今日のさくら

2012_0630画像0001


朝ご飯を食べたら寝てしまいました。



2012_0630画像0002


穏やかな寝顔です。



老犬介護が始まってから丸10ヶ月が過ぎました。



痩せてしまったさくらを見て、「この子は幸せだねえ」と誰もが言ってくれます。



「可哀想」ではなく「幸せ」と思われる事が、飼い主にとっては救いです。






さくらが浅い眠りから醒めてバタバタしています。



2012_0630画像0003


オクラの花が咲きました。






さくらの耳毛がまた抜けてしまったので、病院へ行って来ました。


獣医さん曰く、「さくらが頑張れば頑張るほど抜ける」との事。


これは仕方がない事だそうです。


耳がハゲチャビンになっても気にしない事にしました。


体重を計ってもらったら5.3キロ、前回よりも100グラム増えました♪



テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

ひまわりの種

2012_0629画像0001


さくら、脚をバタバタさせて頭の位置が心もとない感じで、なかなか寝てくれません。


何度も抱っこを繰り返し、近くの公園までお散歩に連れ出し(歩くのは飼い主のみです)、やっと寝てくれました。


老犬さくらにとって、体のどこかが痛かったり、痒かったり、だるかったりしているのかもしれません。


こんな時こそ、人間の言葉が話せたらいいのにと思います。


痩せてしまった体を擦りながら、時折思い出すのは実家の母の老後です。



2012_0629画像0002


卵パックのひまわりの種、ぐんぐん成長しています。


素晴らしい発芽率!


