スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体調不良

体調が悪いのはさくらではなく、飼い主の方です。


先日の日曜日の早朝、息苦しくて咳き込んだら赤黒い痰が出て来ました。


またいつもの血痰です。


一気に気持ちがブルーになりました。


息苦しくてしばらく座り込んで動けなくなりました。



痰の色が鮮血ではなかったので、もしかしたらずっと以前から出ていたのかもしれません。


それでも喀血ではなく、血痰で治まりそうなので、止血剤を飲んで様子を見る事にしました。


普段通りに過ごしていますが、ご近所の方と立ち話をしている間にも咳き込みゴロゴロして来ます。


痰を出すとまた血痰です。


昨日の月曜日には喀痰検査に出してもらおうと、県立総合病院まで行って来ました。


前回 持参した痰を検査に出す前に捨てられてしまったので、今回は受付の方にしっかりお願いしました。


止血剤の点滴を打つほどの量ではないので、診察もせずに帰って来ました。



火曜日の今日になっても血痰は続いています。


バタバタ動くとゴロゴロして来るので、なるべく大人しくしていますが、さくらを抱っこするたびに時々息が詰まります。


数日前から左の胸が痛かったので、突発的に起こった訳ではないような気もします。


のぼせのように体が温まると気管支が拡張するので、咳が出そうになると冷たい麦茶を飲み、24時間冷房の中で過ごしています。


血痰や喀血するたびに、まるで時間が止まったように心が止まってしまいます。


「ダメなものはダメ」といつもの言葉が浮かんで来ます。


さくらの事を思う時「頑張らなければ!」と思うのに、心のどこかで「もう疲れたなあ」と思ってしまいます。


外から見たら、どこが悪いのか分からないほど元気ですが、暑さを感じるだけで気管支が拡張してしまうなんて、節電の世の中にはふさわしくない飼い主ですね。


ホントに情けないお話です。














スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

ツバメの旅立ち


今朝 「おはよう♪」と挨拶した時には、いつものように4羽のヒナが顔を出していました。


しばらくして空を見上げると、沢山のツバメが旋回しながら飛び立って行きました。


2012_0728画像0008


空っぽになったツバメの巣、来年も会えたらいいね♪


2012_0728画像0009


2012_0728画像0007


さくらも頑張ろうね。


2012_0728画像0003

何となく太ったような気がします。


2012_0728画像0004


気のせいかな・・・。


2012_0728画像0005


初めてのゴーヤです。


20㎝から30cmの大きさになるそうですが、我が家のゴーヤは12cmほどのミニサイズでした。


4本収穫出来たので、ご近所にお裾分けしました。


さすが沖縄原産のゴーヤ、暑さに強いですね。





テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

食事

2012_0723画像0007

さくらの食事です。


相変わらず療法食から離れる事が出来ない飼い主です。


2012_0723画像0001


冷蔵庫から取り出し・・・


2012_0723画像0002

適当にブレンドし、電子レンジで20秒チンします。


2012_0723画像0003

プラスティックの器に入れ替えたら・・・


2012_0723画像0004

サプリメントをすりこ木で潰して混ぜます。


2012_0723画像0005

何となくもう一味欲しいと思った時は、これを水で溶いて加えます。


2012_0723画像0006

水を置いて完成です。


ドライフードを器に入れて、「はいっ、食べていいよ」と言ってた頃が懐かしいです。


2012_0723画像0011

ツバメのヒナ達も成長しました。


2012_0723画像0008

野良猫にしてはぽっちゃりしたニャンコも現われ・・・「ツバメのヒナを食べないでね」と言ったら逃げて行きました。


2012_0723画像0009

さくらは元気です♪




テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

首輪

2012_0722画像0001


先日買って来た赤い首輪をつけてあげました。


迷子札も付けようと思ったのですが、中身は去年の狂犬病予防接種の鑑札です。


付けるのをやめました。


手書きで住所と名前を書いた紙を入れる事にします。



2012_0722画像0002


タンクトップのワンコ服を着て、脚をバタバタさせるたびに脇の辺りが赤く擦れます。


その箇所の毛も抜けて来たので脱がせました。



体重が減ったとはいえ、やっぱり中型犬は小型犬にはなれません。


抱っこ紐の中に入れてみたけど、窮屈な空間にさくらの体を収める事は難しそうです。


体重と体格は比例しないのは、オバサン体型になった飼い主と似ています。←「一緒にしないで!」とさくらの声が聴こえるようです。


どんなに痩せても「マメ柴」にはなれないさくらです。









テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

吠える声


梅雨明けしたのに涼しい日が2日ほど続きました。


気温も26度、昨日は思い切って「霧バルサン」を決行しました。


霧バルサンを仕掛けてから、仕事が休みだった娘に頼んで、紙オムツを付けたさくらを連れて一時間以上時間を潰す事にしました。


車が苦手なさくらは、車の中でずっと吠え続けていました。


帰宅後に窓を開けて、掃除をしてからではないと入室出来ない事を考えて、この日は1階のリビングと和室のみにしました。


さくらのノミ・ダニ対策になった気がして、ちょっと気が楽になりました。



2012_0721画像0001


毎晩 ツバメのフンが落ちる場所に新聞紙を敷き、交換しています。


昨夜はこんな訪問者を見付けました。


多分セミだと思います。



2012_0721画像0004


さくら、昼夜問わずよく吠えるようになりました。


夜中も吠えるのですが、鎮静剤を使うとさくらがすぐに逝ってしまうとの事で、薬は使わない事にしました。


抱き上げて飼い主が抱っこすると泣き止みます。


今日 動物病院にサプリメントを貰いに行ったついでに話してみたら、ぬいぐるみを抱かせてみたら・・・とアドバイスしてくれました。


2012_0721画像0005

小さい方がいいのかも・・・。


2012_0721画像0006

周りに置いた方がいいかな・・・。


2012_0721画像0007

いろいろ試した結果、小さな枕にしました。



さくらの口元の皮が剥けたような皮膚は、よだれでいつも濡れている為に起きたものなので、乾燥させればいいとの事でした。


枕代わりにしているバスタオルの上にペットシーツを敷いて対処しています。




さくらが頑張って生き続けてくれる事には、きっと意味があると思っています。


まだ飼い主の気持ちの中で「覚悟」が出来ていない事。


今いなくなったら、抜け殻になってしまいそうな気がします。



明日は自治会館の掃除の日、朝7時半までに行って準備をします。


2度寝すると起きられないので、シャキっと起きる事にします。























テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

口内炎?

2012_0718画像0010


今朝のさくらは食欲なし、県立病院の診察日だった飼い主は、朝早くから吠えるさくらの声に後ろ髪を引かれながら出掛けて行きました。


一晩中付けたままのエアコンで体調が悪くなったのか、扇風機の風に当たり過ぎたのが悪かったのか・・・いろいろ考えてしまいました。



2012_0718画像0009


夕方 さくらの口元の皮が剥けている箇所を見つけました。


口内炎というのでしょうか・・・。


ここが痛くてご飯が食べられなくなったのかもしれません。


薄めたイソジンをコットンに含ませて消毒していますが、枕代わりのバスタオルに鼻先を擦り付けるので完治するには時間が掛かりそうです。


体中に栄養が行き渡らなくなってしまったのか、あちこちが弱くなっているような気がします。


ニンニクが入った栄養スープと、さくらが大好きなパウチ食品をトッピングしたら少しだけ食べてくれました。


いつもよりも食べる量は少ないですが、水だけは飲んでくれるのが無理強いはやめておきます。




切なそうだったり、苦しそうな表情をして寝ているさくらを見ていると、どこまで頑張らせればいいのか悩む時があります。


今夜は肩で息をしている感じです。


犬としての日常とは違い、介助なしではご飯を食べる事も、水を飲む事も出来ません。


首が曲がっているので、寝る時の体勢を整えるまでが大変だったりします。


時折 心が折れそうになる夏の夜です。


















テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

セミの抜け殻とフィラリア

2012_0717画像0002


今年の夏 初めて咲いたアサガオです。


2012_0717画像0001


ミョウガの葉っぱにセミの抜け殻を見付けました。


すぐ上には脱皮したばかりのセミがいました。


2012_0717画像0005


夕方 これから羽化しようとしているセミが歩いていました。


羽化は夜にするそうなので、明日の朝には抜け殻が落ちているかもしれません。


梅雨明けと同時に花も虫達も「夏本番」に突入ですね。




いつからか意味もなく「ウオ~ン、ウオ~ン」と大きな声で吠えるようになったさくら、抱っこして外に連れ出すと大人しくなります。


散歩のついでにフィラリアの薬を貰いに病院へ行って来ました。


待合室のベンチに座っていると、診察室から先生が出て来て「フィラリアの薬はもういいにしようか?」と話し出しました。


フィラリアの症状が出るのは翌年の事、さくらはもういいんじゃないかと・・・。


フィラリアの薬の卒業の時期は難しく、飼い主さんが落胆してしまう時もあるそうですが、私は「そういう事なのか」と納得しました。


この頃 ご飯を沢山食べてくれるので体重を計ってもらったら5,35kg・・・ちょっとだけ増えました。


帰宅後 玄関の外に蚊取り線香を置きました。


部屋の中にはべープマット、さくらが蚊に刺されませんように・・・。


さくらが吠え続けるのは、意識混濁と痴呆症が原因だそうです。


頑張って生きているさくらですが、あと一年も生き続けるという奇跡は起きないかもしれません。


フィラリアの薬は貰わずに帰って来ました。




















テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

抱っこ紐

2012_0715画像0002


兄夫婦がペットショップで「スリング」を見付けて、「さくらを抱っこするのに丁度いいのではないか?」と勧めてくれました。


お盆なので実家へお線香を上げに行った帰りに、それが売っているペットショップまで連れて行ってくれました。


体重は6キロまで・・・今のさくらなら大丈夫そうです。



2012_0715画像0003


小型犬用の首輪も買って来ました。


今まで使っていた首輪が緩くなって外したままでいたのですが、迷子札を付けたかったので購入しました。


明日から家の中でさくらを入れて練習してみます。







テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

ツバメのヒナ


先日の日曜日は自治会館のお掃除の立会いがあった日、朝7時半までに行きました。


そして今日の金曜日は、自治会のデイサービスの日です。


さくらが明け方近くまで起きているとはいえ、自治会の用事がある日は遅刻しないように早起きをします。


終って帰って来ると、緊張感が抜けてドッと疲れが出ます。


少しでもさくらが夜中に寝てくれるようにと鎮静剤を2分の1錠与えてみたのですが、あまり効果はなく、首の斜頚がより一層ひどくなったような気がします。


毎日やっている事なのに、時々介護の方法が「これでいいのか?」と自信がなくなる時があります。


さくらのご飯も、きちんとグラム数を計って与える飼い主ではないので、すべてが目分量です。


トッピングも特にこれと決めた訳ではなく、最近食べてくれた物をチョイスして、適当にブレンドして上げています。


こんないい加減な飼い主でも、さくらはモグタンモグタン食べてくれるので助かっています。



2012_0713画像0002


ツバメのヒナが4羽いる事を確認しました。


お腹が空いているのか、親鳥が餌を運んでくるたびにチュンチュン賑やかです。



2012_0713画像0003


ゴーヤが10センチほどの大きさになりました。


20センチになったら収穫します。←これも適当です。


2012_0713画像0004


ゴーヤの葉っぱが可愛く思える今日この頃です。



















テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

お散歩

2012_0709画像0001


さくらを介助する為に、膝を付いて立たせたりしている内に膝が痛くなって来た飼い主です。


椅子の生活ではなく、食事の時も正座して食べるという日常生活です。


先週 整形外科でレントゲンを撮った結果、ヒアルロン酸を注射するレベルではなく、湿布をすれば良くなるとの事でした。


さくらを抱っこして散歩にも行っていますが、なかなか痛みが取れません。



散歩中に久し振りに会う飼い主さん達もいて、いろんな情報を教えてくれます。


いつもご夫婦一緒に柴犬の散歩をしていたお宅の奥様が、認知症になって徘徊が始まってしまった事。


飼われている老犬の柴犬が逃げ出して近くの川に落ちた時も、パトカー2台と消防車が駆け付ける大騒ぎになったのに、ご主人は奥様の徘徊に付き合って犬がいなくなった事に気付かなかった事。


川から無事に救助された柴犬はその後また迷子になり、見付かってからは鳴き声が聞こえなくなったそうです。


飼い犬が長生きする時代になり、飼い主さんも同じように老いて行ってしまう・・・私はさくらがいなくなった後、もう2度とペットは飼わないと決めています。



2012_0709画像0002


さくらは我が家にとって、最初で最後のペットになると思います。



2012_0709画像0003


そんな思いを知っているのか、さくらは頑張って生き続けています。


飼い主に抱っこされたさくらを見て、「いい顔をしているね」と声を掛けて貰える事が、老犬介護生活の励みになっています。

















テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

眼瞼内反症

2012_0706画像0002


昨日の夕方、さくらの右目が開かなくなりました。


急いで動物病院に連れて行きました。


診断の結果、「眼瞼内反症」との事でした。


高齢になって目が窪み、ドライアイも原因して起こる病気だそうです。


もっと以前から症状が現われていたはずで、かなり痛みを伴うものだそうです。


獣医さんが睫毛を切ってくれて、ステロイドを含めた2種類の目薬を処方してくれました。


痛み止めは様子を見てからとの事で、なるべく使いたくないと言ってました。


帰宅後 しばらくしてから目が開き始め、また閉じてしまいました。


目薬を3~4時間おきに差し、今朝病院で診てもらったら良くなっているというので安心しました。



2012_0705画像0001


ツバメの巣の下に落ちていた割れた卵の殻・・・一歩前進したようです。


その内、可愛い雛の鳴き声がするかも。


2012_0705画像0002


台風4号の強風で葉っぱが折れてしまったミニトマト、わき芽を差して増やす事にしました。


2012_0705画像0003


とっても小さなゴーヤを見付けました。


ミニミニゴーヤ、これから大きくなるのを期待します。


2012_0705画像0006


我が家の紫陽花は紫色です。





さくらの食欲が落ちると、何か食べてくれるのはないかと探します。


ドライフードをお湯でふやかしたり、ウエットタイプのフードや介護食も試してみます。


さくらの目やにがひどくなったり、目が開かなくなっただけで病院へ行って診てもらいます。


高齢になって起こる症状を「年を取ったから」と思いながらも、対処法を模索します。


そのどれもが実家の母にも起こった症状でした。


母の食欲が落ちた時、もっと料理を柔らかいものに工夫した方がいいとか、食べてくれそうな物を探すとか考える事はあっても実践しませんでした。


母の目が目やにで開かなかったりした時も、目を拭いたりした事はあっても、眼科に連れて行こうとはしませんでした。


そのどれもが「年を取ったから仕方がない」とか、「動かないからお腹が空かない」と食事の回数を減らしたり、誰もが当たり前の事として通り過ぎて行きました。


人間の言葉が話せないさくらは、脚をバタバタさせたり吠える事で気持ちを伝えようとします。


よく「人間以上に面倒を看てもらっている幸せな犬」とご近所の方達から言われますが、こういう事なのだとやっと理解出来ました。


今 さくらの右目がぱっちり開きました。






















テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

2012_0703画像0004


さくらの指です。


老いが顕著に現れているような気がします。


さくらの老いの姿をブログに載せるのは控えた方がいいのかなと思い惑う事もあります。


若くて元気だった頃のさくらとはかけ離れた姿・・・一緒にいると見慣れてしまって、老いのスピードに気付かなかったりします。


2012_0703画像0007


いつも交差しているのが自然の脚・・・。


2012_0703画像0011


ホントはすごく痩せているのに、ワンコ服を着せる事でカバーしています。


抱き上げるたびに「ボキボキ」と音がすると、どこか折れてしまったのかと焦ります。


2012_0703画像0013


飼い主が好きな髭が生えている部分です。


撫で撫でしてしまいます。


ご飯の回数を一日4回に増やしたのに、相変わらず骨っぽいさくらの体です。


大きな声で吠えたり、脚をバタバタさせたり、「まだ生きているよ」とのアピールは忘れません。




余談ですが、娘が仕事に行くのも嫌になるほど「レジ恐怖症」に陥ってしまいました。


薬局でパートとして働いているのですが、今やスーパー化した職場では食品を担当しています。


レジ業務に追われて、荷出しや発注が追いつかず、客層も悪い為にイヤイヤモードが限界に達してしまいました。


節電対策で店の中はモアッとした暑さで、売り場のチョコレートは溶け、お味噌は蓋が膨張しています。


「暑過ぎる」とお客様からのクレームも増える中で、走り回って仕事をこなす日々の中で、眩暈が起きるようになった娘です。


もう辞めようと決心した娘ですが、お決まりの母親への八つ当たりが続いています。


夜中に寝かせてもらえない←ずっと店の愚痴を言い続けています。


昼寝をすると怒る←娘がいる時は寝不足でも眠る事さえ出来ません。


退職するまであと1ヶ月間はこんな状態が続くような気がします。


さくらは夜中にず~っと吠え続け、娘も横で吠えまくっています。


他愛無い家庭内の出来事ですが、ここでちょっとだけ吐き出してスッキリさせて下さい。


現実は厳しいですね。


テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

大きな声で・・・


さくら、夜中の2時頃から明け方の5時近くまで、大きな声でず~っと吠えていました。


久し振りの遠吠えに「参りました」の飼い主です。


ウエットタイプの食事量が少なくて、お腹が空いて眠れないのかもと気付いてご飯を上げました。


首が曲がってしまったので、寝る時の頭の位置が定まらず、何度も何度も寝かし直します。


吠えながら脚をバタバタさせる仕草は止まる事もなく、これでエネルギーを消耗して、疲れて寝てくれないかと思いながらもその気配さえなく、吠えればお腹が空くだけのようです。


体調は問題なさそうなので、今日はフロントラインプラスを滴下しました。


一病息災のさくら、心臓が強いので歩けなくても生き続けています。


ただ生きているだけのように見えるさくらにも、生きてる意味があるのだと思いながら介護を続けています。


かつて心が強いと心療内科の先生に太鼓判を押された私は、時に死にたいと思う事があっても決して死にません。


心が強過ぎて欝になる事もないのですが、その時に先生に言われた言葉がありました。


「死ぬのは簡単です。すぐに死ねます。だから寿命が来るまで生きるのです」


心の中にストンと落ちて納得した私です。















テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

プロフィール

Author:さくらかあちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。