スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護は難しい


白柴さくらのシニア生活はこっちに置いといて・・・実家の母の介護の事です。

午前中に難病連で事務仕事を片付け、そのまま実家へ立ち寄りました。

午前11時半から午後1時まではヘルパーさんが来ている時間です。

丁度母が昼食を食べているところでした。

ヘルパーさんが作ってくれた昼食を美味しそうに食べる母、ヘルパーさんはポータブルトイレの後始末をしてくれます。

ひとつの用事が済むと、母の横に座ってお喋り。

母との会話の中から、母が生きて来た人生のひとかけらを拾い集めるように聞き出します。

食後は口腔ケアをしてくれました。

「洗濯はどうなっていますか?」と訊ねたら、デイサービスの日にまとめてやる事になっているとの返事。

でも洗濯機を回してくれたので、干すのは私がやる事になりました。


今までやって来た事を、目の前でヘルパーさんがやるのを見ているのは、お尻がもぞもぞして来ます。

ヘルパーさんの仕事なので手を出さないように言われていますが、ただ座っているのも辛いものです。

明日からはお嫁さんが昼食だけは作ってくれるというので、昼間のヘルパーさんは来なくなるそうです。

兄は「出来たら昼だけ交代で来てくれると助かるんだけど・・・」と言います。


体調が良くなった私は「いいよ」と答えたかったのですが、すべて仕切り屋の長女が決める事なので、下手な事は言えません。

姉達2人は、「同じ事をやってもヘルパーさん達にはお金が発生するけど、自分達がやったら一銭ももらえないから絶対にやらない!」との事。

私もまた血痰が出たからと、実家から足が遠のく事も考えられる訳で、安請け合いは出来ません。


難しいです。

中途半端に手を出したら怒られそうで、蚊帳の外から母の介護に携わっている方が賢いのかもしれません。













スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : ライフ

母の介護


昨日の土曜日 無事に友の会の交流会が終わりました。

デジカメで写真を撮ったり、リサイクルノートPCをネットに繋いだり、司会をしながらバタバタと動き回り、会が終った時にはホッとしました。

明日から、しばらくは難病連に通って、友の会の事務仕事をこなします。


実家の母の介護・・・土・日はヘルパーさんが来ないというので、今夜の夕食は姉と一緒に作る事にしました。

夕方、ベッドに寝ていた母を起こして、ズボンを穿かした時に匂ったのです。

「リハパン 替えようか?」と声を掛けたのですが、「大丈夫だよ」と母。

そのまま3人でお喋りしながらお夕飯を食べました。

母は食欲旺盛で、マグロのすきみ、かぼちゃの煮付け、里芋とちくわに甘味噌を掛けたもの、焼きそば、キュウリとシラスの酢の物、ご飯にお味噌汁を全部食べてくれました。

食後の薬と口腔ケアが済んで、明日の朝ご飯の支度も出来て片付けが済んで、また私の嗅覚が匂いを嗅ぎ付けました。

「寝る前にリハパンを替えて、着替えもしようか?」と母に言うのですが、「夜中にもぞもぞ布団の中で変えるからいい」と繰り返します。

やっと説き伏せてリハパンを替える事になったのですが、大のほうをしたまま座っていたので、タオルでお尻を拭いても綺麗になりません。

こういう状態がデイサービスでも見受けられるようになったので、時々連絡が来るようになりました。

お風呂に連れて行き、シャワーで洗い流す事が出来たら良かったのですが、寒いお風呂場ではそれも無理。

「毎日来るヘルパーさんは、リハパンまでは見てくれないよ」と母。

デイサービスは週に2日です。

それまでお尻が汚れたまま我慢している母に気付き、可哀想になりました。

もっと気軽に娘達に下の事まで頼んでくれるといいのですが、恥じらいがあってそれも言えません。

母との関係をもっと密にしなければと思った冬の夜でした。














テーマ : 心のつぶやき
ジャンル : 心と身体

明日に向かって


いよいよ明日は友の会の交流会です。

当日 配布する会報も、本日難病連の印刷機で70部刷りました。

会場の机もコの字型に配置し、必要な物はすべて揃えて来ました。


これで私の役目もひと段落・・・と思っていたら、いつも司会を引き受けてくれる役員が音信不通です。

会長が何度も連絡を取り、今日になって「行けそうにないかも」との返事がありました。

ドタキャンよりはマシですが、代わりに私が司会をやる事になりました。


先日の役員会で交流会の中身を打ち合わせていなかったので、思いつくままにやる事を書き出しました。

大丈夫かなあ?

不安だけどやるっきゃない!



白柴さくらが夜中に何度も起き、ぐるぐる回るので寝不足です。


明日に備えて寝る事にします。

おやすみなさい。







テーマ : ひとりごと
ジャンル : ライフ

頭が働きません。


友の会の会報(第4号)が出来ました。

もうこれで良しとします。

頼んであった役員から原稿が届いたのが1週間前、そこから孤独な(?)作業が続きました。

誰も添削してくれないので、配布した後からクレームが入る時もあります。←ひたすら謝ります。


いつもはA4サイズに両面コピーをしたものを束ねて、左隅をホッチキスで留めます。

今回はちょっとだけお洒落な(?)形にしたかったので、A3見開き印刷に挑戦しました。


2011_0127画像0005

完成はこんな感じですが、このA3両面コピーが理解出来なかった私です。

2011_0127画像0004

経費節約の為に、8ページに収まる様に編集し直し、A3両面コピー2枚になりました。

これがとっても難しいコピーなのです。

何度やっても左右が逆にコピーされるのです。

自分の頭の悪さを痛感しました。


何度も失敗する事が分かっていたので、実家のコピー機を使って元を作りました。(お兄さん、ごめんなさい。A3用紙を何枚も失敗しました。)

どうにか仕上がったので、明日は難病連で必要枚数だけコピーする事にします。



白柴さくら、只今 部屋の中を徘徊中です。

お座りするのにスローモーションビデオを見ているように、ゆっくり腰を落とします。

そしてPCを打つ私をジッと見つめています。


2011_0127画像0001

この台の上に、お水とご飯用の器を置いていたのですが、この段差からさくらがズズ~ッと落ちそうになりました。


2011_0127画像0002

この段差が悩みの種です。

目が見えなくなったので、境界線が分からないさくらです。

落ちないで、落ちないでよ!と、いつも気になります。

何かいい案があるといいのですが・・・。


お座りの体制ですが、左後ろ足が伸びたままです。

何だか「家政婦は見た!」状態のさくらです。











テーマ : 心のつぶやき
ジャンル : 心と身体

気分転換



会報作り、スランプです。

載せる記事が浮かんで来ません。

気分転換に10分間だけ休憩です。



今日も青空です。

寒くても空を見上げると、青い空と白い雲・・・陽だまりをお友達になりたい冬の朝です。


実家の母の介護をヘルパーさん達にお任せする事になったら、実家へ立ち寄る機会が減りそうです。

皆それぞれに仕事や家庭があり、わざわざ時間を割いて、母の介護に通うのは大変だとの結論に至り、お嫁さんが腰痛で食事が作れなくなったのがきっかけになりました。

私は行こうと思えばいつでも飛んで行ける状態でしたが、残念ながら「血痰が止まらない」などとほざいている内に当番から外れ、「行きたい時だけ行けばいいよ」と姉達から温情ある一言がありました。

失業保険をもらって専業主婦を楽しんでいたすぐ上の姉は、母にヘルパーさんが付いた事で仕事探しを始めました。

最終的に、仕切り屋の長女と頼りない長男(2人とも実家の仕事をしています)がケアマネさんと相談し、あっという間に決まりました。



オット、姉から召集令状が届いたので、ちょっとだけお茶を飲みに行って来ます。










テーマ : ひとりごと
ジャンル : ライフ

犬の介護度

子供の頃、実家で飼っていた犬達は、どの子も皆短命でした。

飼った順番は、スピッツ~スピッツ~柴系ミックス犬。

一番私と仲が良かったのは、高校生の時に飼った柴系ミックス犬でした。

この子は兄が教育実習をした小学校に迷い込んで来たワンコ・・・電車に揺られて、兵庫から静岡へとやって来ました。

勉強で頭が疲れた時は、夜空を見ながら、ケンケンと名付けたワンコを抱っこして語り掛けるのが好きでした。

シニア犬になる前に別れてしまったので、白柴さくらが14歳まで生きている事が不思議です。


今は動物病院へマメに連れて行き、ワクチン等もしっかりやるようになったので、犬の寿命が延びたそうです。

「犬を飼う」目的も、「番犬かつ残飯整理」から「家族の一員」と変化したような気がします。

昔のワンコご飯といえば、残ったご飯にお味噌汁を掛けるという「猫まんま」でした。

鎖に繋ぐ時もあるけれど、時々は放し飼いにするので、隣の畑で農薬を食べて亡くなってしまうという事もありました。


さくらの今は、まだまだ老化の入り口辺り・・・これからもっと出来ない事が増えて行き、目が離せなくなるかもしれません。

人間の介護度で言ったら、「要支援2」ぐらいでしょうか?

まだ自力で立てます←後ろ足が伸びてしまうので、時々足を支えます。

歩けます←スローペースですが。

ドッグフードもパクパク食べます←お湯でふやかして上げてます。

おトイレも介助なしで出来ます←ペットシーツ以外のところでしてしまう時もあります。

目は見えないけれど、長年の勘と匂いで部屋の中を歩きます←振り向きざまに鼻をぶつけます。

そして飼い主の私に甘えてくれます←可愛いです♪


ひとり(一匹)で留守番をさせると、私が帰って来るまでず~っと寝ています。

だから昼夜逆転してます。

夜中の3時頃、ムクッと起き出してぐるぐる回っています。

そして、また寝ます。


不可解な行動が増えました。

今は見えないので、玄関の段差を踏み外して怪我をするのが怖いです。

先日はお水が入った器の中に、尻尾を付けたままお座りしてました。


私はさくらの散歩をする事で、長年の微熱が取れました。

散歩道で他の飼い主さん達とすれ違うたび、挨拶や言葉を交わします。

さくらのお陰で引きこもりとは無縁です。



やっとさくらが寝ました。

「おやすみなさい」の時間です。















テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

ひなたぼっこ

2011_0126画像0006

白柴さくら、すっかり甘えん坊になりました。

2011_0126画像0008

今日は外でちょっとだけ「ひなたぼっこ」をしました。

2011_0126画像0014

そ、そこでお座りですか?

2011_0126画像0013

ヨイショっと!

2011_0126画像0012

ひとつひとつの動作が緩慢になりました。

2011_0126画像0009



友の会の会報を作成中です。

土曜日の交流会までに間に合わせなければと焦っています。

伝える事が多過ぎて、でも自己満足の会報にならないよう、風の音を聞きながら・・・。





テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

滑らないように・・・

2011_0123画像0017

白柴さくら、14歳です。

日ごとに後ろ足や前足までもが伸びて、開いてしまうようになりました。

フローリングの床は足に負担が掛かります。

滑り止めの付いた「玄関マット」をご飯の場所に敷いています。



2011_0123画像0013

それでもその場所に佇む事は大変なようです。


2011_0123画像0014

カーペット以外のフローリングの床に、長いキッチンマットを両面テープで止めて敷いたり、いろんな工夫をしています。


もう部屋の見てくれなど、構っていられなくなりました。

早朝、洗面所のおトイレに到達する前で粗相をしてもいいように、さくらが歩く動線にペットシーツを並べて敷くのは当たり前になりました。

白内障で見えなくなったせいか、振り向きざまに顔をぶつけてしまいます。

突然 さくらの目の前に手を出すと噛もうとするので要注意です。


でも、いつもの遊歩道を歩く時は姿勢が良くて、時には小走りに家に向かってダッシュします。

無駄なジャンプを繰り返し、コテッとこける事もあります。


シニア犬のさくらと重なるのが、88歳の実家の母の事です。

諸事情の為、今日の夜からヘルパーさんが来る事になりました。

デイサービスがある2日間は、朝から来て着替えをさせてから送り出してくれます。

その他の日は、お昼ご飯とお夕飯を作り、ポータブルトイレの後始末と口腔ケア、湯たんぽを入れてくれる事になりました。

介護保険の枠の中でヘルパーさんを頼む為に、介護度を上げてもらう事になりました。

食材は家族が揃えて置く事や、ヘルパーさんが入るとなると冷蔵庫の中も片付けなければと、今日はちょっとだけ実家に手伝いに行きました。

実家の近くの介護施設のヘルパーさん達なので、今日は歩いて来てくれました。

いろんな思いはありますが、家族が出来ないのなら、他人にお任せするしかないのが現実です。














テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

さくらの事

白柴さくら 今朝一度だけ吐きました。

中身がない胃液です。

朝ご飯を遅らせ、様子を見ながら食べさせました。

お散歩は元気に行ったので、病院へ行く事もなく済みそうです。


白内障の目の進行は止められず(特に治療もしてませんが)、ご飯の食器を置いてもどこにあるのか分からないようです。

玄関のドアを開けても、開いてない片方のドアに突進して行きます。

起きたばかりは足がもつれるようで、後ろ足が伸びてしまって、なかなか前に進む事が出来ません。

あともう少しでおトイレなのに、手前でオシッコをしてしまうのも当たり前になりました。


フローリングの床に、滑り止めのマットを敷き詰めて、足の負担を軽くしなければと思っています。

散歩の帰り道、突然走ったり無駄なジャンプを繰り返し、数センチの段差でこけてしまいました。


今のところ、大きな怪我もなく過ごしていますが、徐々に出来ない事が増えて行き、一番ショックを受けているのは、さくらかもしれません。




テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

見ざる、聞かざる、マイペース

2011_0120画像0002

春の寄せ植えです。

50名ほどの友の会、その会を維持する為のボランティアの役員なのに、心が折れるばかりでは長続きしません。


ここは「見ざる 聞かざる マイペース」が一番。


発足当時いた役員が2人辞め、今度はTさんも去る事になりました。

寂しいですねえ。













テーマ : ひとりごと
ジャンル : ライフ

価値観

今日、白柴さくらにフロントラインプラスを滴下しました。

体重が9キロ台になったので、フロントラインプラスのサイズもMからSに変更しました。


FC2のブログ 200ほどの日記の数になったのですが、カテゴリ別に分けるのを忘れていました。

古い日記をひとつひとつチェックするのは大変なので、それらはすべて未分類のままですね。

ちょっと手抜きしました。


しばらくはこのままでブログを続ける事にしました。


























テーマ : 心のつぶやき
ジャンル : 心と身体

とりとめのない話

今日、近くの美容室で髪を切ってもらいました。

お気に入りの髪型は、シャンプー後にドライヤーを掛けただけでOKの楽なものです。


白髪を染めるのは、交流会の数日前にしました。

某テレビ局の方が取材に来る予定なので、少しでも若く見えるようにします。(笑)

テーマ : ひとりごと
ジャンル : ライフ

さくらの尿検査

2011_0117画像0002

さくらの朝イチの尿が採れたので、動物病院へ行って来ました。

PHの数値は6.0、尿の濃さが0.12でした。

白血球も減り、次回の尿検査は1ヵ月後になりました。


前回尿の濃さは0.11、その前が0.10だったそうです。

標準が0.13ぐらいだというので、腎盂炎を疑われたようです。


昨日 ネットで「腎臓サポート」の療法食を注文しました。

今食べているC/Dに混ぜながら、徐々に移行して行くつもりです。

テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

インフルエンザ

昨日から熱がなかなか下がらない娘、今日は39度3分まで上がって来ました。

これはインフルエンザに間違いないと、近くの病院へ行かせたら、やっぱりインフルエンザでした。

昨年12月中旬にインフルエンザワクチン接種したのですが、それでも罹る事はあるとお医者様がイライラしていたそうです。

帰宅後、お粥を食べてからタミフルと解熱剤と胃腸薬を飲んで、さくらと一緒に寝ています。


次兄のお嫁さんは、先週の土曜日から吐き気と下痢が続き、感染性胃腸炎と診断されたそうです。

この寒波のせいか、巷はウイルスでいっぱいですね。


ワンコ散歩でも、マスクをしている飼い主さんが増えました。←私もですが。

私は夜寝る時にもマスクをしています。

これはさくらと一緒に寝ているからです。

毎晩 私の掛け布団の上で寝るさくら、段々私に近付いて布団の真ん中にいる事もしばしば。

重たくて寝返りを打つ事も出来ず、寒いからと掛け布団を肩に掛ける事も出来ず、夜中にエアコンのスイッチを入れてしまいます。

犬と一緒に暮らすには、寝床は別にした方がいいと分かっていても、老犬になったさくらを躾けるのは大変な事です。



風邪が流行っている時期に、電車やバスに乗るのは苦手です。

狭い空間の中で、ゴホッゴホッと咳をする方が多いからです。

抵抗力がない私はすぐに移ってしまいそうで、バスに乗るなら自転車、映画を観るなら自宅でDVDと、人込みは極力避けるようにしています。


とりあえず今は、娘のインフルエンザが移らないよう、マスクを外さないようにしています。












テーマ : ひとりごと
ジャンル : ライフ

冷たい風

2009_0105画像0001

2009年1月5日の画像です。

エコー検査で、お腹の毛を剃られてしまったさくら、寒くてガタガタ震えています。

今日は2年前に買った「おパジャマ」を着て寝ています。

あの頃と同じ柄の布団とバスタオル・・・変わってしまったのは、完全に室内犬になってしまった事です。

夜中の3時半頃、お約束のようにムクッと起き出し、クルクルクルと何度も回って寝ます。

今朝のオシッコはおトイレの場所を外して、キッチンマットの上にしてしまいました。

朝一番で床を拭くのが日課になりました。



この急激な寒さで、風邪を引いた娘は37度8分の熱を出しました。

インフルエンザのワクチンは接種済みなのですが、皮膚がチクチク痛いそうで、まだまだ熱が上がりそうです。


私はまたまた血痰が出ました。

午前中 お正月のお飾りをどんど焼きに出す為に神社へ行く途中の事。

冷たい空気を吸った途端、息が出来なくなりました。

その後は咳が止まらなくなり、ゆっくり深呼吸しながら歩きました。



見た目が若くてとっても元気そうに見えるので、「まだあなたは若いから大丈夫よ!」といろんな方達に言われ、体調が悪くても休むのが恥ずかしかった私です。

「頑張れば動ける!」と自分を叱咤激励したり、周りからの「頑張れコールがないと生きられない」と思って来たけれど、この頃は気力が付いていけません。


いろんな事を諦めるのはまだ早いけれど、もう少し冬眠を続けます。
















テーマ : 心のつぶやき
ジャンル : 心と身体

寒いです。

2011_0115画像0005

昨日までは懐かしの場所で、日向ぼっこをしていたさくらです。

今日は寒くて、一日中エアコンを付けたままです。

2011_0115画像0002

寒さの中でもサフィニアは健気に咲き続け

2011_0115画像0003

どうしても名前が思い出せない黄色の花は、元気いっぱいに咲いています。


球根はやっと芽を出し始め、これから咲く花は「クリスマスローズ」と水仙。

もっと色付く玄関先にしたいと思いながら、花が終っても枯れる事がない日々草を処分する事が出来ず、空かない鉢がそのまま残っています。

枯れて種になってしまった二ゲラの花・・・この花を見たくて、春が来るのを楽しみにしている私です。



そろそろ友の会の用事を真剣にこなさないと、昨年頂いた助成金の報告書を作成する時期がやって来ました。

1月29日の交流会には、わかば基金で頂いたPCの件で、某テレビ局が取材に来る事になっています。

友の会のHPも作りたいし、会報も載せるものとレイアウトを考えなければいけないし、再就職の事を思い悩んでいる暇はありません。


来週はさくらの尿検査をする事になっています。














テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

手帳

今日も穏やかな冬の日、出窓のレースのカーテンから差し込む光が眩しいです。


去年のクリスマスの日、友の会の知人から「天使の手帳」を頂きました。


「ANGEL DIARY」です。

手帳にしては大き目なので、時々日記を付けることにしました。


毎日 神様のメッセージが日付の下に書かれているのですが、私のようにまとめ書きをする人は、過ぎ去った日のメッセージをまとめ読みすることになります。

2011年元旦からの日記を、今日付けました。


何もなかった日は空白です。

ちなみに今日のメッセージ、「忘れないでください。一見すべてが矛盾して見えても、最後にはすべてが、本当にうまくいくのです。」



昨年12月の姪っ子の結婚式は、ホテルの中のチャペルでした。

この結婚式を最後に、英会話教室の先生になるというイケメン牧師様は素敵でした。


花嫁と父親(頭が薄くなった義兄)が腕を組んで祭壇へ進み、四角い顔の新郎(失礼!)に娘を託す・・・。

私の兄が「〇〇子は可哀想だなあ・・・父親がいなくて」と娘に声を掛けていました。←軽い兄です。


大きな口をあけて歌う、賛美歌を歌うお姉さま方の声が美しかったです。

そして最初に英語、続けて流暢な日本語で語りかける牧師様←関西弁で話したら面白いのにと思った私です。



横道に逸れました。




無宗教の私ですが、この手帳、大事に使おうと思います。










テーマ : ひとりごと
ジャンル : ライフ

冬眠

2011_0111画像0001

寝てばかりいる冬の午後・・・

2011_0111画像0002

目覚めはバッチリのさくらです。


明け方 突然起き出し、猛スピードで食卓テーブルの下に潜り込んでしまいます。

しかも今朝はウ〇チ君を引き連れてのかくれんぼ・・・でした。

しばらくテーブルの下に座り込み、お座りしたまま私とアイコンタクト、その後は洗面所に直行しました。

お布団の上やカーペットの上で粗相をしないか、ペットシーツを持ってスタンバイしている飼い主です。



先週の水曜日、総合病院で肺のCT検査をしました。

1ヵ月間も血痰が続き、飲み薬の止血剤が効かなくて救急で止血剤の点滴をしてもらっても、「だから何?」と相手にしてもらえないのは、症状が慢性化している為です。


パラパラと右肺に多く出ている影を見て言いました。

「多分これはサルコイドーシスの影だと思います」

多分?

「血液検査でACEの数値が高くなくても、サルコだと思っていいんですね」と聞いても無言。

「右の肺がチクチク痛いのはそのせいですね」・・・患者の独り言。

「吸入しても咳や痰が増えるだけで息苦しさは良くならないのですが」・・・患者のつぶやきです。


「今は抗酸菌症の治療をしています」と主治医のF医師が言いました。

へ~え、そうなんだ?←患者の心の声。

抗酸菌症についての説明は特にありませんでした。

毎日飲んでいた止血剤を、血痰が出た時のみに変えました。

今は仕事をしていないので、突然の血痰や喀血に動揺する事もありません。


27年間も呼吸器に通っているので、当然知っているだろうと思われる事が多いです。

6年前に「気管支拡張症」と告げられた時には、「20年以上も呼吸器に通って気付かなかったの?もう治らないよ」と言われて、とても落胆したのを覚えています。

喀痰検査をしても、今のところ非結核性抗酸菌症の菌は検出されません。


2人目を出産後、入院が出来なくて、外来で出せる抗生剤を片っ端から飲んで試した後、喀痰検査で緑膿菌が出た時も・・・

「僕にはこうなる事は分かっていました」と名医と呼ばれる主治医が言いました。


患者本人もネットや本で勉強し、病気に関する知識を深めないと「医者任せ」の治療で終わってしまいます。

特に総合病院は一年ごとに主治医の先生が変わるようになりました。

体中が満身創痍だと思いながらも、「今一番辛い症状」だけを主治医の先生に告げる事にしています。



春が来る前に情報を集めて、以前のように「血痰なんか怖くない!」と思える自分に戻ろう。

冬眠中でもやりたい事がいっぱいの私です。


2011_0111画像0005











テーマ : 心のつぶやき
ジャンル : 心と身体

カラオケ

今夜は久し振りに、兄夫婦と姉と一緒に「カラオケ」に行って来ました。

カラオケは年に数回しか行きませんが、楽しいですねえ。

大きな声を出すのはストレス解消になるし、今の年齢を入力して、何歳の時に流行っていた曲を検索出来る機能があるのが面白いです。

歌っているうちに、その当時の自分の姿が甦り、その頃出会った人達に会いたくなるから不思議です。


もしも自分の余命が分かったら、今も尚、年賀状を送ってくれる遠くの友達に会いたいと強く思います。

飛行機に乗って、30年振りの再会を果たしてみたいような、そんな衝動に駆られます。←ちなみに女性です。


北海道の札幌で中国茶の喫茶店を開いている彼女・・・教師だったご主人は既に定年したはず。

夏と冬に必ずハガキが届きます。

私の近況を知らせなければと思いつつ、いつも返事は出せぬまま。


最近流行った歌を覚えなければいけませんね。

新しい歌を歌えるようになった時、昔の自分とサヨナラして、前へ進む事が出来るのかもしれません。










テーマ : 元気になるヒント
ジャンル : 心と身体

検査結果


午後の診療が始まる4時に、さくらを迎えに行って来ました。

検査結果は「特に大きな病気はない」との事でホッとしました。


血液検査の結果も、クレアチニンの数値が標準より高めでしたが、その他は全く異常がありませんでした。

ただ、エコー検査の結果、肝臓が小さくなっているのが分かり、「小肝症」と病名が付けられましたが、血液検査では「肝臓はしっかり働いている」との事でした。

「馬尾症候群の可能性」がある事と、「慢性腎疾患」があるという診断でした(腎盂腎炎)。



5分で終る点滴(注射をするとこぶのようになり、そこから時間を掛けて体内に薬が入るそうです)にビタミン剤と吐き気止め、抗生剤も入れてもらって帰って来ました。

会計は3万5千円ほどでした。


下痢はしていないのですが、消化器用のスペシフィックのウエットタイプを上げるように言われ、6個渡されました。

食事もC/Dから「腎臓サポート」に切り替える事になりました。

活性酸素(?)のサプリメントも勧められたのですが、経済的に長続きしないと困るので断わりました。


抗生剤と胃薬と吐き気止めを処方してもらい、一週間後にまた尿検査をします。


2011_0108画像0007

口輪を外そうとしたのか鼻の皮が擦りむけ、検査時に嫌がって足をぶつけたとかで、後右足も擦りむいていました。

2011_0108画像0004

吐いてぐったりしていた訳ではなく、普段と変らず元気だったので、高額な検査は必要なのか迷った私です。

脱水症状も起こしていないのでビタミン剤はいらないような気もするし、消化器用の療法食6個も必要なかったような気がします。

尿検査の白血球は今までも出ていたのですが、膀胱炎ではなくて「膣炎」だと診断されていました。

やっぱり膀胱炎だったのかなあ・・・と思ったりもします。


2011_0108画像0002

お米アレルギーを他の病院で指摘されたさくら、腎臓サポートの療法食に切り替えるのがちょっと心配です。

でも、ダイエットを続けていたので体重が9キロ台になりました。

痩せ過ぎでもなく丁度いい体型との事でした。

以前厚いと言われた胆のうの壁も薄くなり、コレステロールも問題なしで、ダイエットの効果が表われていました。


2011_0108画像0006

いつも夜9時頃、3回目の食事をする習慣がついているさくら、この場所でずっと待ってます。


今夜は・・・食事抜きです。











テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

治療費


白柴さくら、今朝方吐いたので病院へ行って来ました。

いつもの尿検査の結果は、結石はありませんが、相変らず白血球が多いとの事で、検査を勧められました。

血液検査と腎臓のレントゲンと胆のうのエコーの検査です。

エコー検査の為にお腹の毛を刈るそうです。


高齢なので病気の元を知るのは大事な事と思いながらも、思わず「いくら掛かりますか?」と聞いてしまいました。

セコイ飼い主ですねえ。

3万円も掛かるそうです。

「お願いします」と即答出来ませんでした。

「抗生剤を飲ませて様子をみますか?どこまでさせてもらえますか?」と言われました。

悩んだ挙句、検査を頼んで病院へ置いて来ました。


帰り道、いつもの散歩道で16歳の柴犬を連れたご夫婦に会いました。

加齢の為にオシッコが出にくくなっているけれど、特に治療はしていないし、検査もしていないそうです。

このワンコが通っている獣医さんは、「ペットにお金を掛けなくてもいい」という先生です。



さくらが10年間通った病院です。

10年間は特に病気もせず、フィラリアと狂犬病だけでやって来ました。

膀胱炎と皮膚炎を繰り返すようになり、ちゃんと検査をしてくれる病院に移ろうと決めたのは私です。

今の病院はとにかく高いです。

先生とトリマーの奥様だけの小さな病院ですが、治療費が高いのと薬ばかり出すので、他の病院へ移る飼い主さんもいます。


これから先の事、考えると悩みます。

どこまでやって上げられるのか?


治療費を気にする飼い主は、獣医さんにとっては「冷たい飼い主」に見えるのかもしれませんね。



検査料が3万円でも、きっと飲み薬が出ると思います。

4万円で足りるかな?と迎えに行く時が、少々気が重い私です。













テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

写真

2007_0117画像0003

2007年の1月、さくらはまだ室内犬ではありませんでした。

玄関は寝る場所、「お家の中に入りたいよ~」と甘えていました。


2008_0101画像0002

2008年の1月、お正月なので特別にお家の中に入れてもらいました。


2009_0105画像0005

2009年の1月、前の年の夏に何度も膀胱炎を繰り返したさくら、皮膚炎も併発したので「室内犬」にランクアップしました。

獣医さんから「家の中で飼う様に・・・」と言われたからです。


室内犬になってから2年4ヶ月が過ぎました。


リビングにさくらがいるのは当たり前、私が寝る布団の上で寝ています。


夜中に突然起き出して、くるくる回ってまた寝ます。


はい、飼い主の私は新年早々「寝不足」です。




年が明け、実家の母の所へ通うようになりました。

会う度に「老い」を感じ、表情がなくなって行くのが寂しいです。

それでも話す事はしっかりしていて、昨日の事や出来なかった事などを聞かせてくれます。

デイサービスの方からも、「頭はしっかりしていますよ」と言われます。

同じ敷地内に暮らす兄夫婦に、「もう少し手助けをして上げて」と欲しながらも、言葉を飲み込んでしまいます。

汚れがいっぱい付着している入れ歯を洗いながら、「毎日やらなければいけないのに」ともどかしく思います。

一日中ベッドで寝ているか、コタツで座っている母を見て、「いつか認知症になってしまうんだろうな」と戸惑いを感じています。



シニア犬のさくらと暮らしていると、犬も人間も「老後は同じ」と思う事が沢山あります。

耳が遠くなり、目も白内障でぼんやりとしか見えていないさくら・・・実家の母も同じです。

おトイレが間に合わなくなる事も同じです。


誰かが来る事をひたすら待つだけの母・・・「年寄りなんてあんなものだよ」と私の願いを一蹴する長姉、あんなものだけど、気持ちは複雑です。


さくらが若かった頃の写真を出窓に飾りました。


さくらは私の大切な家族です。















テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

今年もよろしくお願いします♪

2011_0101画像0001


明けまして おめでとうございます。


今年もよろしくお願い致します。



お天気が良く 風もなく とても穏かなお正月です。



2011_0101画像0006


本日 さくらのシャンプーをしました。

お風呂場から脱走する元気もなくなったさくらですが、洗っている最中のブルブルと、ドライヤーで乾かしている時に舞う抜け毛で、シャンプー後の後始末が大変なのは相変らずです。

年末の寒波で、なかなかシャンプーが出来なかったので、これでスッキリしました。


年が明け、散歩の時の足取りが急に軽くなったさくらです。

遊歩道で擦れ違う人達から、「元気でいいねえ♪」と声を掛けられます。

昨日は兄夫婦の愛犬「モコちゃん」と、姉の愛犬「リリイちゃん」とうちの「さくら」を連れて、一緒に遊歩道を散歩しました。

それがとっても楽しかったようです。



他のワンコと遊べないさくらですが、並んで散歩するのは大好きなようです。



今年は元気で過ごせそうです。



2011_0101画像0004










テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

プロフィール

さくらかあちゃん

Author:さくらかあちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。