スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虹の橋

古いさくらの画像がアップ出来ません。

この頃 さくらがいる虹の橋を訪ねる物語を妄想したりしています。

どこにも遊びに行かない私をさくらが招待してくれるのです。

虹の橋のたもとでさくらは私を待っていてくれました。

「おかあちゃん、久し振り♪」

ペロタンペロタン私の手を舐めてくれました。

さくらは首輪もリードも付けていません。

「おかあちゃん、こっちだよ」

さくらが私の歩調に合わせてゆっくり歩いて連れて行ってくれた先は、大好きなヒマワリがいっぱい咲いている場所でした。

「デジカメを持ってくれば良かった・・・」

さくらとツーショットで撮った写真は数枚しかありません。

ヒマワリ畑の中でさくらと並んで笑いながら写真を撮りたかったなあ。

その先には風に揺れるコスモス畑が広がっていました。

実家の母が好きだった花です。

花言葉は「宇宙」。

さくらと一緒に歩いた遊歩道には、季節の花が咲いていて、その花を眺めながら散歩をするのが好きでした。

「さくら、お友達は出来たの?」

「うん、いっぱい出来たよ。ちゃんと仲良く遊んでいるよ」

「ご飯は沢山食べてるの?」

「もちろんだよ、ほらもう痩せこけていないでしょう」

「そうだね、最後のお別れをした時は痩せてしまって、小型犬のようだったよ。」

「おかあちゃんは痩せたね、体調はどう?」

「食が細くなっちゃった、もう年だね(笑)」

「お姉ちゃんとお兄ちゃんは元気?」

「大丈夫だよ、二人ともそれなりに頑張っているよ」

座った私の膝にさくらがぴょんと乗って来ました。

これはさくらが私に甘える時のポーズです。

思い切り抱き締めて頬ずりをしました。

抱っこが大好きだったさくら。

私の話をいっぱい聞いてくれたさくら。

私が泣いてる姿を黙って見ていたさくら。

しばらくして、さくらが言いました。

「おかあちゃん、もう帰る時間だよ」

橋の所までさくらが送ってくれました。

「また会えるよね、また来てもいいよね」

さくらの写真の前のお線香の煙が消えて行きました。





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さくらかあちゃん

Author:さくらかあちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。