2012_0629画像0004


台風4号の強風の為に倒れ、葉っぱがなくなってしまったミニトマトです。


風通しが良過ぎますね。



2012_0626画像0002


名前を忘れた花も咲いています。


2012_0626画像0005


トレニア(夏スミレ)の花です。


2012_0626画像0006


差し芽をしたポーチュラカです。


ご近所の方が分けてくれました。


2012_0626画像0009


日々草の花です。


夏の花が咲く時期になりました。


どの花も太陽がよく似合います。














テーマ : ガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

淡々とした日々

2012_0628画像0001


さくらと娘はとっても仲良し、寝ている2人の手を握らせて上げました。←共通点は昼夜逆転、本人気付かず。


2012_0628画像0002


丸まった形で寝てくれるとベストですが・・・。


2012_0628画像0003


横向きの状態では息苦しい時もあるようです。←顔が埋まってしまうのです。



2012_0628画像0005


苦しくなると脚をバタバタさせてもがくので、頭の位置や高さは大事です。


2012_0628画像0004


療法食の「腎臓サポート」のウエットタイプのフードにトッピングする介護食です。


一缶198円で売っているショップで購入します。


コレさえあれば、さくらはモグタンモグタン食べてくれます。




2012_0626画像0004


以前蒔いたひまわりの種は発芽率が悪く、結局2株しか成長しませんでした。


今度は卵パックに種を蒔いてみました。


2012_0628画像0006


数日で発芽しました。


「種まきは卵パックで♪」・・・お勧めですね。←教えて下さったブログ友に感謝です。



2012_0628画像0007


ツバメさん、地味に卵を温めているようです。


リフォームした巣が深くて、いつも頭か尻尾の先しか見えていません。


いろんな事が日常の当たり前の事になって、毎日が淡々と流れて行きます。


今はそれでいいのかなと思っています。



















テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

犬小屋

2012_0625画像0001


今まで玄関前に置かれたさくらの犬小屋を移動しました。


2012_0625画像0002


一番最初にあった場所に戻しました。


2012_0625画像0004


さくらを飼い始めた時、この場所に放し飼いをしようと門を付けてもらいました。


2012_0625画像0003


これだけのスペースがあれば、ストレスも溜まらないかと思ったからです。


2012_0625画像0005


鎖を繋ぐ為のポールも付けてもらいました。


でも残念な事に、さくらが来た当時は人がいつも通る抜け道だったので、さくらが落ち着かなくて吠えてばかりいました。


ご近所迷惑になってしまったので、玄関前に移動しました。


今では隣の団地との境に緑のフェンスが作られ、人は通れなくなりましたが、時既に遅しですね。


本当は玄関前に鎖で繋がれる事のない、自由なワンコ生活を送る予定だったのに、さくらには可哀想な事をしました。


今では家の中で穏やかに暮らしています。



2012_0625画像0006








テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

ご近所


昨日の午前中の出来事です。


ご近所からガラスが割れる音がしました。


何だろう?と思って外へ出てみると、斜め向かいのお宅の玄関のガラスが割れています。


割れたガラスの間から中を覗くと、点々と赤い血の跡が・・・。


慌ててお隣のご主人を呼びに行きました。


私の声に気付いて、ご近所の方達が出て来てくれました。


皆で駆け付けたところ、奥さんが玄関で滑って転び、両腕を切った事が分かりました。


奥さんと仲がいいSさんが家の中に入り、私はご近所の方から言われるままに止血する為のタオルを家に取りに行ったり、割れたガラスを入れるダンボールを用意しました。


その間にうちの娘が携帯で救急車を呼び、近くに住むお子さん達も次々とやって来て、救急車に乗り込んで病院へと向かって行きました。


血が付いた玄関の掃除を皆で一緒にしながら、ご近所が仲がいい事を感謝しました。


近くの外科病院が当番医だったので、怪我をした奥さんは50針縫ったそうですが、貧血になる事もなく、後遺症も残らないとの事でした。


普段から元気印の奥さんですが、あっぱれ73歳と改めて思いました。


お嫁に行った娘さん達がご近所にお礼の挨拶に回っていましたが、つくづくご近所付き合いの大事さを痛感しました。


今日奥さんに会ったら、「○○さん(私の事です)は頼りないから、年配のSさんに家の中に上がってもらったよ」と言うので、「さすがお目が高い、その通りです」と笑って答えました。


いつも気管支拡張症で喀血や血痰が出る私ですが、血を見る側の立場になったら、怖くて動揺してしまいました。


後から姉や娘に「私達はいつも口から出る血を見るたびに怖くなるんだよ」と言われ、娘からは「デイサービスでは絶対に喀血してはダメだよ、おじいちゃんやおばあちゃんがビックリするからね」と念を押されました。


今まで身内以外の人の前では絶対に喀血しないようにと心掛けて来ましたが、この頃は「まっ、それも仕方がないかな」と思っていた矢先だったので、気が重くなってしまいました。


体調管理・・・この一言に尽きますね。













テーマ : 心のつぶやき
ジャンル : 心と身体

シャンプー

2012_0623画像0001


さくら、耳毛がゴソッと抜けてしまいました。


耳の先っぽが禿げて、皮膚が見えています。


ノミ?ダニ?換毛期?


いろんな原因が考えられますが、このところ蒸し暑い日が続き、ウエットティッシュで体を拭くだけのさくら・・・オシッコ臭くなって来ました。


5ヶ月振りにシャンプーをしました。


ベビーバスに泡立てたシャンプー剤の中に脚をつけ、優しく洗って上げました。


2012_0623画像0003


ドライヤーで乾かした後のさくらです。


何となく体が丸みを帯びて来た感じがします。


2012_0623画像0002


午後5時頃 寝ていたさくらを起こし、動物病院へ行って来ました。


耳毛が抜けた理由は、栄養が行き渡っていないからだそうです。



さくらを抱っこして遊歩道を歩いていると、「どうかしたんですか?」とさくらを見て声を掛けられます。


「老衰なんです」と答えると納得してくれます。


脚をダラ~ンと伸ばしたままで、首を支えるように抱っこされてるさくらを見ると、どこか病気なのか?と思うようです。


2012_0623画像0004


帰宅してご飯を食べたら寝てしまいました。



診察室を出る時、獣医さんが必ず「さくら、頑張るんだよ」と声を掛けてくれます。


今日は奥様も出て来てくれて、「さくらちゃん、頑張ってね」と励ましてくれました。


いろんな人に見守られて、老犬さくらは幸せワンコですね。
















テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

赤ちゃんみたい・・・

2012_0622画像0009


寝相が悪い赤ちゃんがいるみたいな生活です。


2012_0622画像0011


フワフワクッションを噛んで離しません。


2012_0622画像0004


時々 困ったちゃんになります。



老犬介護を長く続けていると、「大事にしているから生きている」のか、「さくらの生命力が強いから生きている」のか分からない時があります。


人間だと生きる事を諦めたり、今の自分の姿に嘆いて気落ちしたりして、心から枯れてしまいそうな状況になるかもしれません。


犬の場合はきっと無意識に生きているような気がします。


ご飯を食べさせてくれるからモグタンする、水を飲ませてくれるから飲んでみる、脚をバタバタさせるのはオシッコとウ○チが出るサインです。



さくらは点滴で命を繋いでいる訳でもなく、口から食べる物から栄養を摂っています。



何を上げても食べる事を止めてしまった時が、さくらからの「もういいよ」のメッセージだと思っています。



昨夜は1時間おきにさくらが目を醒まし、その都度抱っこしました。



今朝はまたまた「介護疲れ」に陥りそうでした。



それでも もう少し 頑張って生きていて欲しいと願う飼い主なのです。



前回の「ペットゴー」というブログの補足です。


犬のコミュニケーションサイト「ドッグゴー」


「ペットビジョン」というショップです。


良かったら覗いてみてくださいね。























テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

台風4号

昨日の台風4号、我が家は大きな被害もなく通り過ぎて行きましたが、夜9時半頃から夜中の3時半まで停電が続きました。


丁度 さくらを抱き抱えてオシッコをさせようとしていた時に、突然闇に包まれました。


それと同時にさくらが私の服の上でオシッコをしてしまい、マットも汚れてしまいました。


さくらを抱っこしたまま懐中電灯を探し、ランタンに電池を入れようと悪戦苦闘・・・咄嗟の時には動けないものですね。


停電している間、久し振りにラジオを聴きながら夜を過ごしました。


携帯に何度も届く防災メールには竜巻に注意!とあり、強い風が吹くたびにドキドキでした。





丈が伸び、ヒョロヒョロと成長していたミニトマトは、強風の為に鉢ごと倒れ、茎が折れて悲惨な状況になりました。


明日からまた台風5号がやって来るというので、ミニトマトは育たないかもしれません。


皇帝ダリアも見事に茎が折れましたが、強風には対処出来ないので仕方がないですね。



台風一過の今日は真夏のような暑さです。


夕方になって、さくらを連れて動物病院へフィラリアの薬を貰いに行って来ました。


体重は5,2キロ、食べるようになったとはいえ、少量なので体重増加には繋がる事はなさそうです。


聴診器を当て、目を診てくれた先生が、「穏やかだね」と声を掛けてくれました。





病院へ行く時、さくらを抱っこして遊歩道を通って行きます。


後ろ足がダラ~ンと伸びてしまい、すっかり痩せてしまったさくらを人目に晒す事は可哀想かなあと思う時もありますが、外の空気を吸わせる事は気分転換になるかもと勝手に思っています。





毎日の生活の中で、いろんな事を思い悩む事は多々あります。


もしかしたらさくらの事を考えている時間は、ほんの少しかもしれません。


28歳の娘の事は、いつも頭の中で考えてしまいます。


一年半続いている薬局のパートの仕事、やる事が多くて時間に追われる日々の中で、ストレスが溜まっています。


毎晩、帰宅する娘の愚痴を聞くのが当たり前になっていましたが、そろそろ限界に達していると感じている母親の私です。


真面目なので閉店作業の責任者を任されていたのですが、それがとても負担になってしまった為に外してもらい、夜の時間帯ではなくて日曜日だけは昼間のシフトに替えてもらったりしました。


