スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑いです。

9月の長雨が続いた後の気温30度は、より一層暑さを感じます。

しばらく入れなかったエアコンも稼働中です。

娘は美容院へ行って留守・・・友達の美容師に頼んで髪を染めたら、娘の意に反して金髪になってしまい、私の姉や兄からは「黒く染めろ!」と何度言われた事か。

回りから言われて染め直す事に反抗していた娘でしたが、自分の意思で家の近くの美容院へ行きました。

「私は型にはまった髪の色しか許されないのか!結婚しているいとこは茶髪にしようが、カラコンを入れようが、何も言われないのに!」と妬みとも僻みともとれる発言を私の前だけで繰り返し、興奮してリスカをするという悪循環でしたが、やっと自分でも納得したようです。

もちろん私は無理強いはしませんでした。

人のせいにするのが分かっていましたから・・・。


昨日 久し振りに出掛けた美容院で娘の話をしました。

心を病んでしまって・・・という程度の話はしてあったのですが、症状を話していたら、美容院の先生も友達に振り回されている事が分かりました。

2人で話している内に「あるある」という感じで、先生のお友達はご主人や親御さんの前では普通なのに、唯一心を開いて話せる先生に「死にたいメール」や明け方まで話を聴いて上げるという事が何回もあったそうです。

いい時と悪い時の波があり、24時間一緒にいる訳ではないから支える事が出来ると言ってました。

私は「同じような経験」をしている人をずっと捜し求めていたような気がします。

相手がいい時は「こちら側の休息時間」、前向きな事しか言わない「占いカフェ」も教えてくれました。

先生は結婚もしていて、子供もいるから「家庭優先」と割り切って友達と付き合っています。

私は丸ごと、生活のすべて、人生すべてを娘に振り回されている事に気付きました。

線を引く事、娘には余計な事は言わない事、ストレス解消の標的にならない事・・・分かっていたはずなのに、リストカットの赤い血に惑わされている自分を反省しました。

やっと気持ちを分かってくれる人に出会えたような気がして、ずっと胸の奥に溜まっていた毒が浄化されていくのを感じました。

「あなたは娘さんに洗脳されてる」と心療内科の先生に注意されたけれど、心をかき乱し、翻弄されている事を自覚していながら、どうにもできない毎日が続いていました。

遊歩道にはお彼岸に咲く「彼岸花」や「ケイトウ」に交じって、夏の名残の「ポーチュラカ」も咲いています。

季節は巡り、私が年を取るように、32歳の娘もいつか「このままではいけない」と強く思う時が来ると思います。

私以外の人の前では普通の状態を保てるのだから、それが私に当たることでバランスを取っているのだとしても、いつか必ず「普通でいる事」が「普通に思える」時が来るはず・・・。

少しずつ離れて行くことにします。



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さくらかあちゃん

Author:さくらかあちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。