スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不穏な夜

就職情報誌にドラッグストアのパート募集が出ていたので、昨日場所の確認に行くという娘に付き添いました。

駐車場が狭かったので、車通勤出来ないのではと不安要素を並べ立てた娘です。

応募する時に聞いてみれば?と言っても、面接を受ける時に駐車場が空いていなかったらどうしようと言い出し、いつものように私に当たり始めました。

じゃあ 応募しなければいいと話したのですが、心身ともに疲れ気味で笑顔が出なかった私を見て、娘がキレました。

お酒を飲み、暴言を吐き、頭を床に打ち付け、「この子はお酒を飲む口実が欲しかったのか」と気付きました。

翌日 思い切って応募の電話を掛けた娘ですが、折り返しの連絡が来る間にスマホでドラッグストアの口コミをみたようで、結局面接を受ける前に断りの電話を入れました。

夜になって、また仕事はどうしようと言い出すので、働く気がないなら大人しくするように強い口調で言ってしまいました。

仕事をしていようが、仕事がなくても、ただ暴れたいだけだと心療内科の先生は言います。

私が距離を置こうとしても、先日のように自殺未遂を起こして更に心配を掛けます。

逃げたいけど逃げる訳にも行かず、ただ辛いだけの今日この頃です。

今週の土曜日に開催予定の患者会主催の医療講演会、その打ち合わせに週に一日程参加しています。

会長ご夫妻には娘の事を話してあるのですが、当日また娘か事を起こすのではないかと不安でいっぱいになります。


スポンサーサイト

眠れない夜に

働く事を辞めてから痩せてしまった娘。
スリムだった体型がより細くなりました。

逆流性食道炎の治療を数年前から続けているせいか、どちらかと言えば少食、タバコとお酒も止められない。

私が作った料理を美味しそうに食べてくれる姿を見ると嬉しくなります。

今日は里芋を煮ました。

普通に煮ただけで終われば良かったのに、イワシの出し粉を振りかけたので?という味になりました。

でも美味しいと完食してくれました。

水曜日にハローワークで心理カウンセラーのカウンセリングを受けてきた娘…行く前に首を吊って死のうとした事を正直に話すように伝えました。

カウンセラーの先生が、本当に死んでたらお母さんは今のお母さんではなく、心が壊れてしまうよと言ったそうです。

だから もう二度とそんな事をしないようにと言われたと、帰宅後に泣きながら私に話してくれました。

平気な顔をしてますが、あの日以来私の脳裏には、あの時の娘の姿が焼き付いてしまい、眠れなくなりました。

まだ生きてるとすぐにマフラーを首から外しましたが、結びめが固くて焦りました。

以前 あるサイトで「子育ての最大の失敗は子供に自殺される事だ」という言葉がありました。

その言葉の重みが理解出来ました。

夜中に起きていると、外の物音にビビってしまい、部屋の灯かりを消す事が出来ません。

昼間 娘と一緒に近くのスーパーまで歩いて行きました。いつもは車で行きたがる娘ですが、疲れた方が眠れるからと片道15分の距離を散歩がてら出掛けました。

そのせいか娘は眠剤が効いて熟睡、私はまだ起きています。

しっかりしなくては!

