中秋の名月

2012_0929画像0007


台風の影響で今夜の予報は暴風雨、美しい満月を眺める事は出来そうもないので、昨夜撮った画像です。


せっかちさんの満月です。



ここ数日間のさくらは特に変化なし、ただ飼い主の体調が下降線を辿っています。


胸が痛くて、また痰に血が混じるようになりました。


1日に何度もぐずるさくらを抱っこするので、両腕は腱鞘炎のように痛くなり、湿布しています。


それでも具合が悪くても普通に動けるから不思議、金曜日のデイサービスに参加した時も、「とても体調が良さそうですね」と声を掛けられるほどです。


悪いのは呼吸器なので脚は大丈夫。


フットワークは軽いのです。


「やめられない、止まらない」のカッパえびせんのCMのように、万歩計は連日1万歩を超えるようになりました。


疲れを感じても横になるとゴロゴロするので昼寝も出来ず、夜は座椅子を使って寝ています。


ある意味、病気との付き合い方がうまくなった証拠だと、自分を褒めて上げたいほどです。


またまた止血剤を飲み始めました。



昨日の午前中、久し振りに息子から連絡がありました。


働いているショップのオーナーにトラブルが起き、息子がショップの経営を一時任されているとの事、今月はお給料をもらえそうもないので助けて欲しいとの内容でした。


先月もお給料を落としてしまったと連絡があり、急いで生活費を振り込みました。


困った時にお金を振込むだけの親にはなりたくないと、急遽電車に飛び乗り、駅近くにある息子のショップに行くつもりで家を出ました。


駅のホームから「今から行ってもいいかなあ・・・」と電話をしたら、「バイトの子がいるから来ないでくれ」との返事。


「エッ、じゃあお金だけ振り込めって事?」と思わず口にしてしまいました。


「そういう訳じゃないけど・・・」と言う息子の言葉に、そのまま電車に乗らずに駅のホームから出て来ました。


家に戻る途中の銀行のATMでお金を振り込み、息子に「助けて上げるのも限界だよ」と正直に伝えました。


表面上は自立しているように見えますが、内情はお給料が安いのと、ショップの高い商品を買うので、いつも生活が逼迫しているようです。


私は息子からのS・O・Sに応える度に「家庭内のオレオレ詐欺」と呟いています。


転職を勧める私に、店が大変な時にそれも出来ないようで、ただ信じて見守るしかないのかと歯がゆくなります。


こんな頼りない母親に助けを求める息子の心情は切ないものがあると思うし、私も1日も早く働かなければ!と焦りを覚えます。


老犬さくらにはこんな揺れる思いの中で生活する飼い主を持って、本当に申し訳ないと思っています。




さあ、気を取り直して、近くの和菓子屋さんで「お月見団子」を買って来ることにします。


雨が降る前に動きます。


























テーマ : 心のつぶやき
ジャンル : 心と身体

情けない話


昨日の夜、自治会主催の「AED講習会」へ参加しました。


ダミーを使っての説明と実践でした。


折角の機会なので、倒れている人が意識があるかどうかの確認や、周りの方達に協力を求めるところからやってみました。


AEDの使用法は音声にしたがって行なうのですが、電気ショックの合間や救急車が到着するまでの「胸骨圧迫」がなかなか大変でした。


腕を伸ばしてリズミカルに2分間(30回)、押している部位が5センチ沈む程度の力が必要です。


その行為を間髪入れずに交代で繰り返すそうですが、実際にやってみるとかなりしんどいです。


AEDのパットを当てる前に、胸毛が生えている方の場合は剃刀で剃る事や、濡れていたらタオルで拭き取るなど、注意点はいろいろありました。


何より強い力で胸骨圧迫をするので肋骨が折れてしまうのだそうです。


逆に言えば肋骨が折れるほどの力が必要ということになります。




今朝の私、肩はパンパン、左腕は筋肉痛、横になるのも辛くて痛み止めのバファリンを飲んでしまいました。


咄嗟の時の人命救助は私には無理かも・・・とちょっと情けなくなりました。


そして、昨日初めて知った心臓の位置。


左胸に心臓があると思い込んでいたのですが、実は胸の真ん中にあるそうです。


従って胸骨圧迫は胸の真ん中を押すのだそうです。


私、数年前から時々、この箇所が締め付けられたように「キュ~ン」と痛くなる時があります。


苦しくてうずくまってしまう事もあります。


以前 クリニックの先生に話したら、「過呼吸じゃないですか・・・」と大して問題にもされず、その痛みもすぐに治まってしまうので放置してあります。


何より そこは心臓ではないと思っていたので、胃から来る痛みだと思っていました。


お馬鹿な私にまたひとつ知識が増えましたが、人を助けるのも「健康じゃないと無理」というのを悟りました。


恥ずかしながら、自分の事で精一杯なのかもしれません。


情けない話ですね。









テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

昼夜逆転ワンコ

2012_0926画像0005


今日のさくら、お昼頃から4時間寝ています。


夜中に必ず吠えて、寝かし付けるのに時間が掛かる生活が続いています。


いつからか完全に「昼夜逆転ワンコ」になりました。


昼寝が長いと、「今夜も夜中にフィーバーするのかなあ・・・」とちょっと気が重くなる飼い主です。


獣医さんに「毎晩夜中に起きるんですけど・・・」と話しても、「仕方がないね」の一言で終わりです。


やるっきゃない!と覚悟しているつもりでも、時々体が「ダル重(だるくて重い)」になります。


昨日から万歩計を着けているのですが、就寝前に数字を確認すると一万歩超えていました。


さくらを抱っこして家の前をウロウロしたり、1日に何度も洗濯機を回して、2階のベランダに干しに行く事も運動になっているのかもしれませんね。


2012_0926画像0001


葉っぱがスカスカで、グリーンカーテンの役目を果たさなかったゴーヤ、この蔓をいつ片付けようか迷っています。


2012_0926画像0002


よく見ると、まだゴーヤの実がなっています。


まだ暖かい日が続いているので、もう少し様子を見る事にします。


2012_0926画像0003


さくらの犬小屋の上に、マユミの木が丁度いい形で伸びています。


犬小屋の日除け代わりになるようにと植えたマユミの木、今頃になって理想の枝ぶりになって来ました。


外にいるだけで蚊に刺される今日この頃、さくらをこの小屋に入れる事はもう出来ません。













テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット

秋の空

2012_0923画像0003


昨日の日曜日は涼しい1日でした。


空に浮かぶ雲が美しくて、思わず写真を撮りました。


2012_0923画像0004


お月様も見えます。


2012_0923画像0005


夕暮れが近付くと、雲もほんのり赤く染まっていました。


2012_0923画像0008



さくらは獣医さんから「心臓が弱っている」と言われましたが、それは今までにも何度も言われて来た事・・・むらがあるそうです。


そして、ここ数日のさくらは変化なし。


それなりに元気です。


食事も少量ながらほとんど完食、5~6時間おきにお腹が空いたと吠える時があります。


ウンPもコロコロですが、1日に何度も肛門の辺りに下がって来て、飼い主が優しく揉みながら排便を手伝います。


PHコントロールの療法食を続けているせいか、水もよく飲み、オシッコもちゃんと出ています。


ぐずって寝ない時は抱っこして外の空気を吸いに家の前をウロウロしたり、この頃は玄関の前に椅子を置き、さくらを抱っこして座ることにしています。


さくらの寿命は神のみぞ知るという事ですね。


とことん付き合う事にします。










テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

心もちょっと疲れ気味~~その2


本日 2回目の日記です。


とりとめのない話です。


先日の県立病院の診察日の日、待合室で以前勤めていたデイサービスのナースに偶然会いました。


