希望の星


暑くもなく、寒くもない過ごしやすい季節、爽やかな朝を迎えています。


夜11時半頃からうたた寝をして、ふと気付いたのが夜中の3時半・・・これまた2階のベッドの上でうたた寝をしている娘に声を掛け、私はそのまま起きてしまいました。


この頃4時間ほど熟睡出来たらそれでいいと思うような年齢になって来たようです。



さくらは抱っこしている状態だと呼吸が楽ですが、寝ている時はどことなく苦しそうな息遣いで体が波打っている感じです。


食事の量はモグタンモグタンを5~6回繰り返しただけで「ご馳走様」、食べるという行為も大変そうです。


水を飲む反応も鈍くなって来ました。


これからは誤嚥に気を付けなければと思っています。



ご近所の80歳ぐらいのご主人が、今食道癌で入院しています。


娘さん曰く、「さくらが頑張っているんだからオレも頑張らなくては!」といつも言っているそうです。


「さくらちゃんはご近所の高齢者の人達の希望の星ですよ」と言ってくれました。



さくらも〇〇さんちのご主人が無事に退院するまで虹の橋を渡ってはダメですよ。


小さくなってしまったさくらを見て「よく生きているねえ」とご近所の方達が声を掛けてくれます。


「介護が上手なのねえ」と褒めてくれたりもします。


人間の介護は決して上手ではなかった私なので、ワンコの介護でも褒めてもらうと嬉しいです。



さくらは生きてるだけで花丸なんだね。


抱っこしてたら、さくらにオシッコを掛けられました。


洗濯機フル回転の老犬介護の毎日が続いています。
















テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

記憶

2012_1024画像0001


さくらの食事の量が日ごとに減って行く。


少しずつ飲み込む力が弱くなっている。


流動食のように口角からシリンジで流し入れても食べてくれない。


スプーンでの食事も口を開けてくれない。


フレーク状のフードをドッグビットのクランブルに変更・・・味が変わったのが分かったのか、2口でご馳走様をしていたのが倍に増えた。


4時間おきに食べさせているけど、さくらから「お腹が空いたよ~」というアピールはない。


でもワンワンと吠える声は大きくて、抱っこが好きなところは相変わらずのさくら・・・季節が秋から冬に変わるように、こうして当たり前のように老いが進んで行ってしまうんだと思う。


今朝は朝まで一睡も出来なかった、久し振りの徹夜・・・自治会のデイサービスの日、目を閉じると寝てしまいそうで、そのまま起きてしまった。


このところ落ち込みが激しい娘から目を離せなくて、沈む心を一晩掛けて引き上げ、明け方にやっと眠りに着いた娘を確認してコーヒーを飲んだ。


物言わぬペットが飼い主の家庭の中を熟知しているとしたら、約16年近くの記憶を手繰り寄せ、たまに繰り広げられる親子のバトルに「また始まった」と呆れているに違いない。


人は自分が生きて来た道が「間違っていたかもしれない」と気付いた時、後悔の気持ちに包まれて、自分の存在さえも否定してしまうのだと思う。


自分の好きなように生きて来たはずの娘は、いつも自分を肯定していた。


そうしないと「生きる事が辛くなる」と分かっていたからだ。


思うようにならない今が、過ぎ去った日の自分の生き様に繋がっていると思った時、やり直しが出来ない現実を思い知ってたじろいでいるのだと思う。


それは母親の私が恐れていた「現実と向き合う日」がやって来たという事だった。


老犬さくらを介護する為にある決意を思い留まってくれたとしたら、やっぱりさくらの力は絶大だと思う。


さくらがいてくれて良かった。


心からそう思えた一日がやっと終ろうとしている。






テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

時間


涼しいせいか、今朝のさくらは朝寝坊です。


この頃 肩で息をしているような切なそうな呼吸をしている時が多く、「寝ている方が楽だよ」と言われそうな気がします。


食事量は減る一方なので、回数を増やして少しずつ上げています。


いつか元気になって、一緒に散歩が出来る介護なら気持ちもアップするのですが、そうではないのが辛いです。


今は「さくらと一緒に過ごす日々」を大事にする時間、いなくなって初めてその存在の大きさにたじろぐのかもしれません。


「これだけ看たらペットロスにはならないね」


「介護が大変だから、もう2度とペットは飼わないと決めました」


そんな会話を交わしていますが、長く一緒にいた分、言葉に出来ない喪失感を感じる事でしょう・・・。


11月になったら、さくらは16歳になります。




テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

久し振りの雨

午後から雨が降って来ました。


久し振りの雨模様です。


さくらの体調は変わらず、現状維持の毎日が続いています。



先日 そのまま放置しておいた狂犬病の予防注射を受けるようにと、再度通知が届きました。


動物指導センターへ電話して、老犬で寝たきりの為に、獣医さんと相談して予防接種をしない事に決めた事を伝えました。


来年の3月20日以降に、再度連絡する事になりました。



10月に入り、自治会のお日待ちの手伝い等で出掛ける日が続いています。


月末にはまた地区のお祭りの手伝いで週末が潰れます。


カレンダーに書き込んだ日を数えると、自治会の用事はたったの9日間ですが、朝から夕方までと掛かる日もあり、結構しんどい時もあります。


それでも行くとそれなりに楽しくて張り切ってしまうので、評議委員をやる事になって良かったのかもしれません。



2012_1004画像0005


さくらのお散歩の為に購入した「お散歩カート」、座位の姿勢が保てる内は良かったのですが、今は狭くて使えなくなりました。


2012_1004画像0003


寝たまま乗せるには無理ですね。


通院にも使えなくなりました。


救急で連れて行く時は抱っこで行く事にします。



今 一番介護で大変なのは、首の位置が定まらない事です。


首が曲がってしまったので、鼻が布団に当たってしまい、呼吸がうまく出来なくてフガフガ言ってる時があります。


バスタオルの枕の高さを調節したり、時には枕なしで寝かせてみたり、留守番させる時には位置が決まらずに焦る時が多いです。


老犬介護は実際にやってみないと分からない事がいっぱいですね。





















テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

リフレッシュ

秋晴れが続いた連休、兄や姉に誘われて、土曜日の夜は3時間カラオケに行って来ました。


久し振りのお出掛けで、歌を歌う事よりもしばし老犬介護から解放された、何とも言えない気持ちに包まれた飼い主です。


翌日の日曜日は河口湖町で働く甥っ子の職場へと、皆で行って来ました。


その間、さくらの面倒は娘が看てくれました。


8月中旬から求職活動をしている娘、何度も面接を受けるのですがなかなか決まりません。


気分転換に時々友達と出掛けては夜中に帰って来ます。


いつもは留守にすると怒るのですが、少しは後ろめたい気持ちもあるようで今回は気持ち良く行かせてくれました。



2012_1007画像0001


目的地に行く途中に立ち寄った「ミルクランド」の観音様です。


兄夫婦は愛犬を一緒に連れて来たので、芝生の上で思い切り走らせていました。


空気が綺麗で、思い切り深呼吸をして来ました。


今月は残りの週末が自治会の用事で潰れてしまうので、今回のお出掛けはとてもリフレッシュ出来ました。



さくらはご飯をいっぱい食べて、力が出て来たのか、とてもよく吠えて活動的です。


歩けないのが勿体無いくらいです。


その日によって、昼間ず~っと啼いて抱っこしてあやす日もあれば、夜中にぐずって寝てくれない日もあります。


さくらの呼ぶ声が耳にこびり付き、溜息ばかり出てしまう時もあり、何度も持ち上げて介助や抱っこをするので、腕は腱鞘炎のように痛みが走り、眠くて堪らないのに夜中にご飯を上げなければならない時もあります。


さくらの介護の事で娘とプチ喧嘩をしてしまう事もあります。


「こんな状態で長生きして大したもんだ」とよく言われますが、偉いのは飼い主ではなくてさくらが頑張っているからです。


飼い主は愚痴をこぼして気持ちを切り替え、さくらに付き添っています。















食欲復活!

2012_1004画像0001


介護食の缶詰が美味しいのか、飼い主の手首の湿布の匂いが消えたのが原因なのか分かりませんが、またモグタンモグタン食べるようになりました。


食事は1日3回、8時間おきに食べさせています。


朝の8時、夕方の4時、寝る前の12時が基本ですが、夜中は4時頃まで吠えてぐずる日が続いています。



今朝、6時頃から早起きして吠えまくっていたさくらです。


7時過ぎにさくらを抱っこして玄関のドアを開けて「ギョッ!」です。


何と 玄関ドア前に蜘蛛の巣が張っていて、ドアを開けた瞬間、目の前に蜘蛛が飛び込んで来ました。


さくらを抱っこしたまま近くにあった傘で蜘蛛の巣を取り払っていたら、蜘蛛がさくらの体にくっ付いてしまいました。


蜘蛛もパニックを起こしたようで、黄色い液体を出してさくらから離れようとしません。


蜘蛛の糸は張り付くし、さくらのお散歩バッグを振り回し、やっと蜘蛛が下に落ちました。


黄色い縞模様があったので、多分女郎蜘蛛・・・朝から格闘してドッと疲れが出ました。


さくらを抱っこしていなかったら、蜘蛛の糸は飼い主の顔面に張り付いたはずです。


代わりに受け止めてくれたさくらに感謝です。


外に出たら、駐車場にも蜘蛛の巣・・・。


大きな蜘蛛を見掛ける事もあり、見るたびにぞっとします。



今日も暑くなりそうです。










テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

オクラの花

2012_1002画像0003


先日の台風が通り過ぎた後、オクラの花の向きが変わりました。


写真を撮りやすくなりました。


まだまだ元気なオクラです。



2012_1002画像0006


ここ数日間は食がまた細くなり、ご飯を残す量が増えました。


具合が悪いのかなあ・・・と心配しましたが、何となく原因は飼い主の手首に巻かれた湿布薬の匂いが嫌だったのかもしれません。


今日 ふとそんな事を思ってみました。


さくらにはまだ嗅覚が残っているはずなので、湿布薬を取ってからご飯を上げたら、少量ですが食べてくれました。


2012_1002画像0005


体重がこれ以上減らないように、以前美味しそうに食べてくれた缶詰の介護食をネット注文しました。


体重を増やす事よりも、大事なのは現状維持。


10月は自治会の用事が多いので、さくらを留守番させる機会が多くなります。


さくら、頑張ろうね。





テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

プロフィール

Author:さくらかあちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード