吐き気


昨日はいつもよりもご飯を多めに食べて、絶好調だったさくら。


夜になって吐きそうになりました。


お腹はゴロゴロ、気持ち悪くて「グワ~!」と口からは今にも食べた物や胃液が出て来そうな感じです。


でも、思うように吐く事が出来ない状態が一時間ほど続きました。


抱っこしてお腹を擦ったり、「吐いていいよ」と声を掛けるのですが、切なそうな顔をして目からは涙がポロリ・・・。


思い起こせばさくらはよく吐くワンコでした。


消化吸収が悪くなっている今、無理に食べさせてはいけないと反省しました。



2012_1128画像0003


「さくら、大丈夫ですか?」


2012_1128画像0004


「どうにか・・・」



今朝は以前と同じように少なめにご飯を上げて、誤嚥しないように注意しながら少しずつ水を上げました。


動物病院へ行き、さくらの容態を話して、胃薬のシロップを処方してもらいました。


食前の30分前、空腹時に飲ませるお薬です。



2012_1128画像0002


来年のカレンダーも貰って来ました。←ヤッター!



昨日は100円ショップでもカレンダーを購入して来ました。


2012_1128画像0001


さくらの手足が冷たいので、湯たんぽの上に乗せたりするのですが、獣医さんから低温やけどに気を付ける様にとアドバイスをもらいました。


老犬は毛が薄いので、要注意ですね。


その事を忘れていました。


老犬介護は奥が深いです。






テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

食べる日と食べない日


我が家のさくらおばあちゃん、昨日は一日3回もご飯を食べてくれたのに、今日は朝から「食べたいよ~」の合図がありません。


ウ〇チが溜まっているのかな?と思って搾り出したら、少しだけ出血しました。


肛門から出血する事は以前にもあったので、塗り薬をつけて様子を見る事にしました。


今日の食事には蜂蜜を少し多めに入れる事にします。



飼い主は相変わらず咳と痰が抜けず、朝から夜中まで咳き込んで痰が喉の所に詰まっている状態が続いています。


正直 息苦しくてちょっとしんどいですが、こんな状態も当たり前になってしまった持病なので、熱がない為に病院へ行っても相手にされないような気がしてジッと我慢の毎日です。


マスクが手放せなくなりました。


外出する時も、家にいる時も、寝る時もマスクをしています。


外すのは食事をする時ぐらい・・・咳エチケットは守っています。



今日は雨、午後から娘の買い物に付き合います。


さくらが寝ている時間に行くので、出掛ける時間はさくら次第です。



日々思う事は多々ありますが、今しなければならない事だけはして、考えても仕方がない事は成り行きに任せて、淡々と過ごす事にします。












テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

待つ

2012_1122画像0001


寒くなって来たので、さくらの服をホームセンターで買って来ました。


写真を撮ると痩せこけているのが分かり、とても切なくなります。



今日は朝からご飯を食べる合図がなくて、フードが入った器を口元に持って行っても、口を開けてくれませんでした。


雨が降って寒かったのでエアコンを入れ、さくらが食べたくなるまでジッと待ちました。


夕方の5時頃になって口をくちゃくちゃし出したので、すかさずご飯を出したらモグタンモグタン食べてくれました。


飼い主の頭の中では「食べない→命の灯が消えてしまう」という構図が出来上がっています。


寝たきりだと体温調節がうまく行かないような気がして、震えていないだろうか?


どこか苦しいところや痛いところはないだろうか?


