スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレス

昨日は娘の心療内科の診察日でした。

私は体調が悪いのでひとりで行ってもらうつもりでしたが、「病院へ行かない」と言い出した為、結局一緒に出掛けました。

主治医の先生は週に一度しか外来に入らないので、とても混んでいます。

待つ事が苦手な娘はイライラ、やっと順番が来て先生とお話出来たのですが、私の言い方が悪いと帰り道と帰宅後にネチネチ始まりました。

このところ、娘はイライラと我儘が炸裂、私のストレスも溜まる一方です。

眠剤を飲んでから寝るまでの悪態を全く覚えていないようで、先生からは「本人が覚えていないなら、お母さんがあえて言わなくてもいいのではないか」との事・・・確かにその通りです。

私がそばにいるから娘が当たり続けるのだと、出来るだけ離れたいと思うのですが、それさえも気に入らない娘は「どこにも行かないで!」と言います。

夜に私が眠剤を飲むのも気に入らない・・・娘が寝るまで、ネチネチ攻撃から心を必死で守っています。

昨夜は患者会の書類作成で、娘が寝てから作り出したので、夜中の1時まで掛かってしまいました。

私は夜中の12時を過ぎたら眠剤を飲まないと決めているのですが、起きていた為に運良く息子から連絡が来て、2時間近くも話してしまいました。

夜中の12時まで仕事だった息子は、今日は仕事が休みだからと帰宅後に話し相手になってくれたのです。

「母さんは強いから大丈夫だよ、声も元気だし(^-^)/」

30歳になる前に転職した息子は、今月やっと正社員になれたそうです。

夜中まで連日働いている息子はショップの店員をしているので、年末年始は休みなしです。

「たまには家に帰って来てね」と言いたくても、娘に対して暴言をはきそうで、その言葉を呑み込んでしまいます。

「体調を壊さないように気を付けてね」と毎回同じ言葉を繰り返してしまいます。

娘と息子は私よりも父親と生き方が似ています。

酒癖が悪くて有名だった父親の姿を見ているので、息子には「お酒はほどほどに」と言うと、「父さんみたいには飲まない」と答えます。

それにしても、娘は私に対して「なぜあんなに威張れるのか?」と思う事もあるのですが、娘の攻撃から逃げる事ばかり考えている自分自身の弱さを反省しています。

世の中思い通りにならない事の方が多いと思えば、いろんな事に腹を立てたり、憎しみを抱いたりしないのに、こんな毎日を過ごして勿体ないなあと思ってしまいます。

そして伝える事の難しさ、正面から向き合えば言葉数が増えてしまいます。

今日みたいに穏やかな冬至の日、カボチャを小豆と一緒に煮ました。

大根と豚バラの煮込みを作ったり、娘と口喧嘩をしながらも大根の葉っぱを茹でたり、玄関のドアを拭いたり、コンロの掃除をしたり、ジッとしている事が出来なくてバタバタ動いてしまいます。

それがまた娘の怒りを買うと分かっているのですが、やりたい事がいっぱいです。







コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:さくらかあちゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。