スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろいろな考え方

昨日は娘の診察日でした。

眠剤を飲んでからの行動を、翌日目覚めた娘は覚えていないので、いつもは診察室に入らずに待合室で待っているのですが、昨日は私も診察室に入って、先生に話しました。

薬を飲んでも興奮状態になってしまう事や、フラッシュバックが辛そうなので、心の中を吐き出させてくれる治療法はないのですか?と聞いてみました。

先生は「僕が聞いてるつもりですが・・・・」と答えました。

「先生の診察日が火曜日の午後だけになった為に、患者さんが混んで、長く話が出来ないと娘は言っています。聞いて下さっているのなら申し訳ありません。これからもよろしくお願いします」と母親の私は答えました。

「これからはどんなことでもいいから、僕に何でも話してください。小出しにしていってもいいです」と娘に語り掛けました。

お薬を変えてもらって、また2週間後に予約して来ました。

心療内科へ来た患者さんを見て、「うちの娘はまだしっかりしているし、顔付きも遠くを見ている訳でもなく普通だし、太っている事もない、独り言も言ってない」などと思ってしまいました。

何よりバスに乗って通院し、先生と落ち着いて普通に話せる・・・入院させるレベルではない事を痛感しました。

年老いた父親が倒れた娘を抱き起して、自分の肩を貸し、娘を診察室や薬局まで連れて行く姿を見ました。

診察室からは何を言っているか聞き取れないのですが、泣き喚くような声が聞こえて来ました。

娘さんは40代に見えました。

3日間眠れなくて倒れてしまったようです。

私も娘も衝撃的な光景を見てしまったような気持ちになり、その夜は娘は眠剤を飲んで静かに眠りに付きました。

私も娘を入院させてほしいと思っていた事を反省しました。

まだまだ大丈夫!

ふとそう思いました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さくらかあちゃん

Author:さくらかあちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。