スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パン発酵器

約8年ほど前の事でしょうか?

お友達がパン教室を開いたので、私も片道1時間掛けて生徒として通っていた時期がありました。

初級を終えて中級コースに進んだ頃でしょうか・・・パン発酵器が欲しくなって、ネットで購入しました。

通っている途中で血痰が出てしまい、やっぱり遠くまで通うのは無理と辞めてしまいました。

それでも習ったパンを何度も作ってみましたが、丁度2人の子供達は帰宅時間が遅く、私が作ったパンなど見向きもしてくれません。

ご近所の方に差し上げても、「美味しかったよ」と言ってくれる訳でもなく、結婚している頃から使っているオーブンレンジが壊れた時、お菓子を焼く事もパンを作る事もやめてしまいました。

パン発酵器はその後、タオルハンカチや古いカセットテープなどの収納として利用していたのですが、水曜日に娘に頼んで、今でもパン教室と週に一度パン屋さんを経営している友達の家に「生徒さんで欲しい方がいたら上げてね」と置いて来ました。

長い間 使用していなかったので使えるかどうか分かりませんが、友達は店で使うと喜んでくれました。

今日は燃えるゴミの日、発酵器の中にあったごちゃごちゃした物をバンバンゴミ袋に入れたのですが、小さなトートバッグの中を見たら、元夫が闘病中に書いたメモ書きが見付かりました。

子供の事や今までの自分がして来たこと後悔など、介護する為に毎日通っていた私に手渡されたものでした。

「感謝している」とか、「これからは俺がお前を守る」とか、時には「愛している」とも書かれたメモがありました。

それを娘と読みながら、元気でいたなら本当に守ってくれたのかしらねえと話したりしました。

すっかり忘れていたのですが、彼の手術同意書には私の名前もサインしてあり、続柄の所には「前妻」と書かれていました。

それともう一つ、娘が生まれて産院にいた時、私が手帳に書いた日記も出て来ました。

そこには娘が生まれた喜びと、ずっと仲良く一緒に暮らそうねと書かれていました。

それも娘に読んで聞かせました。

パン発酵器にこんな物が入っていたなんて、私は何でも収納にしてしまう忘れっぽい性格だと思い知りました。

こんな時もあったね、あんな時もあったねと過ぎ去った日の事を思い出した夜でした。





コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

娘が荒れて荒れて仕方なかった時、カウンセラーの先生は、「毎日、毎日、あなたにとってかけがえのない大切な娘だということを娘さんに伝えてください。」とおっしゃいました。娘さんが生まれた時のことを思い出せてよかったですね(^^)

ミーさんへ

私も娘ヘは何度も「あなたは私の宝物」と言葉を繰り返して来ました。
母親の思いは皆同じですね。

No title

思わぬタイムカプセルを発見しましたね。

過去には到底戻ることはできませんが、
一部の思い出が鮮明になりましたね。

片田舎動物病院院長様へ

コメントをありがとうございます。
あの当時はいろんな事があったので、もう二度と思い出したくないです。
それでも走り書きのようなメモを捨てずに取っておいたのは、何か私なりの思いがあったのだと思います。
プロフィール

さくらかあちゃん

Author:さくらかあちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。