ご主人の付き添いだったのですが、パワーストーンが大好きな彼女・・・しばし会話が弾みました。


私が会社を辞める少し前から、彼女は占いをしてくれるパワーストーンのお店でブレスレットを作るようになっていました。


今では会社のヘルパーさん達もそこのお店で作ってもらっているとの事でした。


私もあちこちのパワーストーンのお店で石を購入しているので、そこのお店を紹介してもらいました。


数日後にそのお店を娘と一緒に訪ねました。


8月に仕事を辞めてから、なかなか次の仕事が見付からないで悩んでいた娘・・・無料で姓名判断をしてくれる事になりました。


結果、名前の画数が最悪で、今まで新聞に載ってた事件の被害者の画数とかを並べ立て、娘も同じだと言われました。


不運にも事故に遭って亡くなった芸能人の娘さんの名前、クマ牧場でクマに襲われて亡くなった方達の名前など・・・長続きしなかった企業の社名も説明してくれました。


その足りない画数を増やして、災難を遠ざけるには印鑑を作ればいいと言うのです。


実印と銀行印です。


そう、そのお店のオーナーは「印相」をみてくれるのです。


そして娘の腕にはめられた3個のパワーストーンのブレスレット(母親の私が作りました)を見て、「画数が悪いのにいくつも付けても無駄よ」と言い放ったのです。


そして印鑑を作るのは母親の役目だと・・・。


「今は仕事をしていないのでお金がなくて作れません」と答えて帰って来ました。


帰宅後、「画数が悪いので、どんな仕事についても、百倍努力してもうまく行かない」と言われた娘は、すっかり落ち込んでしまいました。


近所の人に話したら、「それは印鑑商法だよ、気にする事はないよ」と言ってくれました。


私が前の会社の人達にプレゼントしたパワーストーン、それに使われている石はいいのだからとリフォームしてもらったとナースから聞いていたので、「どんな方が作っているのかしら」と会いに行った私でした。


帰り際に、「このお店は付き合っていた人が別れる時に持たせてくれたお店、600万円掛かったけれど自分が買ったのはエアコンだけよ」と自慢げに話していました。


そして「悩んでいる人がいたら、このお店を紹介して」と付け加えました。


絶対に紹介しない!と心に決めて帰って来た私です。












テーマ : ひとりごと
ジャンル : ライフ

ちょっと疲れ気味の日々~~その1

2012_0921画像0002


コスモスの花苗を植えました。


先週の木曜日、サプリメントを買いに行くついでに、久し振りにさくらを病院へ連れて行きました。


もう自力では体を起こす体勢を保てないさくらには、お散歩カートのスペースが狭く感じます。


いつものようにさくらに聴診器をあてた先生が、「心臓が弱くなっているから、もう病院へ連れて来なくてもいいよ。変わった事があった時だけ連れて来ればいい」との事。


こうして病院へ連れて来るだけでも、さくらにとっては大変な事だそうです。


抱っこする時も首の下を支えると息が苦しいので、固い顎の下を支えるようにと教えてもらいました。


いつからか首が下がってしまうようになったさくら、寝る時の首の向きや口や鼻を置く位置はとても難しいものになりました。


枕代わりに使っているバスタオルの高さは何度も替えてしまいます。


さくらの呼吸が苦しくないようにと考えながら、いい位置が見付からなくて悩んでしまう事もしばしば・・・。


それに「抱っこの仕方」が加わり、ココに来て「アレッ?」と分からなくなっている飼い主です。


2012_0921画像0005


この向きで寝てくれると呼吸は安定するのですが・・・。


2012_0921画像0003


すぐに気付いて、体の向きを変えようと必死にもがくさくら・・・。


2012_0921画像0004


さくらと飼い主2人で、呼吸し易い頭の置き方を模索しています。



先週は自治会の敬老会の為に評議委員として出る用事が増え、グッタリコンの飼い主でした。


何が疲れるかって・・・夜は3時間ごと吠えるさくらに付き合いながら、夜中にご飯を上げたり水を上げたりと小刻みに寝る生活が続き、寝不足のまま朝早くから出掛ける日々が続き、お疲れモード全開になっていました。