生きてる事に感謝ですね。


週末

CIMG3601.jpg

ちょっとピントがぼけていますが、久し振りにパワーストーンのブレスレットを作りました。

同じ方から3回目の注文です。

今回も娘の事があり、私の心がピュアではなかったり、石が揃わなかったりした事もあり、とてもお待たせしてしまいました。

木曜日に遅れてしまった事をお詫びしながら、無事に届ける事が出来ました。

今回は初めて石の値段の他に「作成料1,000円」を頂きました。

とても優しい雰囲気の色合いに仕上がった事を喜んで頂き、ホッとしたのと同時にお金を頂いたのが嬉しくて、愛犬さくらの写真の横に置いてあります。

すぐに使って消えてしまいますが、さくらに報告しました。

CIMG3610.jpg

先日 発芽した野菜はゆっくりと成長中です。

追加で蒔いた種も発砲スチロールの中で発芽しました。

CIMG3609.jpg

セロリは丈が20センチになれば収穫出来ると書いてありますが、太さが足りないような気がします。

スーパーで売ってるセロリのようになるまで待つか、食べてしまおうか思案中です。

CIMG3607.jpg

ローズマリーの花です。

夜撮ったので、花の色が光ってしまいました。


娘は昨夜、私が寝たのを確認してからお酒を飲んだようです。

いつものように焼酎のお茶割を4杯飲んだそうですが、吐いてしまったとかで、クッションと長座布団が洗濯に出されていました。

そして、また仕事探しをしています。

不安に駆られるのが分かっているので、近くで見ている私は気になってしまいます。

諭したり、見守ったりの毎日が続いています。






ビオファイバー お試し報告

先日 モラタメで当選した無料お試しの「ビオファイバー」の結果報告です。

CIMG3594.jpg

ヨーグルトに掛けて食べてみました。

CIMG3595.jpg

ヨーグルトの量が少なかったので、ビオファイバー1包の量が多く感じられます。

味は特に変化なしです。

CIMG3597.jpg

ジュースに入れても良いとの事でしたので、パイナップルジュースに入れてみました。

CIMG3598.jpg

意外と溶け辛い印象を受けました。

アイスクリームに入れたり、いろいろと試しましたが、味は無味無臭なので何に混ぜても大丈夫ですね。

効果の程ですが、私の理想的な便秘対策としては、朝食後に自然なお通じがあってスッキリというものです。

ビオファイバーは1日に1~2包摂取しても良いそうですが、1包で充分な効果があると思います。

1日に何度も便意を感じておトイレに行くパターンだと、外出する時は落ち着きません。

お腹が痛くておトイレに行くというのもNGですが、この商品に関しては「続けて飲めば自然な感じ」で便秘対策になると思います。

ホットケーキを作る時に混ぜてもいいそうなので、機会があったらぜひ試してみたいです。

頑固な便秘にお困りの方、下剤を飲むよりもお勧めです♪

雨音

眠剤のマイスリー 5mgを飲んでも 最近は全く眠れません。

娘が寝るとホッとするのは以前と同じです。

月曜日の夜からお酒を飲まずに寝てくれます。

今夜は大人しく寝るから二杯だけ飲みたいと言うのを許可しませんでした。

その言葉に何度騙されたか分かっているからです。

規則正しい生活をする事にこだわり、眠くならない事に囚われて、お酒を飲んで眠剤を飲み、暴れていた娘です。

早く寝ても、遅く寝ても、同じ位の時間に起きる事が出来ているので、もうこだわらなくても構わないと話しました。

それよりも減薬中なので、それに慣れる
事の方が大事だと思ったからです。

水曜日の午前中にハローワークで心理カウンセラーの先生といろいろ話した事と、辞めた職場に退職願いの手続きと制服を返しに行けた事で気持ちが落ち着いている娘です。

これから幾つもの山を越えなければ前に進めませんが、とりあえず一日一日を無事に過ごす事だけを考える事にします。

私は三日前から、横になって咳をすると胸が痛くて、寝返りを打つ度に唸っていました。

体中の筋肉が痛くて、あちこちに湿布を貼る毎日を続けていたらかぶれてしまいました。

皮膚が薄くなったような気がします。

咳とタンが出るのは当たり前なので、風邪を引いたのか区別が出来ません。

抗生剤を飲み続けているせいか、熱がないので「まっ、いいか」という感じです。

天気予報によると、今日の最高気温は16度、明日からは天気も回復して23度になるそうです。

発芽した野菜の苗は寒さで成長せず、ブロッコリーの苗は防虫ネットを掛けたのに葉っぱは虫食いだらけです。

冬野菜を育てるのは初めてですが、難しそうですね。

多肉植物

続きを読む

夜になると・・・

分かっていた事ですが、今度は「入院したくない」と娘が言い出し、また今夜も同じような事が繰り返されました。


前回の5日間の入院で、食事が口に合わなくて下痢が続いた事や、看護師さん達が冷たかった事などを理由に入院を嫌がっているのです。

それともう一つ、口ピアスの穴が塞がってしまうとごねています。

ホントに自分勝手で我儘な娘です。

先週は仕事を辞めて入院したいと言いながら、仕事を辞めてしまうと入院はしたくないとお酒を飲んで自分の首を絞めているのです。

大人しく寝かせるまで5時間半も掛かってしまいました。

もう私の我慢も限界かもしれません。

「入院するのなら何をしてもいいって事だから、首を吊って来る」と2階へ行こうとする娘、階段から落ちるのを懸念して必死で止めたり、出て行こうとするのを力づくで止めたり、元ヤンなので怒鳴る言葉も乱暴で、母親の私は疲労困憊です。

入院しないで家にいても、同じような日々が繰り返されるだけです。

「入院しなくてもいいよ」という言葉が出て来ないのです。

月曜日にもう一度、心療内科へ行く予定ですが、娘が納得しなければ入院は不可能です。

日付が変わったので、きっと今夜も大騒ぎすると思います。

金曜日の日のお昼頃、私が留守をしている間に、娘がご近所のお宅にお邪魔していました。

娘が心の病気に罹っている事を話してあるので、時折気に掛けて下さるのですが、娘が「入院した方がいいのか迷っている」と話したら、家の中に招き入れてくれたそうです。

私も後から一緒にお邪魔すると、「入院なんかしないでお題目を唱えればいいよ」と娘に話したと教えてくれました。

とても面倒見がいい方なのですが、立ち話で宗教の話を聞いたり、頼まれて新聞を購読したりしています。

宗教は嫌だと話すと、「これは宗教ではなくて哲学だから勉強した方がいい」と勧めて来ます。

自分の身に降りかかった出来事を、宗教で捉える気持ちの余裕がない私です。

どんな宗教でもしている方を否定している訳ではなく、逆に信じるものがある方達の強さを感じる時もあります。

娘よ、しっかりしてくれよ!と心底思った私です。










ビオファイバー

続きを読む

週末

CIMG3561.jpg

大丈夫か?私・・・お茶の葉を入れる器を間違えました(汗)。

CIMG3559.jpg

何故 この花が好きなのか・・・朝日を浴びて、オレンジの花が光り輝いているからだと気付きました。

CIMG3563.jpg

台風が通り過ぎてから植えようと2週間も狭いビニールポットの中で育っていたブロッコリーと芽キャベツの苗を、今日の夕方にやっと植えました。

生協の宅配で注文したのですが、ブロッコリーの苗がヒョロヒョロしています。

CIMG3562.jpg

防虫ネットを掛けていたのに、虫食いだらけのブロッコリーです。

美味しい葉っぱは虫も分かるのですね。


仕事を辞める連絡をしたのに、「辞めて良かったのかな?」とまだグズグズ言っている娘です。

退職願にサインしなければならないので、それが気が重いと言うので、制服をクリーニングしてから私が取りに行くからと何度も話すのですが、「やっぱり辞めるのをやめる」などと訳の分からない事を言ったりします。

暇で時間があり過ぎるから余計な事を考えるのだと、汚部屋と化している部屋の片付けをするように促すのですが、全くやる気が出ないようです。

昼間からベッドの中で横になっていたのですが、眠れないからと夜飲むはずの強い薬を飲んでいました。

それでも眠れないというので、眠剤を一錠上げて、録画しておいたテレビの番組を寝ながら観ている内にようやく寝ました。

夜7時頃に目覚めて、食べたいと言っていた卵ご飯を食べた後、今度はアイスが食べたいと冷凍庫の中から好きなアイスを出して完食していました。

今夜もこのまま大人しく寝てくれればと思っていたのですが、いつもの通り「仕事どうしよう・・・」と悩み始めました。

そして自分の部屋でお酒を飲んだ後は、「死にたい」の言葉の繰り返し、仕方がないので眠剤をまた一錠だけ飲ませたら寝てくれました。

この週末が怖いです。


今朝はパン教室で教えている傍ら、水曜日だけパン屋さんをやっているお友達から、「売れ残ったから食べてね」と美味しいパンが届きました。

私は10年ほど前に「気管支拡張症」と何度も繰り返す喀血の後に病名を告げられた時、仕事を辞めて彼女のパン教室に通っていた時期がありました。

JRの電車に乗って片道一時間ほどの距離でしたが、また血痰や喀血してしまうようになり、途中でリタイアしてしまいました。

今、我が家にはパンを焼く為のオーブンもなく、何より作り方をすべて忘れてしまいました。

私はほんのり甘い彼女が焼くパンの大ファンです。

「パンの宝石箱や」と喜び、一気に6個も菓子パンを食べてしまいました。

食が細い娘が3個あっという間に食べてしまうほど、彼女が焼くパンは美味しいのです。

嬉しかった事と辛かった事、毎日がその繰り返しです。

猶予期間

アルコールと希死念慮、不安から来る妄想に囚われたままの娘、もう母親の手には負えないと心療内科へ二人で行って来ました。

仕事に行くから入院はしたくないと昨夜から言い張る娘です。
仕事は辞めればいいからと、私がアルバイト先に腰痛が悪化したとの理由で辞めたいと連絡しました。

仕事の件は一件落着、しばらくは仕事の事は考えないように言いました。

心療内科の待合室で入院したくないからと帰ろうとする娘に、現実から目を背けてはいけないと諭しました。

診察室で娘は一週間、お酒も飲まない、首も絞めないから入院は待って欲しいと先生に話していました。

先生は入院した方が楽になる事や介護している母親が参っていることを理論的に話してくれたのですが、一週間の猶予が決まりました。

約束通り 今夜はお酒を飲まずに寝ました。
一週間だけではなく、この先もずっと続けて欲しいです。

記憶の記録

昨日(12日)の出来事です。

昨夜 寝る前に携帯からブログ更新しようとしたのですが、眠くて下書きに残してあった日記です。

本日 続きを書き加えてから記録として書き残す事にしました。


朝から仕事に行きたくない、下痢が止まらない、辞めたいと言っていました。
休む事も辞める事も、自分がそれで暴れなくなるならいいと思うよ。そう答えた私です。

週に2日の仕事に行けないのなら、せめて自分から職場に電話をしたらどうかな・・・もう大人なんだからと話してみました。

娘は自分で職場に連絡出来ないから、母親の私から掛けてと言うのです。

30才になった娘が親に依存するのは良くないと告げて、私は裏に住んでいる姉の家へ行ってしまいました。

姉に娘の状況を話していると、頭を壁に打ち付けているような音が我が家から聞こえて来ました。

姉に頼んで一緒に家に入ると、食卓セットの椅子がひとつ破壊されていました。
椅子を投げたのです。
「私とおばちゃんが見守っているから、自分で連絡しようね」と言葉を掛けると、しっかりと携帯から休む旨を伝える事が出来ました。

今日はとりあえず行かなくても大丈夫・・・姉は「週に2日だけだし、一緒に働いている人達も良さそうな人達だから辞めないで続けてみたら」と娘に話しました。

私は辞めてもいいとの方向で娘に話していたのですが、姉にしてみれば「辞めるのは勿体ない」と思ったようです。

私が娘と一緒にいるともっと甘えて困らせるから出掛けた方がいいと言われて、私も頭の中の思考能力がストップしたままなので、近くの喫茶店に一人で出掛ける事にしました。

娘は職場から電話が掛かってくるかもしれないから出掛けないでと言ったのですが、「電話など絶対に掛かって来ないから大丈夫だよ」と声を掛けて、出掛ける場所も教えてから家を出ました。

初めて行く喫茶店で、ケーキセットを注文してお茶を飲んでいた時、娘から何度も「苦しくて死ねない」とメールが届きました。

これはすぐに家に帰って来い!という事だと、急いで家に戻りました。

きっと家の中で何かをしている・・・そんな不安に駆られて、姉に一緒に家の中へ入ってくれるように頼みました。

「何で私が・・・あんたが母親なんだからしっかりしなよ」と言われるのを無理やり頼み込み、家の中に入ると・・・娘が自分の部屋のクローゼットの取っ手の所にマフラーを引っ掛けて首を吊っていました。

目がパチパチしている=死んでいない事を確かめて、すぐに首に掛かっているマフラーを外しました。

「苦しくて死ねない」というのは、苦しくて何度も首にかかるマフラーの位置をずらしたのでしょう。

私の知人は、娘さんが心の病になった時、代理被害になって何度も首を吊るようになりました。

でも、以前私の娘が自分で自分の首を絞めるという話をした時、首を吊る時、彼女は死なないように紐をずらすのだそうです。

あれはパフォーマンスだと教えてくれました。

精神科に入院させようと本気で考えました。

姉も「あの子は狂っているよ、おかしいよ、入院させた方がいいよ」と言うようになりました。

今回は未遂で終わりましたが、次第にエスカレートしているような気がします。

今夜は「やっぱり入院したくない、仕事に行くから入院は嫌だ!」とまたお酒を飲んで、「何で死なせてくれなかったの!」とまた自分の手で首を絞めていました。

毎日 言う事がコロコロと変わります。

今日の私は連日の台風対策で疲労困憊している中で、訳の分からない行動を繰り返す娘に「私まで気が狂いそう」と言い放ってしまいました。

お酒を飲んで暴言を吐いた後、眠剤を一錠だけ飲ませてやっと寝ました。

外は風が強くなって来ました。

避難勧告が出ている地域ですが、いざとなったら2階に避難すればいいので、避難所には行かない事にしました。

もう辛いのです。

娘の荒れた姿を見るのが辛いのです。

そして土のうや水のうを作って、浸水しそうな家の周りに置いたので、腰と背中と胸が筋肉痛です。

娘の様子を見る為に何度も階段の上り下りをしたせいか、膝が痛くて、ふくらはぎもパンパンです。

今夜はとりあえず 台風の被害がなく通り過ぎますように・・・。





台風対策

スーパー台風に備えて、台風対策をしています。

前回の台風18号で溢れた川の水や遊水地の水がまだ完全に引いていない事もあり、かなりビビっています。

夜中まで眠くならずに起きていた事もあり、今朝の睡眠時間は3時間でした。

自治会のS型デイサービスのボランティアの日だったので、出掛ける前に家中の簾を外して、丸めて縛っておきました。

午後2時過ぎに帰宅してからは、プランターを土のう代わりに置いてみたり、2重にしたゴミ袋に水を入れて水のうを作って置いたりと、どこまでやったら「台風対策」に繋がるのかと思ったりしました。

ベランダに置いてあったカラーピーマンの重い鉢植えを下に下ろし、ベランダの排水溝の掃除も朝の内に済ましておきました。

ご近所を見ると何もしていないお宅が多く、自分の臆病者の一面を曝け出してしまっています。

台風18号の被害でおトイレの水がボコボコと溢れて使えなかったという方に、「おトイレに行きたくなったらどうするんですか?」と尋ねたら「我慢するのよ」との返事。

「え~、無理です」と答えたら、他の方が「水が引いたら使えるようになるから大丈夫」と教えてくれてちょっと安心しました。


一人で連日台風対策に追われている中で、娘は土・日のガソリンスタンドの仕事に行きたくないからと駄々をこねていました。

心療内科に行って来ると言って出掛けた娘、先生は「とにかく暴れない事、お酒が止められないのなら入院した方がいい」と繰り返しただけで、自分の不安な気持ちが伝わらなかったと帰って来ました。

そして「死んで来るから」と車で出掛けてしまいました。

心療内科に電話をして、娘が出て行ってしまった事を話したら、先生に代わってくれて、「僕は仕事を辞めるように言いました。お母さんは続けるように言ったそうですね」との事・・・心配なら捜索願を出すように言われました。

私は「娘には死ぬ勇気などないから様子を見ます」と答えたところで娘から着信に連絡があったので切りました。

しばらくして娘は帰って来ました。

すぐに心療内科に連絡をして、帰って来た事を伝えて申し訳なかったと詫びました。

「もう仕事辞めていいからね」と伝え、でもドタキャンは良くないから明日行って断って来るように話したら、「焼津の大崩へ行って死んで来る」と車で出掛けようとしたので、車のキーを取り上げて姉の家に持って行き、預かってもらいました。

もうその時には私のストレスも限界、兄の家に頼まれた犬用の療法食を届けに行き、「しばらく引き籠るから・・・、私はもう人前で普通に笑えない」と泣いてしまいました。

娘の心の病に付き合ってから、もう8年が経ちました。

心身ともに疲れ果てました。

11月1日には患者会の5周年記念の医療講演会と交流会があり、3年間役員をしていた私を表彰して下さると会長から連絡が来ています。

4人いる表彰者の内、代表して言葉が欲しいと依頼されました。

それも断るつもりです。

私はそんな立派な人間ではないからです。

会長には数日前に遅れて参加すると伝えてあります。

娘の事も少しだけ話しました。

光り輝く場所に佇むパワーはありません。

子供達が小さい頃に、公民館のカウンセリング教室に10年ほど通っていた事もあり、他人のカウンセリングは出来ないけれど、子供達の気持ちが受容出来る母親でありたいと思っていました。

あるがままの子供の姿を受け入れようと、どんなに困るような行為を繰り返されても、その行動の背後にある感情に目を向けて寄り添って来たつもりです。

でも何かが違っていました。

娘ともいっぱい会話して来たつもりです。

もう私には娘に伝える言葉は何もないと思ったほどです。

私の思いは語り尽くしました。

もういいから、もういいよ。

好きにすればいいよ。

親に迷惑を掛けたくないと思う子供達は、心の中の思いを吐き出さずに、親を困らせる事もなく自殺してしまうような気がします。

母親の私を困らせて、心のバランスを取っているような娘は本当に死んだりしない・・・そう思うようになりました。

ただ辛いのです。

目の前で強い心療内科の薬を飲んで、お酒を飲み、真っ赤な顔をして眠剤を飲んで「死にたい」と繰り返す。

その光景に耐えられないのです。

壊れてしまえ、私の心。

もう何もなかったような顔をして、他人と接するのはやめにしよう。

家庭はこんなにぐちゃぐちゃなのに、デイサービスのお手伝いはもうやめようと決めました。

私は偽善者ですね。

心の底から疲れました・・・。









悩む・・・。

CIMG3547.jpg

スーパー台風に備えて、オリーブの木の枝を切りました。

暴風で枝が折れ、飛ばされると危ないので・・・。

オリーブの葉はよく見ると空に向かって伸びています。

「我が家が平和になりますように」との願いを込めて植えたら、こんなに大きくなってしまいました。

CIMG3549.jpg

ガーデニング用の短い長靴しか持っていないので、長めの長靴を買って来ました。

台風18号で川の支流が氾濫し、家の目の前の道路が茶色い川のようになり、もう少しで床下浸水の被害に遭うかもという経験をしたので購入しました。

昨日は我が家とお向かいの家とそのお隣の道路が茶色く乾いた色のままだったので、ホースで水を掛けてデッキブラシで擦りました。

そのままにしておくと道路が埃っぽくなると教えてもらったからです。

本当は雨が止んだと同時に洗い流せば良かったそうですが、初めての経験だったので体が動きませんでした。

「長靴がないので・・・」とご近所の方に話したら、「裸足でいいのよ」と言われたのですが、ためらってしまった私です。

門扉の回りに置かれた鉢植えも片付けました。

伸びて風で飛ばされそうな花の枝もバッサリと切ってしまいました。

さくらのおトイレに使った小さな土のお山も崩れてしまったので、スコップで土を盛り直し、雨で崩れないように重い鉢植えを並べました。

外にいたら、お向かいの家に浄化槽の点検の方が来たので、ついでに我が家の浄化槽も台風18号の影響がなかったか見てもらいました。

「大丈夫ですよ」と言われて一安心、大雨の被害でトイレの水が溢れた家もあると聞き、何故そうなるのかも説明してくれました。

前回よりも強力だと言われる台風19号、被害がなく通り過ぎますようにと祈るような気持ちです。


台風対策でお疲れ気味の今日、娘が穏やかに寝てくれるかと思ったのですが、やっぱりお酒を飲んで「死にたい」と言い始め、眠剤を1錠だけ飲ませて寝てもらいました。

いつもは眠剤を1錠飲んだだけでは寝てくれず、興奮して何度も困らせるのですが、今日は昼間にあちらこちら車で行って来たので、お夕飯を食べた後から欠伸ばかりしていた娘、眠剤を飲んだ後は大人しく寝てくれました。

先週末から土・日だけアルバイトに行くようになったのですが、2日目の帰りに「お疲れ様でした」とスタッフに挨拶したかどうかで悩み始め、毎日「今度行った時に叱られるのではないか?」と気に病んで繰り返しているのです。

私達からすると、「たかがそんな事」と笑い飛ばしたくなるのですが、これが心の病の本質というか、不安でいっぱいになり、もう「仕事に行きたくない」とお酒を飲んで自分の首を絞めるという行為に繋がっています。

何度も「気にしなくても大丈夫、きっと挨拶したと思うよ。たとえしなかったとしても誰も気にしていないよ」と回りが話しても、一度気になりだすとその思いから抜け出す事は難しいようです。

心療内科の薬が強過ぎるのでは?

回りの方達の助言通り、心療内科の病院を変えた方がいいのか?

私の悩みは尽きません。

台風も心配だし、娘の事も気になり、相変わらずパワーダウンしている今日この頃です。




感謝

CIMG3532.jpg

本日の収穫 カラーピーマンです。

色付くまで待ちきれなくて、大きくなると収穫してしまいます。


CIMG3542.jpg

ナスタチュームの花は大好きな花です。

昨年 種から育てて葉っぱも立派になって来ました。

CIMG3541.jpg

この株はまだ成長中です。


台風18号は私が住んでいる街に、想定外の被害をもたらしました。

「巴川」という本流が大雨で溢れたのではなく、支流の川が氾濫して、川沿いの街を短時間で通り過ぎて行きました。

朝早く 家の外を見た時は透明な色の雨が流れていたのですが、一時間後には茶色の川のような濁流に化して行きました。

40年前の七夕豪雨の時に洪水の被害があった同じ地域に、川から溢れた水が押し寄せたのです。

家の前の道路を雨が川のように流れている光景を、初めて見た私は床下浸水しないか不安でした。

ギリギリセーフで雨がやみ、被害もなく通り過ぎたのですが、その大雨の状況が全国ニュースで流れました。

そのニュースの映像を観た知人達が、心配して連絡をくれました。

「家は大丈夫だったよ、近くの中学校の前の道路は膝まで水が浸かっていたけど・・・。心配してくれてありがとう」と感謝の気持ちでいっぱいになりました。

CIMG3543.jpg

心配して野菜を届けてくれた知人もいました。

娘は相変わらず訳が分からない言動を繰り返し、心療内科の先生は離れて暮らすほうがいいのでは・・・と言うようになりました。

このままでは母親のほうが危ないと言うのです。

現実問題として、アパートを借りて娘に一人暮らしをさせるだけのパワーさえも残っていない私です。

お酒を飲んで、いびきをかいて寝ている娘を見ながら、いろいろ思い悩む日々が続いています。

今にも心が折れてしまいそうな私ですが、今回の台風で心配して連絡を下さった方達がいることに、有難いことだと心から感謝しました。











ワンコ達

土曜日の夕方 TSUTAYAまで本を買いに行った帰り、遊歩道を散歩していました。

前方から動物病院の奥様が、飼い犬の三匹のワンコちゃんを連れ立って歩いて来ました。

その中には赤柴のさくらちゃんもいます。
「触ってもいいですか」と聞くと、「いいわよ」といつものように優しく答えてくれました。

ラッセルとシェットランドシープ?と赤柴ワンコ とっても大人しいのです。

もう私は触り放題♪

さくらちゃんはシャイなので、ちょっと撫でただけで知らんぷり、他の二匹はめいっぱいいい子いい子させてくれます。

すぐ横には他の飼い主さんが連れたダルメシアン、リード無しでお散歩していました。

その子の名前もさくらちゃんだそうです。ワンコ好きな私は、いっぱいワンコ達と触れ合っただけで癒されます。

ラッキー、幸せな一日になりました。とお礼を言って帰って来ました。

スッキリ

続きを読む

散歩

私はよく散歩をします。

以前から右ヒザが痛いので、歩いた方がいいと思ったからです。

娘が夕方頃からお酒を飲み始めると、そっと家を抜け出して散歩に行きます。

誰かに不安を聞いてもらいたくなるのですが、母子の問題なので誰も巻き込まないようにしようと決めています。

そう言いながらも、姉を呼んだりするのですが・・・(姉上、ごめんなさい)。

携帯電話で息子に電話を掛けても、娘が荒れている事はリアルタイムでは決して話しません。

娘の事では2度と息子を巻き込む事のないよう、心に強く誓ったからです。

息子が一人暮らしを始めたのは、私と娘が争っているのが嫌だったからです。

息子がいる頃からストレスが溜まると娘は息子に喧嘩を売っていました。

息子が怒るようなことをわざと言っては挑発するのです。

明らかに娘が悪いのに、娘を殴ろうとした息子を叱った私・・・どんな理由があろうとも、暴力はいけないと。

その時、自分の部屋で男泣きしている息子の姿を見た時、「この子までダメになってしまう」と思いました。

息子が専門学校を卒業したのを機に、一人暮らしを許可しました。

社会の事を何も教えずに一人暮らしをさせてしまったので、生活するのはとても大変だったようです。

家を出る時、「母親の私の事は気に掛けなくていいから、友達を大事にして欲しい」と送り出しました。

情緒不安定な娘を追い出す事が出来ず、息子に出て行ってもらうという選択をしたのです。

息子の中で母親は死んだと同じではないか?と思う時もあります。

ワーキング・プアの日々の中で、いろんな事が手一杯のようですが、「僕は鬱になって死んだりしないから大丈夫」とのメールが先日届きました。

母親の私も娘の事で手一杯・・・何があっても、君だけは強く生き続けて欲しいと願っています。





聞き上手。

愚痴っぽい日記で終わるのは切ないので、呼吸器の主治医の先生の事を書きます。

今年の4月から新しい先生に変わりました。

今度の若い先生はとっても聞き上手です。

診察室に「よろしくお願いします」と言葉を掛けて入ると、「こんにちは、お待たせしてすみません」と2時間半待たせた事を気にしてくれます。

私が「階段を上る時が息苦しくて、特に採血室へ行く為の階段がきついです」と話したら、「僕もそう思います。この病院の中であの階段が一番急で大変です」と言ってくれました。

「免疫機能を高める為に飲んでいる抗生剤が大き過ぎて、飲むのが大変です」と話したら、「どの患者さんもそう言います、大き過ぎるのでもっと小さくして欲しいと製薬会社に話しているのですが・・・」と答えてくれました。

先月中旬に具合が悪くなった事、今はその時個人病院で処方されたクラビット錠を飲んだら良くなった事などを話したら、「大変な時期を通り過ぎたという事ですね」と言い添えてくれました。

「苦しい時はこんな肺などもういらないと思ってしまいます」と弱音を吐くと、その言葉をPCでカルテに記入します。

今までの先生方は、何を言っても「取るに足らない事」と笑い飛ばされたので、話を聞いてもらえたというプラスの思いだけが残りました。

私も聞き上手な人間になろうと思いました。

実践出来るかどうか自信はありません。

何故なら、年を重ねると「自分の話を聞いてもらいたい」という思いの方が強くなるのです。

えっ?私だけですか・・・。





穏やかな一日だったはずなのに・・・

今日は総合病院の診察日、朝早く家を出て、診察が終わったのが午後1時頃です。

病院へはバスと電車、そしてまたバスを乗り継いで行きます。

所要時間は1時間15分・・・車だとバイパスを通って20分ほどで着きます。

帰りは娘が病院まで迎えに来てくれました。

調剤薬局では待ち時間が1時間も掛かると言われ、翌日郵送してもらう事にしました。

便利な時代になりました。


帰りに息子が働くショップに立ち寄りました。

共同経営が軌道に乗らなくて、今年いっぱいで息子は店を閉めると言っていたので、心配になって会いに行きました。

息子のショップに来るのは2回目です。

前に来た時に娘が欲しがったピアスがまだ売れ残ったまま置いてありました。

お客様が一人も来なくて、もしかしたら今日の売り上げは、このピアスだけになるような気がして、買って来ました。

友達と二人の共同経営ですが、売り上げは折半との事です。

2人ともに開店当初からお給料がないそうなので、先行きが不安ですが仕方がありません。


それでも肩まで伸ばしていた髪を切り、爽やかな(?)青年の風貌に変身していた息子に満足した母親の私でした。

帰りの車の中で、娘と「今日は幸せな一日だったね。」と話しました。


今日も一日 穏やかに過ぎて行くはずだったのに、今週の週末から土・日のみの仕事に行く娘、その職場が就職情報誌に求人募集の記事を出しているのを見付けた事で、また荒れてしまいました。

平日勤務の人を募集しているのなら、私を入れて欲しかった・・・私はいらない人間なのか?と夕方からお酒を飲み、眠剤を6錠飲んだ後はもう手が付けられません。

週5日勤務でもOKと言われて面接を受けたのに、週末のみならと言われて渋々受け入れた娘です。

以前勤めていた薬局の店長からも、今度深夜営業が始まるので戻れるかもしれないと言われた時でもあり、Wワークが出来ると思って返事をしたのですが、やはり抑うつ状態の為に就業不可の診断書を出して辞めた経緯があって前の職場へ戻れなくなりました。

今までの不満と怒りが一気に爆発したようで、酔いに任せてふらふらと外へ出てしまい、慌てて追い掛けたり、いつものように首を絞める行為を止めたりと、相変わらずの夜でした。

お酒を飲んで眠剤を飲むと、余計に興奮してしまいます。

眠剤を飲む前には抗不安剤などの強い薬も服用しているので、こちらが正論を話しても理解出来ません。

何よりも、私が静かに娘の暴言を聴いている事が気に入らなかったようで、近所に聞こえるような大声で止めに入るのを期待しているようでした。

ここ数日間の私は、トフラニールの薬を止めた事で、テンションが高くなる躁状態から解放され、娘の挑発に乗らなくなっていました。

闘う事を拒否したのです。

私が拒否すると、娘のストレス発散が出来ません。

私はもう疲れ果ててしまったのです。

兄や姉にも「もう疲れちゃったよ」と繰り返すようになりました。

「助けて欲しい」と私に呼ばれた姉は、部屋の真ん中に座り込んで項垂れる娘に語り掛けながら、「あの部屋は何か変だよ、お祓いした方がいい、ネットで調べたら・・・」と言いました。

いよいよお祓いとかに頼らなければいけないのか・・・。

もう何十回も大騒ぎしているので、そろそろご近所の方に私の方から娘の事を打ち明けた方がいいかなあ・・・と姉に相談したら、止めた方がいいとの事。

面白おかしく尾ひれを付けて言いふらす事はあっても、決して可哀想とか同情なんかしてくれないよと冷静な判断をしてくれました。

「引っ越せるものなら引っ越したい」といつも逃げ腰の私です。

夜11時半頃、やっと眠りに付いた娘の横でブログを更新しています。

今夜も眠れそうもありません。

小さな幸せを拾い集めて良しとする母親と、ただひたすらに自分の運のなさを嘆いてやけになる娘・・・。

価値観が違い過ぎる母と娘、共通しているのは要領が悪いという事・・・。

「何とかなりますかねえ、さくら」と心の中で語り掛けて夜が更けて行きました。





プロフィール

さくらかあちゃん

Author:さくらかあちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。