スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思考回路

今日は雨、この9月の長雨が心の病を持つ人には辛いのかもしれない。

娘は生きていた・・・当たり前の事だけど、死に至るほどのリストカットをする訳ではないと分かっていても、昨夜は「これを遺影にして」と一枚の写真を渡された。

「パフォーマンスだから振り回されてはダメだよ。」と息子から言われているのに、毎日の睡眠不足は私の思考回路を狂わせるようだ。

娘は鬱ではなく、境界性人格障害と強迫性不安障害・・・今は境界性の方が強く症状が出ているのに、娘の主治医は強迫性の治療のみを続けている。

なかなか出口が見付からないなあ。


昨日は久し振りに実家へ行った。

私が実家で過ごしたのは20数年間だったけれど、縁側がある古い家は風通しが良くて居心地がいい場所だった。

裏庭にはオシロイバナがはびこるように咲いていた。

お嫁さんに聞いたら、亡くなった父が種を買って来て蒔いたそうな・・・繁殖力がすごい。

何故かお嫁さんは幽霊が出そうで怖いからと、お盆やお彼岸と年始の挨拶に人が来るときだけ、母屋の玄関を開けてくれる。

それ以外の日は仏壇にお線香を上げる訳でもなく、水も替えてもらえない。

両親は寂しいだろうなあと思うけれど、誰もそこをつつかないようにしている。

実家に行けるのは年に4回だけ、長居は出来ないから合計すると一時間にも満たない。

母が生きて居た時、次男、長女、次女、三女の家に順番に世話になりたいと言った事があった。

明らかに母を引き取る部屋があるのに、兄や姉たちは「無理」と断った。

私も白柴さくらを家の中で飼うようになっていたのと、空いてる部屋がなかったので断ったら、何故か母の怒りは私に集中的に来て驚いた。

私の家が一番気楽に来れると思っていたらしい。

広い家に住んでる姉のご主人は、「来るなら貯金通帳も一緒に持って来てもらわないと・・・」と言った。

長女は家の外階段が急なので、来るならエスカレータ式の階段に治す費用が必要だと言っていた。

次男はお嫁さんに遠慮して・・・共働きだから仕方がないかあ。

我が家は娘と二人暮らしだったから問題はなかったはずなのに、さくらが噛んだら困るし、母を泊める部屋がなかった。

母は5人も子供を産んだのにと嘆いていたけれど、結局は広い母屋で子供達が毎日入れ替わり立代わり様子を見に来るということで納得してくれた。

「老後は長女にみてもらうから」と言っていた母なのに、姉は毎日がルンルンで楽しくて、母を引き取ると出掛けられなくなると言っていた。

同じ敷地内に住む長男夫婦と揉めている訳ではないけれど、やっぱりお金の事やら心労があったらしい。

私は母の顔に似ていると言われる。

頑張ろう。

今日はこれから会長ご夫妻と会の事で打ち合わせ・・・娘が寝ている時間に会って来る事になっている。

さあ、出掛けよう。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さくらかあちゃん

Author:さくらかあちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。