スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巣立ち

CIMG3342.jpg

今日 ツバメのヒナ達が巣立ちしました。

先日 一羽のヒナが巣から落ち、猫に連れ去られてしまいましたが、残りのヒナ達は毎日賑やかに鳴き、ヒナのウ○チ対策に敷かれたペットシーツを一日2回交換する程。親ツバメからエサを貰って日々成長していました。

そして今日、飛び立って行きました。

CIMG3339.jpg

買って来たミニトマトの苗も立派に成長しています。

脇芽を摘まない育て方をしているので、葉が生い茂っています。

CIMG3341.jpg

こちらは種から育てたミニトマトです。

ナスタチュームと一緒に植えてあります。

脇芽を取っているので、こちらは風通しが良さそうです。

スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

日常

娘が火曜日に退院しました。

夜間の入院時に先生に会ってから初めての面談です。

「今日 今から退院させますから。娘さんがお母さんの体の事を気にして、心配ばかりしているので」との事でした。

面会許可も出ず、娘が一度もケースワーカーの方と話す事もなく、5日で退院しました。

入院中は特に問題もなく、体の弱い私を一人にしておけないと先生に話したそうです。

娘にとって、入院生活は食事もまずくて、トイレもお風呂も共同、タバコは一日に6回だけ、家で我が儘放題に生活している娘には、耐えられない環境だったようです。

何度も入退院をしている患者さん達から、どうしたら早く退院出来るか教えてもらったそうです。

家に戻ってからの娘は、入院生活の話をいろいろと教えてくれました。

考えることは次の仕事が見付かるか、以前のように欝の世界を漂っています。

それでも、先生との約束通り、禁酒は守っていますが、心療内科の薬の依存は相変わらずです。

これからどうするのか、どうなるのか、静観する事に決めました。

信じる事

娘からは一日に何度も公衆電話から掛かって来ます。

テレホンカードがすぐになくなってしまいそうです。

今日は主治医の先生と初めての面談があったそうです。

食堂で会う他の入院患者達からの情報を得て、自分の気持ちを書いて先生に渡したそうです。

それを読んで先生が今週末には退院出来るかも・・・と言ったそうです。

2か月の予定が10日で退院?

まだ娘との面会許可も下りていないのに、娘の気持ちを尊重して退院ですか?

明日は私と先生が面談する事になりました。

早く退院させると、先生の実績が上がるそうです。

今日は病院の帰りに心療内科へ寄り、しばらく入院させて方が良いとの結論に至りました。

そして、この後も何度も入院が繰り返されるだろうと言われました。

娘は何度も電話を掛けて来て、先生が退院してもいいと言ったら絶対に拒否をしないで!ときつく言われました。

心療内科の薬を飲んでお酒を飲まない、塞がったピアスを開けない、もう自分の首を絞めるような自傷行為をしない事など、娘への課題は山ほどあります。

入院生活が嫌で、退院したくて仕方がない娘は必死です。

「もうしないから・・・」という娘の言葉を信じる事が出来るか?

自分に問い掛けています。

テーマ : 思うことをつれづれに
ジャンル : 心と身体

一歩一歩

一昨日の夜に緊急入院した娘とは、主治医の先生の面会許可が下りていないので、洗濯物を取りに行って帰って来るだけの日々です。

娘からは相変わらず病院内の公衆電話から、一日に何度も電話が掛かって来ます。

公衆電話はテレフォンカードが便利だという事で、家の中を探したら6枚ほど出て来たのでナースステーションに預けてあります。

欲しい物があれば、病院に2万円のお小遣いを渡してあるので(←規則だそうです)、買って来てもらえばいいのですが、それを知らない娘はタバコ一つでも私に頼んで来ます。

タバコは一日に6回吸う時間があるそうです。

看護師さんは朝の体温を測りに来るのみ、先生とは一度も会っていないそうです。

「いい子でいるから早く退院させて」と泣いている娘ですが、「いい子でいるとかそういう事ではなくて、家にいると仕事をしなくてはという気持ちに襲われて死にたくなるから入院しているんだよ」と話したら、「分かった」と答えました。

ピアスの事もコメント欄に残してくれた方の言葉を伝えたら安心したようです。

アドバイスをありがとうございました。

洗濯も頼めば1ネット袋480円でやってくれるサービスがあるのですが、例え面会出来なくても、乗り換えなしで病院まで行けるバスがあるので、洗濯は私がやる事にしました。

娘は私の前でのみ、暴言を吐いたり、心療内科の薬を飲んだ後にお酒を飲んで困らせたりするのですが、外に出れば「いい子」になるので、入院中は手の掛からない患者で通るのでは・・・と入院時の主治医の先生が言ってました。

入院してからピアスの事やら、母親の私に会えない寂しさやらで泣いてばかりいるようです。

食事は食堂で食べて、部屋も2人部屋だそうで、隔離するほどの状態ではない事を知りホッとしました。

とりあえず旅行用の小さなサイズのシャンプーやトリートメント、ボディシャンプー類を持って行きましたが、回りは皆大きなボトルを使っているとかで、明日はそれと漫画本を届ける予定です。

一昨日の夜に入院してから、私は一度も料理をしていない事に気付きました。

コンビニのお弁当やパンで済ませています。

今日は、私達を病院へ届ける為に車を出して、帰宅途中に事故ってしまった彼女のお宅に、菓子折りを持って謝罪して来ましたが、ご家族の方達は皆優しくて、「気にしなくてもいい、逆に巻き込んでしまって悪かった」と言ってくださいました。

本当に誰一人として怪我もせず、車の破損事故で済んだ事は奇跡だったと話し合いました。

いつもなら交通量の多い道路で、その時に走っていたのが2台のみであった事で、他の車を巻き込まずに済んだのです。

その日が母の命日だった事もあり、今日は2回もお墓参りに行きました。

日曜日にお墓に持って行った花が萎れていたからです。

娘と息子の事を頼んで来ました。

ツバメのヒナ、毎日賑やかに鳴いていますが、夕方戻って来たら巣から落ちたヒナが仰向けでもがいていました。

巣に戻しても、人間の匂いが付いたヒナは親鳥からエサを貰えないと聞いた事もあり、どうしたものかと携帯でネット検索してから外へ出るとヒナが消えていました。

何故だ?何が起きたのだ?と探していたら、一匹のトラ猫が車の下に潜って行きました。

落ちたヒナを素早く見付けて口に咥えて食べてしまったようです。

これも自然の摂理、可哀想ですが仕方がない事だと諦めました。

これからヒナを狙って青大将や猫がやって来るのでしょうね。

ツバメが来るのは嬉しい事ですが、無事に巣立つまでは見守るという仕事が増えました。

毎晩のように娘と大騒ぎしていた我が家、やっと静けさを取り戻しましたが、何もやる気が起きません。

病院へ持って行く娘の持ち物すべてに記名したり、入院に必要なものを買え揃えたり、出たり入ったりしています。





テーマ : 思うことをつれづれに
ジャンル : 心と身体

入院

昨夜 娘が入院しました。

娘の希望でしたが、紹介状がないのと、夜間の緊急入院だった為に「医療保護入院」という形になりました。

精神科の入院は初めての事なので、私も娘も戸惑う事ばかりでした。

まず娘が来ていたフードの紐やジャージの紐は危険とみなされ、病院の検査着に着替えました。

自殺行為に繋がるような危険な持ち物は持ち込み禁止という事で、細かくチェックされて持ち帰りました。

携帯電話はもちろん、娘もピアスも外すように言われました。

娘が病室へ行ってからは主治医になる予定の先生と面談、いろんな書類に記入したり、手続きを終えて帰宅しました。

病院に入院する手助けをしてくれた友達は、帰り道赤信号を見落として事故ってしまいました。

幸いな事に怪我人はなく、車の破損事故となりましたが、私の為に車を出してくれた友達に申し訳なく、駆け付けてくれた彼女のご主人とお婿さんに何度も謝罪の言葉を繰り返しました。

奇跡的だったのは、その時間帯に2台の車しか走っていなかった事で、他の車を巻き込まずに済んだ事です。

警察の検分を終わり、家に帰ったのは夜中でした。

生まれて初めて車同士が衝突するという衝撃を経験しました。

今日は病院の相談員さんとの面談があり、娘の着替えを病棟に届け、まだ面会の許可が下りていないという事で帰って来ました。

娘からは病院内の公衆電話から何度も泣きながら電話がありました。

「ピアスの穴が塞がってしまう、ピアスを外すのを知っていたら入院などしなかった、いい子でいるから退院させてくれるよう頼んで欲しい」

「退院したらすぐにピアスの穴を開けに行くから!」

家にあったテレホンカードをかき集め、病棟に預けて来たのですが、2枚だけ受け取ったそうです。

夜8時には眠剤を飲んで眠り、朝は7時に起こされるそうで、家で自由に我儘放題に生活していた娘には辛いようです。

一応2か月の予定ですが、この入院が娘にとって吉と出るか凶と出るか、それは私にも分かりません。

娘と面会出来なくても、洗濯は家でやると答えてしまったので、毎日病院へ出向くつもりです。





限界

娘がやっと寝ました。
心療内科の薬とマイスリー2錠、缶チューハイ2本飲んで、何度も自分の手で首を絞めて、死なせてと大騒ぎしてました。

目の前で首を絞める娘を見て、静かに眺めている親などいるのでしょうか?

私は娘の手を首から離し、両手を押さえ付ける行為を何度も繰り返しました。

もうパトカーを呼んで、精神病院に運んだ方がいいのではないのかと覚悟しました。

でも どうしても呼べません。
今夜も目が離せません。

先生は素人はホントに死んでしまうかもしれませんから、気をつけてくださいと私にいつも言います。そして、理屈で言い聞かせるよう言われましたが、話しても理解出来ないから親は苦しんでいるのです。

今日も娘は入院させてくれるよう頼んで来ると病院へ行ったのですが、入院と言えずにもっと強い薬を出してくれるよう話して断られたそうです。理由はお母さんに怒られるからだそうです。先生は私達が無理心中をするのではないかと言う時があり、娘の頭の中にその言葉がインプットされ、一緒に死のうか?と聞く時があります。

娘を入院させて欲しいのですが、何か事を起こさないとダメなのかもしれません。

今日は実家の母の命日です。日曜日にお墓参りに行って来ました。

こんな毎日が続いたら、いつか私の心も疲れてしまいそうです。

闘い

CIMG3334.jpg

「ウツギ」の花が咲きました。

実家から枝を手折って、鉢に挿して育てた花です。

昨年は花を付けませんでしたが、今年は咲いてくれました。


娘は仕事を辞めたからといって、落ち着いた訳ではありません。

すぐに次の仕事が決まらない焦りと不安で、精神状態は最悪です。

毎夜のように自分の首を絞めたり、髪を掻き毟ったりする行動を必死で制止しています。

昨日も心療内科へ行って先生に話したのですが、「まだ仕事の事を考えるのは早い事を理屈で言い聞かせて下さい、他にやり方がありますか?」と逆に聞かれました。

そして手に負えなくなったら警察を呼んで、精神病院へ運んでもらえばいいと繰り返すのみでした。

入院しても短期間で、出たり入ったりを繰り返す事になるそうです。

お酒を飲むので余計に手が掛かります。

脚がもつれて立てないので、倒れた娘を持ち上げたり、階段を落ちないように見守ったり、手が首に行かないように一晩中手を握り続けたりと、夜は全く眠る事が出来ません。

そんな日々の中で、つくづく私は運が悪くてついてない人間だと思う事があり、落ち込みそうになる気持ちをどうにか引き上げて暮らしています。


CIMG3336.jpg

CIMG3335.jpg

今年は白いゴーヤを育てる事にしました。

CIMG3333.jpg

カラーピーマンの苗も3鉢育てます。

CIMG3332.jpg

CIMG3331.jpg

種から育てたミニトマト、成長はゆっくりですが、愛着があります。

CIMG3329.jpg

日曜日の「母の日」に息子から届きました。

息子の知人がやっているお花屋さんだそうで、息子が頑張って働いている様子を聞きました。

「お金がないから働かなければ!」と言って、夜になると私を困らせている娘も、ファンデーションを買ってくれました。

「母の日」のプレゼントなど全く期待していなかった私ですが、子供達に感謝しました。

もっと要領良く生きれば豊かな生活が出来たのに、いつも綺麗事を言って生きて来た母親の付けが子供達に回っているようで申し訳なく思う今日この頃です。

CIMG3330.jpg

種から育てたナスタチュームとミントの寄せ植えを作りました。

久し振りの寄せ植えです。









テーマ : ひとりごと
ジャンル : 心と身体

ゴールデンウイーク


娘が仕事を辞めました。

4月末で娘の心の容量が限界に達し、その日に早退、心療内科の先生に抑うつ状態が酷いので「就業不可」という診断書を書いてもらって辞めて来ました。

シフトの件で何度も店長に相談していたのですが、「現状維持」としか返事が返ってこなかったのと、娘が辞めれば大学生を雇う事が出来るとはっきり言われた事で、娘の我慢の糸が切れたようです。

その数日前から、不登校の子供のように「寝たら朝になる」と言って自分の首を絞めるという行為を繰り返していました。

仕事を辞めたら、今度は次の仕事が見付かるかという不安に襲われ、同じように自殺行為を繰り返していました。

私は娘から目を離す事が出来ず、夜も眠らないようにして娘の行為を力付くで止めさせる日々が続きました。

心療内科の先生は、自分の手に負えなくなったらパトカーを呼んで、精神病院へ入院させるようにと言いました。

自殺行為を止めるというのは救急車ではなくて、警察に連絡をするそうです。

母親の私としては、パトカーなど呼びたくないので、こちらも命がけで娘を落ち着かせようと必死になりました。

本当に散々なゴールデンウイークでした。

連休が終わった昨日は、娘と一緒に心療内科へ行って来ました。

そして先生に話しました。

パトカーを呼ぶ為に電話を掛ける間に、娘は死んでしまいます・・と。

そうした行為が母親の目の前で行われるので、先生は娘に「私はこんなに苦しんでいるのよ、分かって!」と言っているのと同じですが、冷静になって物事を考え、淡々と生きる事を娘に諭しました。

母親を奴隷のように扱っていい訳がない、あなたのやっている事は間違っていると話しました。

あなたのお母さんは我慢強いから耐えているけど、他の母親なら95%逃げていると告げました。

入院した方がいいのなら、それでも構わないと言ってくれましたが、今は仕事を探す事を考えるよりもゆっくり休む事に専念した方がいいとの事でした。

心身ともに疲れてしまった娘は、よく眠るようになりました。

ご飯も食べられるようになりました。

やっぱり辞めて良かったと思っています。




テーマ : 思うことをつれづれに
ジャンル : 心と身体

プロフィール

Author:さくらかあちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。