それでも販促物を常に売ったり、買わなくてはならない事への不満や、ドリンク剤やサプリメントを飲まなければ体がもたないようで、微熱も続いています。


仕事を辞めたいと言うようになりました。


先月はストレスが溜まり過ぎたからと、病院で鼻と口にピアスを開けて来ました。


私はもうビックリです。


そんな娘が「さくらがいなくなったら生きて行けない」と泣くので、老犬さくらにはもっと頑張ってもらうしかないのです。


現実は厳しいものですね。






何だか小学生のような日記になってしまいました。


この頃 文章がまとまりません。


恥ずかしい限りです。






さくらのフードを通販で購入しています。


最近 送料無料の商品を取り扱っているショップを見つけました。


そこのショップで運営している「ドッグゴー」というブログです。


ブログ友のところで知った情報ですが、ポイントを貯めると商品購入時に使えるそうです。


リンクを貼っておきますので覗いてみて下さいね。


犬のコミュニケーションサイト「ドッグゴー」




































テーマ : ひとりごと
ジャンル : ライフ

腹八分目


ノートPCのバッテリーが熱いです。


心配なのでチャチャッと更新します。


2012_0619画像0002


さくらの首はこんなふうに曲がっています。


2012_0619画像0004


寝る時はなるべく向きを変えるようにしています。


2012_0619画像0003




2012_0619画像0005


いろんな味のパウチをメインに、さくらの食欲に合わせて食べさせています。


時々お腹の辺りから「ゴロゴロ」という音が聞こえて来ます。


お腹が空いている音なのか、吐く前のゴロゴロなのか、区別が付きません。


与える量がいつも目分量なのですが、お腹がいっぱいになると残します。


これがさくらの腹八分目の量なのかもしれません。





梅雨に入り、昨日は今年初めての冷房を入れました。


これからの季節は留守番させる時の温度調整が必要になります。


毎年 夏場はエアコンを掛けて出掛けるのですが、老犬は暑がりなのか寒がりなのか見当が付きません。


獣医さんが「夏を越すのが大変だねえ」と話していましたが、寝たきりワンコにとっては厳しい夏になるような気がします。


寝ているさくらにバスタオルを掛けたり、外したりしている飼い主です。










テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

復活

2012_0616画像0001


さくらの食欲が復活しました。


ホームセンターに行くと、いろんな味の商品があります。


こういうのを「パウチ」というのですね。


私はずっとレトルトと呼んでました。





栄養スープの中の無臭ニンニクが効いたのか、さくらはまた元気を取り戻しました。


今夜は一時間半ほど自治会の用事で留守番をさせました。


出掛ける時に寝ていたのでさくらに紙オムツを穿かせたのですが、帰って来た時はまだ寝ていました。


これからは留守番をさせる時、紙オムツをする練習をします。


明日も近くの神社の祭典に参加するので、さくらに紙オムツを穿かせてから出掛けるつもりです。



2012_0616画像0002


夜ご飯を食べた後、またカタツムリのように丸くなってしまいました。





さくらの体重は先日5,2キロに戻ってしまいましたが、その前は500グラム増えました。


獣医さんが「増えるという事は吸収力がアップした事なので良い事だよ」と言ってくれました。


老犬になると、どんなにご飯を食べても吸収力が下がる為に体重は減る一方ですが、さくらは食欲旺盛になった分だけ体重が増えました。


今回も美味しい鳥のささみを上げると、モグタンモグタン食べてくれます。


また体重が増えてくれるような気がします。



ただ胃腸が弱くて、前の病院ではガスターのような胃薬と吐き気止めの薬を毎月のように処方されて飲んでいました。


様子を見ながら少な目の量からスタートしています。


ウ○チが出辛いようなので、明日からは蜂蜜も混ぜて上げてみます。



2012_0616画像0004


フードを変える時は「少しずつ徐々に」が基本ですが、今回は焦っていたので「いきなりドカン」と与えてしまいました。


胃腸の負担は大丈夫かという不安は残っています。


心臓が強いと太鼓判を押されたさくらですが、ホントはもうシンドイのかもしれません。


飼い主の為に頑張っているのかもしれません。


そして飼い主もさくらの為に頑張って生きているのかもしれません。


ふとそんな事を思いました。


雨の夜の独り言です。




























テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

犬の気持ち

2012_0615画像0001


朝ご飯を食べた後のさくらです。


ちょっとドヤ顔に見えます。



2012_0614画像0003


昨日 前の日に注文した「栄養スープの素」が届きました。


粉末をお湯で溶かしてさくらに上げました。


シリンジで与えたのですが、ゴックンゴックン飲んでくれました。


魚のダシで作ったお吸い物のような匂いがします。(イワシ・昆布・カツオが原材料です。)


無臭ニンニクも入っています。


手作り食の為のショップですが、ネットで検索して見付けました。



2012_0614画像0005


ホームセンターで買うよりも安かったので、ネットで注文した介護食の缶詰です。


さくらは「ささみ」が入っていると食べてくれます。



2012_0614画像0010


さくらは歩けないので「寝たきりワンコ」に属するかもしれませんが、起きている時は「カタツムリ」のように丸まっています。


一番のお気に入りは抱っこです。






老犬さくらは今頃になって「世の中にはこんなに美味しい食べ物があるんだ」と気付いたのではないでしょうか・・・。


口を開けない→食欲不振→体力低下→もうダメと簡単に諦めないで良かったと思います。


さくら、またまた復活の兆しが見えて来ました。
























テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

味覚

2012_0614画像0001


昨夜は病院で貰って来たシリンジでドロドロご飯を食べさせようとしたのですが、ドロドロ過ぎてうまく行きませんでした。


さくらの鼻先にご飯の器を持って行っても、口を開けようとしません。


口を開けてくれないので、スプーンでの食事介助は断念、やっぱりスープ状の栄養補給しかないのかと思いました。



・・・が、今朝のご飯の時に気付きました。


今までトッピングとして使用していたレトルトのご飯、単品で口元に持って行きました。


モグタンモグタン食べてくれました。


量は少なかったのですが、今までのいろんな物が混ぜ込まれた食事よりも美味しかったようです。


食べ始めた勢いで、ドロドロご飯にも口を付けてくれました。


ほとんど残してしまいましたが、食に関する考え方が変わりました。


何でもいいからさくらが食べてくれるものを上げようと思います。


今まで療法食にこだわっていましたが、今日からはトッピングが主流になりそうです。



2012_0614画像0002


お腹がいっぱいになって寝ているさくらの瞳から、涙が2しずくこぼれました。


ご飯を食べられなくなっても点滴で命を繋ぐ事はしないと決めている飼い主です。


「たとえダメでも出来る事は何でも試してみます」と昨日獣医さんに話しました。


諦めないという気持ちは老犬介護には必要かもしれません。






テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

梅雨の晴れ間に・・・

2012_0613画像0003


水とミルクとスープのような液体しか口にしてくれないさくらの為に、動物病院でシリンジを貰って来ました。



今のさくらの状態(口角から差し込んで与えてる)を話したら、先端に細いゴムを付けてくれました。



飲み込む力と嗅覚までもが弱くなってしまったようで、ドロドロのご飯に食い付くのは奇跡と同じです。



少量の液体をぺチャぺチャ吸い込むように口にするさくらです。



2012_0612画像0001


それでも両脚をバタバタさせる行為だけは頻繁で、動きながらコロッと寝る向きを変える事もします。


寝たきりでもそれなりに元気に動くので、こんなに痩せても、食が細くなっても、さくらがいなくなるという事など想像出来ない飼い主です。



2012_0611画像0015


通販で注文した介護食が届かないので、ホームセンターで同じ物を買って来ました。



昨日の朝まではドロドロご飯にトッピングして上げるとそこだけ食べてくれましたが、昨日の夜は「鶏肉のスープ煮」のスープだけを飲みました。





2012_0611画像0010


2012_0611画像0011


尻尾の形は飼い主の自由自在に動きます。


丸めて上げると丸まり、伸ばして上げるとそのままに・・・。


(さくらの尻尾で遊んでしまいました。)




さくらが起きたので、お散歩がてら抱っこして病院へ連れて行きました。


前回 5.7キロだった体重は5.2キロに減ってしまいましたが、5月5日に測った時と同じです。


さくらに聴診器をあてた後、「心臓がすごく強いね、規則正しく動いているよ」とのこと。


多少の雑音は聴こえるけれど、不整脈は全くないそうです。


こんなに心臓が強い犬は珍しいそうです。


上手に栄養を摂る事が出来たら、いつもと同じ「現状維持」出来そうな気がします。




先日購入した療法食のCCDは、PHコントロールを食べている姉のワンコに上げました。


賞味期限が3ヵ月後なので、食べてくれると有り難いです。


人間で言えば「介護度」が上がったと判断して、食べる物を工夫してみます。


今 出来る事をいろいろ試しながら、やってみます。






















テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

ツバメ

2012_0611画像0003


日曜日から2羽のツバメが巣のリフォームを始めました。


またここで卵を産んでヒナを育てるようです。


今年はさくらの老犬介護で手が掛かるので、ツバメも遠慮して来ないのかと思っていました。


大きな青大将がヒナを狙って出没するのがちょっと怖いです。




2012_0611画像0007


今年は門扉のところからゴーヤの蔓を伸ばす事にしました。


2012_0611画像0006


去年失敗した緑のカーテン、今年はうまく行くでしょうか・・・。


2012_0612画像0002


今朝、ゴーヤの花が咲いているのを見つけました。



2012_0611画像0004


ミニトマトは雨が掛からない場所に移動しました。


丈が伸びて、先っぽの葉っぱは丸まっています。


ヒョロヒョロしてますね。



2012_0611画像0008


鉢に蒔いたひまわりの種、種の袋の中には8粒ほどしかなかったのですが、発芽率は25%でした。


土の深さに問題があったようです。


卵パックでやった方が発芽率はいいような気がします。



毎日 さくらを抱っこしながら、ゴーヤやトマトの生長を眺めるのが息抜きになっています。























テーマ : ひとりごと
ジャンル : ライフ

介護食

2012_0609画像0001


こちらの向きで寝るほうが落ち着くようですが・・・



2012_0609画像0003


時々 向きを変えるようにしています。


バタバタして上手にひっくり返って、お気に入りの向きに寝ている時もあります。



2012_0609画像0002


いつもお口をくちゃくちゃしています。



ふやかしたドライフードは全く口にせず、ミルクや鳥のささ身などのレトルトだけを食べるようになりました。


ぺチャぺチャと顎の部分まで汚しながら一生懸命飲み込む様を見ていると、食べる量は少なくても、まだまだ大丈夫なような気がします。


抱っこすると首が曲がってしまう状態は相変わらずですが、脚を元気良く動かす力は残っているさくらです。


ネットで介護食を検索したら、プリン状の缶詰が売っていたので注文しました。


いろんな介護用グッズを購入して、無駄になったら勿体無いと思ってしまうセコイ飼い主ですが、もしも不要になってしまったその時は、ペットの保護団体に寄付すればいいのだと気付きました。


同じように老犬の食事で悩んでいる飼い主さんが、いろんなドッグフードを購入し、食べなかったフードを寄付したという記事を読んだからです。


ココまで来るとさくらが確実に食べてくれそうなフードを探す余裕もなく、食べなくて体力が落ちてしまう前に、いろんなフードを試してみる事にしました。


苦しい時の神頼みのような心境です。


介護食の缶詰が届くまで、買い置きしてある美味しそうなレトルト食品を食べさせてみる事にします。


鎮静剤を飲ませると頭をグルグル回す仕草が多かったのは、前庭疾患の前触れだったのでしょうか・・・あれはめまいの症状だったのかもしれません。


老犬を介護していると、すべての症状が当たり前のようになってしまい、コレといった対処法も見当たらず、気持ちは複雑です。


食事に関しても食欲旺盛でホッとしたのも束の間、また食べてくれなくなったりと、行ったり来たりの繰り返しです。


きっと今のさくらはしんどくて切ないのかもしれません。


思うように体が動かなくて、一番情けなく思っているのはさくらなのかもしれません。



























テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

食の悩み 再び・・・


さくら、今日もご飯を食べようとしません。


口元にフードが入った器を持って行っても、口を開けようとしません。


以前にも同じような事がありました。



水は針なしの注射器で上げています。


お湯で溶いた子犬用のミルクも同じように上げてみました。


ゴックンゴックンと飲み込んでくれました。



飼い主がこのところ 「疲れた~」と溜息をつくようになったからでしょうか?


昨日もさくらを抱っこしながら、獣医さんちのワンコが16歳でポックリ行ったと人に話しながら、「介護させる事無くポックリ行くのも、飼い主孝行かもしれないね」と余計な一言を発してしまったからでしょうか?


さくらは「ウオ~ン」と吠えながら怒っているようでした。



ごめんね、さくら。



夜中に起こされて寝不足だとか、この頃息苦しいとか、筋肉痛になるとか愚痴っているけれど、まださくらがいなくなっても大丈夫という自信もなく、まだそばにいて欲しいと思う気持ちは変わりません。


またさくらが食べてくれそうなフード探しを始めます。



そろそろ介護食の方がいいような気もします。



今からネットで検索してみます。












テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

前庭疾患


今日 自治会のデイサービスが終わり、帰宅してから動物病院へ行って来ました。


さくらは寝ていたので、飼い主だけです。


獣医さんにご飯がまた食べられなくなった事と、首が曲がってしまった事を話しました。


首が曲がってしまうのは前庭疾患のワンコにはよくある事のようです。


マッサージやなるべく同じ向きに寝ないようにする事しか対処出来ないとの事です。



獣医さんのお宅は、犬を3匹飼っています。


病院を出たところで散歩をしている奥様に会ったのですが、16歳のワンコの姿がありません。


今朝 急に亡くなってしまったそうです。


高齢になっても脚が丈夫で、獣医さんと遠くまで散歩に行ってたワンコです。


心臓がバクバクしていると検査をしても悪いところは見当たらず、そのまま亡くなってしまったそうです。


介護される事もなく、コロッと亡くなってしまうワンコもいるのに、さくらのように長く寝たきり状態のまま生き長らえるワンコもいます。


これが寿命というものかもしれませんね。








テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

いつの間に・・・

さくら、今日も食欲不振は続き、夜になって薬局で「愛犬元気 13歳以上」のレトルトのようなフードを買って来ました。


今までの療法食にトッピングして与えると、味が変わったのが良かったのか、少量ですが食べてくれました。


一袋全部開けてしまったのですが、袋の裏を読んだら「少量ずつ混ぜる」と書いてありました。


老眼なので見落としてしまいました。



食事の後に毎回 ウエットシーツで歯を拭いていたのですが、今日口の中を見たら歯が抜けてしまった箇所がありました。


いつの間に抜けてしまったのか・・・気付きませんでした。


小さい頃からの歯のケアが出来ていなかったのは飼い主の責任です。


数年前に病院で歯垢を取ってもらった事があるのですが、とても高かったので一度でやめてしまいました。


抜けた歯はどこへ行ってしまったのでしょう・・・不思議ですね。



先週までは食欲旺盛でいっぱい食べていたので、食欲不振は歯のせいではないようですが、老犬にとってご飯が食べられないのは大きな問題です。


また原点に戻って、食べてくれそうな物を探してみる事にします。



さくらの首が曲がってしまい、ご飯を食べる時もそのまま食べようとするので飲み込みが上手に出来ません。


今までと違う向きに首が曲がっています。


これも原因のひとつかもしれません。



あんなにひどかった目やにが、通販で買った点眼治療薬「アイペット ヤマイチ」を差して上げたら、嘘のように目やにが出なくなりました。


耳もまた炎症を起こしているような匂いがします。


以前 耳が痒いのでは?と獣医さんに話したら「もういいにしよう」と言われた事があり、老犬の症状をどこまで問題視するか難しいところです。


抗生剤を飲ませるのではなく、耳を洗ってもらいたいと思うのですが、飼い主は耳を洗うのが苦手なのです。


上手に出来ないのです。



本当はさくらの体を細かくチェックすると、気になるところばかりなのですよ。


擦って毛が薄くなった脚の爪は、腫れた感じの肉球の上で反ってしまってはがれそうな感じがします。


2時間おきに出るオシッコ、以前なら尿検査をしてもらいましたが、今は出るだけいいかと思う事にしています。




明日は自治会のデイサービスの日です。


バスに乗って、大衆演劇の観賞に行く予定です。


徹夜状態のまま行く事になりそうですが、朝寝坊しないよう目覚ましを2個セットしました。


さくらが大人しくお留守番出来ますように・・・。





























テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

食欲不振

2012_0606画像0010


さくら、またご飯を食べなくなりました。


この頃 1日4回もご飯をしっかり食べて、体重もちょっとだけ増えて喜んでいたのですが、ドッグフードの味が変わった途端に食べなくなりました。


今日 いつものドライフードが届いて早速上げてみたのですが、お口を開けてくれません。



2012_0606画像0003


相変わらず体はフニャフニャ、寝る向きを変えるとグルッとひっくり返って元に戻ってしまいます。


今日は体調が悪いようです。


PHコントロールのサンプルがあったので、CCDの療法食が届く間のつなぎとして与えたのですが、PHコントロールを食べるとオシッコがいっぱい出ます。


オシッコの回数が多かったので疲れてしまったのかもしれません。




ふと気が付けば、飼い主も昨日から食欲がいつもよりありません。


月曜日に食べ過ぎたのが原因ですが、さくらと同じです。



2012_0606画像0002

ツンツンだったワンコ服にハンカチでフリルを作って縫い付けました。


お尻が隠れたでしょう♪








テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

味覚


今日は飼い主が内科のクリニックの受診日でした。


花粉症の時期も終ったのでアレルギーの薬もなくなり、去痰剤だけ処方してもらって帰って来ました。


月に一度の診察日は面倒ですが、外の空気を吸える貴重な時間なので、早起きして張り切って出掛けて行く飼い主です。





2012_0604画像0004


ペットシーツの大きさの比較みたいですが、スーパーワイドの上にレギュラーサイズを敷いて使っています。


さくらは寝ている時に前足をよく動かすので、ペットシーツに穴が開きます。


そこに脚を突っ込んで抜けない時があるので、ペットシーツを敷く位置は大事です。



いつものドライフードの療法食が終ってしまい、今のさくらなら何でも食べてくれるだろうと思っていましたが、味覚はしっかり残っているようです。


組み合わせを変えたらご飯を残すようになりました。


療法食は高いので、ウエットタイプの「腎臓サポート」にお手軽価格のドライフードを混ぜるつもりでしたが、浅はかな考えだったようです。


運良く楽天のペットショップで、半額以下の価格で売り出し中だったので注文しました。


賞味期限が3ヵ月後に迫っていますが、代引き手数料と送料を足しても半額以下のお買い得商品、明日届く予定です。


やっぱり「療法食」をやめる事が出来ない飼い主です。



もうさくらは部屋の中を歩けなくなったので、ぶつからない為のダンボール、床の滑り止め防止のマットを片付けました。


今まで必要だったものを使わなくなったからと片付ける時は寂しいものですね。



2012_0604画像0001


卵パックで発芽させたカスミソウ、少しずつ育っています。


2012_0604画像0003


ミニトマトも花が実に変りました。


2012_0604画像0002


ゼラニュームの花も咲き出しました。




皇帝ダリアの枝が伸び始めたのですが、太い茎のところにびっしりとカメムシのような黒い虫が付いています。←縦列でくっ付いています。


この虫達は昨年、朝顔の緑のカーテンのネットに気持ち悪いほどびっしり張り付き、ネットごと捨ててしまいました。


殺虫剤のスプレーを撒くとポロポロ落ちて行きますが、数日後にはまた別の枝にびっしり張り付いています。


ネットで検索したら対処方法が載っていたので、お天気がいい日に試してみます。





























テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

ペットシーツ

2012_0603画像0002


この体勢で寝てくれるとベストなのですが・・・。



2012_0603画像0004


かたつむりのように丸くなってしまうさくらです。



2012_0603画像0006


さくらが一番ホッとする時間・・・それは飼い主の足にもたれかかって過ごす時間です。



2012_0603画像0007


甘えん坊度100%です。




この頃 ペットシーツの大きさについて考えます。


今まで通り、スーパーワイドの上にワイドサイズのペットシーツを敷くという使い方をしていますが、オシッコをする範囲が狭くなりました。←表現力がなくてすみません。


中型犬だからワイドサイズと思っていましたが、体が小さくなった今はレギュラーサイズでもいいような気がして来ました。


さくらは1日に何度もオシッコをします。


若かった頃は散歩の時だけオシッコをしていましたが、今では寝て起きるとオシッコをします。


オシッコがしたくなって目が覚めるという感じです。


オシッコが近いのです。


その為に1日に何枚ものペットシーツを使います。


ワイドシーツの時には汚した箇所だけハサミで切り、残りをまた使います。


試しにレギュラーサイズのペットシーツを使ってみる事にしました。





老犬介護につきものの「魔の3時」を毎晩味わっています。


夜中の3時頃から明け方の5時頃まで「ワオ~ン」と鳴いてなかなか寝てくれません。


またまた睡眠不足に陥っている飼い主です。


評議委員の活動で、朝7時からと夜7時からのどちらかに参加する行事があり、夜7時からの活動を選びました。


数時間しか眠れないのならと、布団を敷かずに長座布団の上で寝るようになりました。


これでは昼寝の延長のようですね。





今年はツバメがやって来たのに、子育てをする事もなくいなくなってしまいました。


ツバメの巣からヤモリが出入りしています。



























テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

体重と食欲

今日 動物病院へ行って、さくらの体重を計ってもらったら5.7キロに増えていました。


鎮静剤を飲んで眠りこけてから、さくらは食欲旺盛になりました。


1日4回の食事、食べたら寝るというパターンが続いています。


ちょっと前までは抱っこして病院へ行く事も可能でしたが、今日は重く感じられ、久し振りにお散歩カートに乗せて行きました。


介助する時も体重が増えた事を実感していました。



2012_0601画像0002


脚をバタバタさせる事が多いので、後ろ足で前足を擦ってしまい、包帯を巻いて対処しています。


それを見た獣医さんが、くっ付く包帯をプレゼントしてくれました。


2012_0601画像0001


可愛いですねえ♪


鎮静剤は2分の1錠では効果がなかった事を話したら、1錠上げても大丈夫かもしれないとの事で、必要に応じて飲ませる事にしました。


思いがけず体重が増えて来て動きも活発になりましたが、歩けるようになった訳ではありません。


重くなると介助した時に腕が痛くなるし、抱っこしていると胸が苦しくなって来ます。


それでも元気が出て来たせいか、とってもよくお話しするようになりました。


適当に相槌を打っていますが、起きている時間も長くなり、膝の上に乗せて飼い主がご飯を食べたり、パソコンを打ったりする時もあります。


まるで「晩酌する親父が孫を膝に乗せている」ような状態だと思いながら、さくらとの時間を楽しんでいます。














テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

プロフィール

Author:さくらかあちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード