スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待つのが辛い・・・。

4月11日、午後から雨が降りました。

放射線外来の初めての診察日です。

放射線科は病院の地下にあり、霊安室の隣でした。

今までの検査結果の画像を見ながら、先生が穏やかに説明してくれました。

30数年間で肺が汚れている事や、気管支が拡張して右の肺が押されている事などから、放射線で治療する事が決まりました。

両肺に散らばった無数の影を見て、姉がまた「星屑みたい」と言いました。

先生は「いや汚れているんです」とボソッと呟き、その中に腫瘍が写っているので、私には星屑とかメルヘンのように受け取れないのが本音です。

腫瘍の大きさは37ミリ、肺腺癌と告知された時の呼吸器内科の先生の見識は間違いだったのです。

中葉から下葉に掛けての腫瘍、放射線治療は4日間通院で行われるそうです。

強い放射線を掛けるので、1時間咳と痰と深呼吸もせずにジッとしていなければなりません。

10箇所のピンポイントに照射する為には、位置がずれては困るからです。

横になると咳と痰がゴロゴロして来る為、咳止めを試す事になりました。

座っている時には出なくても、横になるとどうしても痰がゴロゴロして来ます。

午前中に去痰剤を飲んで痰を出し切ろうかと試してみたり、痰が出るたびに肺が痛くなって微熱が出たり、不安要素がいっぱいです。

患者会の会長に話すと、「手術が出来れば良かったのにね、そんなに強い放射線をやって大丈夫?」と言われるだけで心が落ち込みます。

「私にはもう他に治療方法がないので仕方がありません」と答えるのがやっとです。

5月1日の診療日には印付けと診療台の型枠作り、11日はリハーサル、22日から本番です。

「そんなに待って大丈夫ですか?」と質問したら、「ある程度腫瘍が大きくなったほうがピンポイントで照射しやすい」と教えてくれました。

娘は強迫性の症状がひどくなり、心配するあまりに逆な行動を取ってしまいます。

プランターに植えたチューリップの花が散り、ヒマワリの種は徒長気味ですが発芽しました。

ナスタチュームの種は発芽したのは2本だけですが成長しています。

ツバメもやって来ました。

告知されたのが2月だったので、とにかく待つのが長くて辛いです。

家の片付けもお疲れモード、放射線治療後の副作用は頂いたプリントで確認しました。(怖くて聞けなかったのです)

今日は風が強いです。

黄砂が舞うという予報だったので、洗濯物は部屋干しにしました。







スポンサーサイト
プロフィール

さくらかあちゃん

Author:さくらかあちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。