スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CDウオークマン

オクラの苗をやっと処分する気になった今日の午後、使い終わったプランターの土をザルでふるってから黒いビニール袋に入れるという作業をしました。

日光消毒をしてから古い土が甦る再生用の土を混ぜます。

駐車場の隅っこで黙々と作業をしていたのですが、次第に飽きて来ました。

そこでCDウオークマンに聴きたいCDを入れて、イヤホンを付けて土をふるいました。

テレサテンのカバー曲に始まり、松山千春から大塚博堂・・・私の青春時代が思い出されました。

やっぱり松山千春の曲は最高!

大塚博堂の歌詞もジンと来ます。

音量を下げているので、外の音も聞き取れます。

娘が入院中に買って上げたCDウオークマンですが、これからも時々使わせてもらおうかなと思っています。

スポンサーサイト

ゴーヤ

CIMG3828.jpg

CIMG3829.jpg

アップルゴーヤが小さいながらも実を付けています。

上の方を見ると、あばしゴーヤが今にもはぜそうな感じです。

今年は我が家のゴーヤの成長が遅かったので、知人の家から何本も頂きました。

お向かいのお宅からは新鮮なキュウリを・・・夏野菜が充実していた今年の夏でした。

オクラの苗はアブラムシと蟻さんにやられて葉っぱを切り落としてしまいましたが、また小さな葉っぱが出て来ました。

パプリカはナメクジにやられて、色付く前に収穫するようにしましたが、葉っぱはバッタに食べられているようです。

オリーブの木は大きな芋虫、共存するのも大変です。

そろそろ夏野菜を抜いて、土をザルで振るってから黒いビニール袋に入れて、日光消毒をする時期ですね。

悩みが多くて、今日は内科と皮膚科に行った帰りに、心療内科へ寄りましたが、混んでいたのでお薬だけ頂いて来ました。

先生から「心が強過ぎるから大丈夫」とお墨付きを頂いている私ですが、この頃ちょっと気持ちが下降気味です。

こういう状態は、鬱ではなくて、鬱っぽいというのだそうです。

先月 難病連の「難病と鬱病」という医療講演会で学びました。

花の種を蒔いたら、土の準備が出来ていなかったので、植える場所がなくてパラパラとばらまいてしまいました。

相変わらず ダメな私ですね。



徒然なるままに・・・

鬼怒川の堤防が決壊して被害に遭われた方、心よりお見舞い申し上げます。

テレビから流れて来る画像は、まるで津波が押し寄せたかのようなショッキングなものでした。

私が住んでいる町を流れる巴川が豪雨の為に氾濫したら、同じようになるのだろうかと不安になりました。

昨年秋の台風の時には、もう少し長く雨が降っていたら床下浸水の被害に遭っていたという経験をしているだけに、とても他人事とは思えませんでした。

自然の威力をまた思い知りました。

そして、7歳の紀州犬が人を襲い、駆け付けた警察官3名から13発の銃撃を受けて絶命したニュース。

ワイドショーで知る限り、散歩にも連れて行ってもらえず、飼い主さんから殴られていたという、ご近所でも問題ばかり起こしていたらしいワンコのようですが、飼い主さんの躾がちゃんとなされていたら、このような悲劇は起こらなかったのではないでしょうか?

紀州犬は毛色が白くてさくらに似ていたので、もしもさくらに銃口が向けられ、撃たれそうになったら「ごめんなさい」と言って、さくらに覆い被さってしまうかもしれません。

頭部に弾が当たって絶命した時、最後に「く~ん」と泣いたとか・・・私はこのニュースを聞いて泣きました。

殴られて育った子は人を咬むとさくらが子犬の頃に獣医さんが教えてくれました。

人間不信のまま、虹の橋へ旅立って行ったと思うと、悲しいですね。


ここからは私の事・・・今日は娘の心療内科の診察日です。

何故か私も付き添います。

娘が正直に話さないので、母親も一緒に来るように言われているのです。

担当医の先生を怒らせたくないからと、とてもお利口さんな一週間を話すのですが、一緒に生活している私は娘のイライラや繰り返す確認を毎日聞いています。

お酒もダメ、車もダメ、自傷行為もダメ・・・この内のどれか一つでもした時は入院となっているので、娘のストレスはMAXなのです。

娘が眠剤を飲んでも明け方近くまで起きている時は私も一緒に起きています。

そんな日が続くと私は睡眠不足が続きます。

今日は珍しく日付が変わる前に寝てくれました。

私もそろそろ寝る事にします。



虹の橋

古いさくらの画像がアップ出来ません。

この頃 さくらがいる虹の橋を訪ねる物語を妄想したりしています。

どこにも遊びに行かない私をさくらが招待してくれるのです。

虹の橋のたもとでさくらは私を待っていてくれました。

「おかあちゃん、久し振り♪」

ペロタンペロタン私の手を舐めてくれました。

さくらは首輪もリードも付けていません。

「おかあちゃん、こっちだよ」

さくらが私の歩調に合わせてゆっくり歩いて連れて行ってくれた先は、大好きなヒマワリがいっぱい咲いている場所でした。

「デジカメを持ってくれば良かった・・・」

さくらとツーショットで撮った写真は数枚しかありません。

ヒマワリ畑の中でさくらと並んで笑いながら写真を撮りたかったなあ。

その先には風に揺れるコスモス畑が広がっていました。

実家の母が好きだった花です。

花言葉は「宇宙」。

さくらと一緒に歩いた遊歩道には、季節の花が咲いていて、その花を眺めながら散歩をするのが好きでした。

「さくら、お友達は出来たの?」

「うん、いっぱい出来たよ。ちゃんと仲良く遊んでいるよ」

「ご飯は沢山食べてるの?」

「もちろんだよ、ほらもう痩せこけていないでしょう」

「そうだね、最後のお別れをした時は痩せてしまって、小型犬のようだったよ。」

「おかあちゃんは痩せたね、体調はどう?」

「食が細くなっちゃった、もう年だね(笑)」

「お姉ちゃんとお兄ちゃんは元気?」

「大丈夫だよ、二人ともそれなりに頑張っているよ」

座った私の膝にさくらがぴょんと乗って来ました。

これはさくらが私に甘える時のポーズです。

思い切り抱き締めて頬ずりをしました。

抱っこが大好きだったさくら。

私の話をいっぱい聞いてくれたさくら。

私が泣いてる姿を黙って見ていたさくら。

しばらくして、さくらが言いました。

「おかあちゃん、もう帰る時間だよ」

橋の所までさくらが送ってくれました。

「また会えるよね、また来てもいいよね」

さくらの写真の前のお線香の煙が消えて行きました。





続きを読む

プロフィール

さくらかあちゃん

Author:さくらかあちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。