先月から新しく変わった抗生剤の副作用が出始めたり、夜中に咳き込む日々が続いたりと、飼い主の体調も下降線を辿っていました。


それでもお彼岸の時に弱音を吐くと、黄泉の国で暮らす人達がさくらを連れて行ってしまいそうで、「まだまだ大丈夫だよ~」と気持ちを奮い立たせています。


今日は雨の日曜日、7時半から自治会館の掃除の立会いに行って来ました。


頭はボンヤリ、思考能力低下中の今日この頃ですが、雨の音を聴きながらのんびり過ごします。
















テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

ひまわりの花

2012_0914画像0001


種から育てたひまわりの花が、一輪だけ咲きました。


さくらに見せたくて植えたひまわりの花、元気に毎日を過ごしているさくらを抱っこして、花に顔を近づけて見せて上げました。


季節ごとに咲く花を、老犬さくらと一緒に眺める事が楽しみのひとつになっています。


春爛漫の桜、梅雨時に咲く紫陽花、暑い夏の日差しを浴びて咲くひまわり・・・次は秋のコスモスを見るのが目標です。





先日 読んだ本の中に、「看取りを考える事が今を生きる糧に」という言葉がありました。


そして、それを考える事は決して不謹慎な事ではないと・・・。


私も今のさくらが「現状維持」である事、これからもこの老犬介護生活が続くであろうと確信出来るから考える事が出来るのだと思います。


その時にパニックにならないように、心落ち着けて看取りが出来るように・・・。














テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

ダンボール


朝早く 宅急便のお兄さんが、大きなダンボールを抱えてやって来ました。


2012_0911画像0002


WAONカードキャンペーンに応募して当たりました。


2012_0911画像0001


中身はWAONグッズ15点セットです。


2012_0911画像0003



メインはこの大きな抱き枕、後はティッシュの箱やサランラップ、お皿やシール等が入っていました。



2012_0911画像0004


さくらの身長とほぼ同じです。


2012_0911画像0005


顔はさくらの方が小顔です。


中身を出した大きなダンボールを眺めている内、ある事に気付きました。


老犬介護が始まった時から、周りから大きなダンボールを用意しておくように言われました。


さくらが虹の橋を渡った時に、火葬場まで運ぶ為のダンボールです。


今までホームセンターへ行ったり、スーパーの不要のダンボールを探してみましたが、丁度いい大きさの箱を見付ける事が出来ませんでした。


不謹慎ですが、本日届いたこの箱の大きさがピッタリなのです。


大事に保管する事にしました。



さくらはちょっと前までは、オシッコでペットシーツが濡れると吠えて教えてくれました。


でも、この頃は濡れたまま寝ています。


ウンPを出す時も力まなくなりました。


時々 寝ながらお口をモグタンモグタンするので、シーツ代わりにしているバスタオルやペットシーツを咥え、それが歯に挟まって抜けなくなっている時があります。


今日も抜けなくなって吐きそうになっているさくらに気付き、抱き起こしてお腹を擦ってあげました。


これが留守の時に起きたらどうなるんだろうと不安になります。


明日は県立病院の診察日です。


出来る事なら、虹の橋を渡る時は、この飼い主の腕に抱かれて旅立って欲しいと願っています。















テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

鈴虫

2012_0909画像0002


「いらないよ」と言ったのに、兄夫婦から鈴虫を頂きました(笑)。


夜中から翌日のお昼頃まで、「り~ん、り~ん」と鳴きます。


階段の下に置いてあるのですが、かなり大きな声で鳴くので、リビングにも聴こえて来ます。


「鈴虫の飼い方」をネットで調べたら、ダニが発生したり、カビが付いたり、土の交換も必要とかで結構手が掛かります。


さくらの世話で手一杯なので、長生きさせる自信はありません。←ごめんね。


それでも毎日キャベツなどの餌を差し入れしています。


外に逃がして上げようと思ったのですが、鈴虫は弱い子なので、外の世界では生きて行けないそうです。


我が家に来てから3日目、一応生きています。



2012_0909画像0001


さくらはご飯を食べると寝て、目を醒ますと排泄をして、時々甘えて抱っこをせがみ、安定した状態の日が続いています。


歩かなくなった肉球が乾燥して皮膚が固くなっていたので、蜜のような肉球用のクリームを付けて揉んで上げたら、少しずつ綺麗になって来ました。


老犬を介護している今の状況は、「赤ちゃんがいるような生活」です。


耳は聴こえなくなっているはずなのに、飼い主が出かける日は分かるようで、玄関の鍵をカチャ!っと掛けた瞬間に「ウオ~ン」と大きな声で泣くそうです・。←(娘談)


娘にはその声が「ママ~、ママ~」と読んでいるように聴こえるそうです。


ホントに甘えん坊になりました。




2012_0909画像0004


チェリーセージの蜜を吸う蝶です。


日中は残暑が厳しいですが、朝晩は涼しい風が吹くようになりました。


老犬さくらが猛暑を乗り越える事が出来た事に感謝です。















テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

いい時と悪い時

2012_0906画像0001


さくらの脚の先の毛が生えて来ました。


こんな小さな変化でも嬉しく感じます。



先週 サプリメントとフレーク状のドッグフードを買いに病院へ行きました。


いつものようにさくらに聴診器を当ててくれて一言・・・「いい時と悪い時の波があるね」。


この日は悪い時だったようです。


「今日は呼吸が苦しいそうだなあ・・・」と思う日もあれば、「今日は調子が良さそうだね」と思う日もあります。


ワンワン吠えて泣き止まない時は「抱っこ」です。


甘えん坊になってしまったさくらは抱っこが大好き!


でも気を付けないと抱っこされたままオシッコをするので、着替える事になってしまいます。



最近は食事の回数が増えたので、夜中も「お腹が空いたよ~」と吠えます。


相変わらず 飼い主は睡眠不足の毎日です。


この頃は数時間だけ寝て夜明け間近に起きてしまう生活にも慣れましたが、自分の外出が続いたりすると、「疲れたなあ・・・」と身も心もクタクタに思える日があります。


昨日がその日でした。



さくらが虹の橋を渡ったら、すぐにでも仕事を探すつもりです。


先日のクリニックの診察では、先生がはっきりと仰いました。


「あなたの肺は一生綺麗になる事はありません。


血痰も出るのが当たり前、止まる事はありません。


それを受け入れる事です。


そして働けない理由は何もないです。」と・・・。


すべて自分で分かっている事なので、これ以上良くなろうとか、血痰や喀血しない生活を望む事は無駄だと思っています。


さくらのお陰で、規則正しい生活を送っています。


ふと気が付けば、自治会の活動も楽しみの一つになって来ました。


こうして立ち止まっているように思われる日も、この先のどこかへ繋がっている日なのかもしれません。


人生 無駄な事は何もないのかもしれません。


















テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

食事の量

2012_0903画像0002


1回に食べる食事の量が少ないので、6~8時間置き位に回数を増やして食べさせています。


その日によって食べる時間が定まっていないので、「そろそろお腹が空いた頃かなあ・・・」と思った時に上げています。


いろんな物を目分量でブレンドして作るので、さくらは娘が作った食事には口を開かず、飼い主の私が作った食事しか食べてくれません。


何となく体付きが大きくなったような気がしませんか?


両脚の指先にも白い毛が生えて来ました。


2012_0903画像0001


時々は寝る向きを変えるようにしています。


2012_0903画像0004


痩せて骨っぽくなってしまいました。


この場所の床ずれ防止は難しいです。


2012_0903画像0003


今日のさくらは何度も吠えて、その度に外へ連れ出しました。


抱っこされると安心するのか、そのまま布団に下ろすと寝てくれます。


きっと「あそこが痛い」とか、「体がだるい」とかあると思うのですが、言葉が話せないさくらは文句ひとつ言いません。


人間は余計な一言を発して親子喧嘩をしてしまう時もあるのですが、さくらは「ホントにどうしようもない人達だなあ」と呆れていると思います。


明日は飼い主のクリニックの診察日です。


留守の間、さくらが寝ていてくれる事を祈ります。





テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

真夏日

2012_0901画像0003


相変わらず 風もなく暑い日々が続いています。


さくらを抱っこして家の外へ出る時は、タオルで頭を覆ってあげます。



2012_0901画像0008


元気だった頃のワンコ服はぶかぶかになってしまったので、手縫いでリフォームして着せています。


2012_0901画像0009


昨日 アマゾンで注文していた本が届きました。


この本を読んで、さくらの介護を続ける事に安堵感のようなものを抱く事が出来ました。


老犬の介護はお金をかける事よりも、一緒に時間を過ごす事の方が貴重だという言葉に救われた気がしました。


介護は今までペットからもらった幸せな時間の恩返しだそうです。


とても幸せな時間だと心を切り替えてみれば、「介護させてくれてありがとう」と言えるような素晴らしい日々が待っているのです。


介護を頑張り過ぎて体調を崩してしまっては、ペットの介護なのか、自分の介護なのか分からなくなってしまう。


そんな無理はペットも求めていないので、疲労で倒れないよう、心労で心が折れないよう自己管理をすることなど、介護する飼い主さんの気持ちを察しているような文章が並んでいました。


そして老犬介護はいつか必ず終わりが来るという事・・・いつまで続くんだろうと思っていた自分が恥ずかしくなりました。


これからはさくらと一緒に過ごせる日々を感謝しながら過ごして行きます。



2012_0829画像0006


数日前に物干し竿で羽根を休めていたハトを見つけました。


2012_0829画像0005


しばらくしたら飛び立って行きましたが、連日の暑さに負けずに生き抜いて欲しいものです。


朝早くから起きているので、午前中がとっても長く感じる飼い主の私です。












テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

プロフィール

Author:さくらかあちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード