込んでしまいそう。








テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

さくらと一緒にお片付け


今日は雨、やっとその気になって、衣替えを始めました。

片付けが下手というよりも、物が多過ぎて「見果てぬ旅」に出ているような感じです。

タバコを吸う娘と息子の高そうな服も、私の部屋だった和室に大集合。

あっという間に収拾の付かない状態になりました。

こうなったら、何年も着ない服を捨てるしか道はなさそうです。

そう思いながら、「痩せたらもう一度着れるかも・・・」という服は、やっぱり捨てる事が出来ません。

衣装箱に「痩せたら着るぞ!グッドラック♪」と書いた紙を貼りました。


その合間に休憩をしているのですが、さくらは私の後を追い、今は同じ部屋で寝てしまいました。

物が溢れた部屋の、細長い空間に体を横たえて寝ています。

さすが私が飼い馴らしたワンコ、狭くても上手に居場所を探して寝ています。

ホントにいい子です。


あっ、さくらが起きて、PCの横でお座りをしています。

2人並んでPCを眺めていると、ちょっと楽しい気分になります。

オッ、今度は膝に顔をうずめて甘えて来ました。

そろそろ3度目の休憩をする事にします。




テーマ : 片付け・収納・お掃除
ジャンル : ライフ

少しずつ・・・

25歳の娘はフリーター、そして今はニート?

仕事を探しています。

ハローワークへ通ったり、昨日は履歴書を持って、面接を受けて来ました。

残念ながら条件が合わずに帰って来ました。

「車通勤可」だと良かったのですが、運悪く「車通勤不可」のショップでした。

電車とバスを乗り継いで通うほどの情熱がない娘なのです。

加えて、面接してくれた女性が感じ悪かったとかで、ぷりぷり怒っていました。

そして昨夜も友達のM子ちゃんと出掛け、夜中の2時近くに帰宅。

今夜も友達のS子ちゃんの家に遊びに行きました。

超夜型の娘、私の心配の種なのです。

焦っても、考えても仕方がないですね。

娘なりに頑張っているのだから、諦めないで少しずつ歩いて行きます。

テーマ : 心のつぶやき
ジャンル : 心と身体

ありがとう♪

どこまでも桜


桜の花が満開です。

お気に入りの川沿いの桜を、今日も見に行ってしまいました。

咲き始め→満開→花散らしの風が吹く頃・・・今年は桜を心ゆくまで眺めようと思っています。

自転車で10分ほどの近場にある川沿いの桜。

おひとりさまでも大丈夫なのです(笑)。


2009_0407画像0025

大好きなお友達、赤柴のママさんから届きました。

鎌倉のお土産です。

起き上がりこぼしの招き猫ちゃん、可愛いふくろう、縮緬で出来たお守り(大仏様が入ってます)、手作り感が素敵な押し花の栞、お煎餅も頂きました。

いつもありがとう♪

とっても嬉しかったです。スマイル

2009_0407画像0038

さくらは再利用しようと取っておいた段ボール箱で遊んでいました。

あ~あ、箱の中にさくらのヨダレが落ちちゃいました。

困ったワンコです(汗)。





テーマ : 今日の出来事
ジャンル : 日記

時は流れて・・・


午後10時頃、雨が止み、おぼろげな月が出ていたので、懐中電灯を持って散歩に行って来ました。

遊歩道を歩く人影もなく、時折、遊水地のカモがバサバサっと大きな羽音と共に飛び立ち、ちょっと怖かったです。

さくらも何か気配を感じたのか、遠くを見つめて立ち止まり、オシッコが出た時点で帰って来ました。

途中、ゆっくりとスピードを落として近付く車があり、よく見たらパトカーでした。

向こうも闇の中に懐中電灯の光を見付け、犬の散歩だと認識するまで「怪しい奴」と思ったのかもしれません。


今日、ずっと心の奥に気になっていた友達の家を訪ねてみました。

会うのは3年振り?

目と鼻の先に住んでいながら、ニアミスもなかったから不思議です。

私よりも3歳年上の彼女、カウンセリング教室の先輩です。

スイトピーの花を買って、彼女の家のチャイムを鳴らしました。

思わず引いてしまいました。

何故って、玄関の前に立った時から、犬が吠える声が聞こえたからです。

パピヨンとミックスの中型犬ワンコが2匹、玄関内で友達と話している間も、ずっと吠えていました。

会話が聞こえないほどにです。

娘さんが「誰にでも吠えるから気にしないで下さいね。尻尾を振ってるから喜んでいるんですよ」と言ってくれましたが・・・。

夫婦とお姑さん、長女夫婦と次女の6人の大家族で住んでいるのと、足を骨折した娘さん(もう3度目らしいです)のベッドがリビングにあるとかで、勧められましたが部屋に上がるのはお断りし、ワンコ2匹も噛み付きそうな勢いだったので、友達と川沿いの桜を歩いて見に行く事になりました。

その前に2階のおトイレを借りようと階段を上ったら、ワンコ2匹が横を走り抜けて行き、階段途中でビビッてしまいました。

う~ん、何なんだ?

この大らかなワンコ達は?

負けました!!

もしかして私は犬が苦手なのかもしれません。

飼い犬以外のワンコはちょっと怖いです(汗)。


友達は糖尿病になってしまったとかで、顔付きが丸く変貌していました。

鬱病の薬の副作用と言っていましたが、その為に毎日散歩をしているとかで、歩くスピードは速かったです。

彼女には2人の綺麗な娘さんがいるのですが、心の病気になってしまい、母親の彼女もふと気が付けば躁鬱病になっていました。

早朝や深夜、心療内科の薬が効いて眠りにつくまで、時間構わず彼女の話を電話で聞くのが私の役目でした。

「死にたい」という彼女を一生懸命言葉で説き伏せ、「さっき首を吊って死のうとした」と彼女から連絡が来れば駆け付け、私なりに支えるつもりだったのに・・・。

途中で疲れてしまいました。

次第に距離を置くようになってしまったのは、私では力不足だと感じたからです。

でもその頃には、ご主人も定年退職をして、彼女や娘さん達のフォローをするようになっていました。

長女は数年前に結婚をし、彼女の自慢だった婿殿も一緒に住んでいました。

次女にも6年越しの彼氏がいて、心の病気の方も快方に向かい、気持ち的には自立して来たとの事でした。

彼女の話を聞くだけで、私の話は特にしませんでしたが、自分の今は話す気持ちにはなれませんでした。

それでも、久し振りに元気な顔を見る事が出来てホッとしました。

大好きな調理の仕事も見付かり、彼女の再出発の話も聞く事が出来ました。

私も頑張らなくては!

そう思わせてくれた午後のひと時でした。







テーマ : 心のつぶやき
ジャンル : 心と身体


2009_0402画像0002

家の近くの川沿いに咲く桜です。

姉達と車で通り過ぎた時、数分だけ車を停めてもらって写真を撮りました。

桜は咲き誇っている姿を見るのが好きです。

花びらが風に舞い散る風情は感傷的になって、悲しい思い出や辛かった記憶が甦って来てしまいます。

ひとひら ひとひら風に乗り、川をピンク色に染め上げる「桜の舞い」は儚過ぎて、心が弱っている時は、言葉に出来ない悲しみを引きずってしまいそう・・・。

「手を伸ばせば届いてしまう桜の花枝を、決して手折ってはいけません。」

初めてココへ連れて来てくれた友達に言われました。

さくらにこの優しい景色を見せたくて、長い散歩を決行した事が一度だけありました。

途中の神社で水を飲ませたりして30分、桜の木の下を並んで歩いた時の幸福な時間、2人揃っての冒険でした。

この道を、さくらと一緒に歩いた事、大事にしまっておきたい思い出のひとつです。















テーマ : 花の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

Author:さくらかあちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。