時にチェックしてしまいます。


2012_1122画像0002


ワンコ服のフードを被せたり・・・


2012_1122画像0003


脱がせてみたり・・・





もう生きていてくれるだけでいい。


抱き起こして 抱き締めて その温もりを確かめて・・・



今夜 寝る前にもう少し食べて欲しいと思いながら 今日も一日が終ろうとしています。















テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

介護食

2012_1121画像0003


薬局やホームセンターでさくらが食べてくれそうなフードを探しては買って来ます。


嗅覚がまだ残っているようなので、ささみ味のフードがさくらはお気に入りです。


数日前までオシッコの回数が極端に減って来たので、慢性腎炎の療法食を加えるようにしました。


味が変わると食べてくれるので、いろんな種類のフードをトッピングとして混ぜ合わせます。


クマのプーさんのように蜂蜜も与えています。


フードをドロドロになるまで潰すと食べてくれる事も分かって来ました。


フードが入ったお皿を縦にして、さくらが口を開けた瞬間にパクッと食べてもらうタイミングも覚えました。


口をくちゃくちゃしている時が「お腹が空いたよ~」という合図、音にも敏感になりました。


今日は3回食事をしてくれました。


食欲が出て来たような気がします。


2012_1121画像0002


反対側に寝かせると、「元に戻してよ~」と頭を起こします。


前足や後ろ足もよく動かすし、さくらはまだまだ生きてくれそうな気がします。


頭や鼻の上を撫でて上げると、優しい顔をして微笑んでくれます。


夜中や明け方に「さくら 生きているかなあ?」と確認するのが習慣になりました。


苦手だったワンコ服を着替えさせるのも、素早く出来るようになった飼い主です。


さくらと飼い主の阿吽の呼吸みたいなものが、老犬介護を支えています。








テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

紙オムツ

2012_1120画像0004


抱っこで外に行く時は紙オムツを使うようになりました。


今頃になって紙オムツの便利さに気付きました。


毎日恒例だったオシッコされた後の飼い主の着替えがなくなり、洗濯の回数も減りました。



2012_1120画像0005


時々 頭の向きを変えて寝かせています。


食事の量は相変わらず少なめですが、1日2回は必ず食べてくれます。


フードの組み合わせが飼い主のさじ加減で混ぜているので、飼い主以外はさくらの食事の世話が出来ません。


食べるタイミングも飼い主しか分かりません。


ドライフードを器に入れて、「良し!」という合図で食べていた頃が懐かしく思い出されます。


ほんの少しのフードで命を繋いでいるさくら、体の中に蓄えた栄養という貯金が無くなった時、虹の橋を渡って行くのでしょうか・・・。



2012_1120画像0001


日向ぼっこをしているようなカマキリ


2012_1120画像0003


季節外れの霧島つつじの花




小さな奇跡を積み重ね、別れの時はもう少し先にと祈りながら介護を続けています。























テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

静かな時間


さくらの手足が冷たいので、湯たんぽを入れるようになりました。


レンジで温めて使う湯たんぽなので、その上にさくらの手足を乗せて上げると少しはぬくぬくするようです。


今日は冷たい雨も降り、エアコンを冷房から暖房に切り替えました。


ホットカーペットも出しました。


あの暑い夏を乗り越えたさくらが、今度はこの寒い冬を乗り越えて生き続ける事が出来るのか、定かではありません。


口先の皮膚の皮が薄くなり、擦れて出血していたり、何があっても仕方がないと受け入れる事が出来るようになりました。


イソジンで消毒しています。


抱っこして外に連れ出すと、必ずオシッコをして飼い主の服を濡らしてしまうので、今日は紙オムツをしてから外の空気を吸う為に抱っこしました。


結果、うまく紙オムツの中でオシッコをしてくれたので、着替える事無く済みました。


ご飯も一日2回、寝たまま口をモグモグさせている時に抱き起こし、口元に器を持って行くと食べてくれます。


きっと美味しい物を食べている夢でも見ているのかもしれませんね。


その時を見逃してしまうと、なかなか食べてくれません。


食べる量もほんの僅かですが、食べてくれると「今日も一日生きていてくれる」とホッとするのです。


栄養状態は悪いようで、耳毛が抜けてしまい、薄くなった皮膚から血管が浮き出し、耳のふちは血の塊がかさぶたのようになってしまいました。


すべてが老化から来ている症状なので、病院へ行く事もありません。


どんなに頑張っても、寿命が少しだけ延びるだけの事ではないか・・・と悲しくなるのですが、それでもさくらの温もりを感じていたくて介護を続けています。


飼い主の風邪は峠を越えましたが、咳と痰が残ってしまい、喉がいがらっぽくなってくると咳き込み、痰がガバッと出て来ます。


マスクが手放せなくなりました。

















テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

生命力

2012_1112画像0001


さくら、頑張って生きています。


2012_1112画像0003


ご飯も気が向いた時に少量ですが食べてくれます。


さくらの生命力に感謝です。



飼い主は先週の木曜日辺りから風邪を引いてしまい、喉の痛みと咳で眠れない夜を過ごしました。


まだ微熱は続いていますが、今日は喉の痛みも和らぎ、痰の絡んだ咳が残る程度に回復して来ました。



2012_1112画像0008


初めてサンキャッチャーを作りました。


欧米では太陽の光が当たると、幸せと虹を運んで来てくれると言われているそうです。







テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

刺激


さくら、少しずつですがご飯を食べてくれました。


昨日は食べてくれた物が今日はもう食べてくれなかったりするのですが、いろんなウエットタイプのフードを買って来たのでお試しで上げています。


食べる量は本当に少ないのですが、モグタンモグタンと口を大きく開けて食べてくれるようになりました。



そのままにしておくとスヤスヤ眠ったままになってしまいそうで、吠えたら抱っこして外へ連れ出し、目が開いている時はお水やご飯を上げるようにしています。


「寝ている方が一番楽だよ」とさくらは思っているのかもしれませんが、ご飯も食べずに寝てばかりいたら体力は衰えるばかりです。


さくらは「もう深い眠りにつきたいよ」「もういいよ」と言っているのかもしれませんが、飼い主はしつこく抱き起こして刺激を与えています。


触ると冷たかったさくらの手足も、マッサージをすると温かくなって来ました。


一日一日が大切なさくらとの日々が続いています。






テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

お腹がキュルキュル


ニンニクスープを飲んで食欲が出て来たのか、さくらのお腹がキュルキュル鳴っている事に気付きました。


お腹が空いたまま虹の橋を渡らせる訳にはいかないと、また「さくらが食べてくれそうな物」を探しています。


一口でも二口でもいい・・・食べてる内は大丈夫。


ぺディグリーのウエットフード(11歳から用)を上げたら、スープだけ飲んでくれました。


同じ物を時間を置いて上げると、もう口を開けてくれません。


今朝はビタワンのふんわりムース介護食(15歳以上)を上げたら、3分の1ほど食べてくれました。


咀嚼する力も弱くなって来たので、ムース状の介護食ならどうにか食べてくれそうな気がします。


どうしても諦め切れない飼い主は、ホームセンターで介護食に近いペットフードを探して購入しています。


抱っこしながら花を眺めていると、さくらがオシッコをしてくれます。


飼い主の服は濡れてしまいますが、オシッコをしてくれただけでホッとします。






先日 ある新聞の片隅に「介護される人は もっと生きたいと介護する人に言えない」という言葉がありました。


さくらの今に置き換えたら切なくなりました。


もっと生きていいんだよ。


もっと面倒を掛けてもいいんだよ。


16年間 飼い主と一緒に生きて来たさくら、それは連れ合いだった人よりも長く共に暮らす事が出来た時間です。


私はさくらに恩返しが出来ているかなあ?



































テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

16歳の誕生日

2012_1031画像0002


さくら、本日16歳の誕生日を迎えました。


血統書がないので本当の誕生日は分かりませんが、初めて行った動物病院の先生が、この日を誕生日に決めてくれました。


日増しにご飯を食べる事や、水を飲む事さえ大変になって来たさくら、昨日はさくらと一緒に病院へ行って来ました。


聴診器を当てた後、「衰弱しているね」と一言・・・もう注射も薬もしない方がいい。


ご飯も無理矢理食べさせない方がいいそうです。



いつかこういう日が来ると分かっていても、獣医さんの話を聞きながら涙が溢れて来ました。


もう何もする事がない無念さ、ただ息絶える日を待つだけの日々・・・。


散歩道だった遊歩道、さくらを抱っこしたまま泣きながら帰って来ました。



2012_1031画像0001


それでも今のさくらには、痛いとか辛いとかの症状はない事だけが救いでした。


一口でもご飯を食べて欲しいと思う気持ちは変わらず、夜中に介護食をほんの少し食べてくれました。


誤嚥しないように注意しながら、水も少しずつ上げています。


抱っこが好きなさくらと外に出て、外の空気に触れながら季節の花を眺めたり、静かに時が流れています。



飼い主の左手首は腱鞘炎、産後のお母さん達がよくなる箇所だそうです。


さくらは老いて赤ちゃんのようになりました。


甘え下手の柴犬がいつしか甘え上手になりました。


さくらはやっぱり愛しいワンコです。






















テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

プロフィール

Author:さくらかあちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード